« 太刀魚シーズン | トップページ | 新ブログに移転しました。 »

自炊メモ: 金太郎(ヒメジ)のソテー

【 ブログ移転 】 → まだ散らかってますが・・・、とりあえず こちら へ!

【 11月21日(木)追記 】 ブログのデータサイズが容量ぎりぎりになったので、あたふたと別のスペースに引っ越し準備・作業中です。【 11月14日(木)追記 】
 2週間ほど、ブログ更新をお休みします。
 
この週末から母が検査入院。東京へ来てから3度目、だいたい10日ぐらいかな?と。
内容は型通りの検査だけで、危険や不安は無いから気楽なものですが。
happy01
 
・・・ でも、自分ひとりだと自炊ネタは思いっきり手抜きになるし、この機会にアレコレと雑事も片付けてしまいたいので、ちょっとブログから離れて過ごしたいと思います。
もしかして突発的なネタがあれば記事に出すかもしれませんが、ひとまず次回更新は11月の末から12月の上旬あたり、ということで・・・☆
 

「 今夜はパパもママもいないの。うふっ♪ 」
・・・ なんて言っても、誰も来てくれないだろうなぁ(笑
 

とりあえず 夜はヒマなのでお誘い歓迎ですが、もっぱらお酒だけで “夕食” は不要!という生活ペースのため、ごちそうを食べるという選択肢は無し で、ヨロシク・・・sweat01


1尾あたり、わずか100円 でした。

Himeji007

でもね・・・

“小さな貴婦人” とでも言うべき魅力を秘めた、美味しいおサカナなんですよ。
※ 参考: 「捨てた魚は、高級フレンチだった」( 日経BPオンライン )

Himejis003

掲載日 「 2013/11/10 」 ( その他、最近の過去記事は→ こちら

前記事 の続きです。
築地場外市場、山口県アンテナショップの 「ブッチーネ」 で見つけたのは・・・

Himeji009

“金太郎” こと、ヒメジ です。
店頭に残っていた5尾をまとめてワンコイン、500円で買ってみました。
 
かねてから “フランス料理でも珍重される食材” との評に接していたので、ご愛嬌までに洋食っぽく食べてみようかと。
 
ネットで検索したところ、ソテーかローストして野菜と合わせるのが良さそうです。
こういうレシピ とか、参考にさせていただきました☆

ならば!と、冷蔵庫をあさってみて。使えそうな材料といえば、このへんかな?
じつは花穂紫蘇だけは先週、鯛のお造りで使おうと買ったのに忘れていたもの(汗

Himeji008

まずは、主役のヒメジをおろして中骨を抜いてスタンバイ。
細かい作業ですけど先日の ししゃも と同様、こういうのは好きなワタシ。heart04

Himeji006

両面に塩を振って、キッチンペーパーで挟んで冷蔵庫へ。
軽く水分を抜いている間に、野菜の調理を。

Himeji005

ニンニクとタマネギを炒めて香りが立ったら、トマト、シイタケなどを加えて加熱。
塩・コショウを加え、上の写真にあるバルサミコ酢とワインビネガーで味を整えます。

Himeji004

別のフライパンで焼いた輪切りのナスをお皿に並べ、同様に焼いた長ネギの青い部分を載せて。
 
粉をふってソテーしたヒメジを並べ、さきほどソースをからめた野菜の具をトッピング。
 
花穂紫蘇と、電子レンジ加熱で薄皮をむいたギンナン、ご愛嬌にカイワレ大根をあしらって、こんな感じに。


restaurant 昼ごはん、できたよー☆ happy01 shine

Himejis002

せっかくの花穂紫蘇なので使ってみましたが・・・、
赤いヒメジの身にも、花びらを散らすほうが華やかに見えたでしょうね。
これは今後の教訓として。
 
それと下敷きになっているナスが、ぜんぜん見えません。
このへん、盛り付けを改善せねばと。

Himejis001

付け合わせの野菜をバルサミコ風味にしたのは、母に大好評でした♪
それに何より、金太郎ことヒメジの美味しいこと!

Himejis000

小さくとも、多彩な脇役のなかで豊かにひろがる旨味を凝縮。
おみごとでした。 ごちそうさまっっっ♪
 
 
 

|

« 太刀魚シーズン | トップページ | 新ブログに移転しました。 »

コメント

ヒメジは美味そうですが、ちっちゃいですね~!
何匹でも食えそうですねえ。(笑)
(いやいや、野菜も食べないと!笑)

投稿: ハートランド | 2013年11月11日 (月) 06時17分

ご自身も納得の出来のようで万々歳です。
花穂紫蘇の薄紫が凄く映えますね!
誰かの台詞”宝石箱だあ!”です。

投稿: ねこ | 2013年11月11日 (月) 10時44分

◆ハートランド様、
 
 はい、美味しいです。しかし小さい(笑
 お上品っぽい盛り付けには最適かと思います・・・☆
 
◆ねこ様、
 
 あはは☆、ありがとうございます。
 
 まあ1回目の挑戦ですので、例によって “納得の出来栄え”
 と言うよりは、「次は、こうすれば良くなる」 という点を
 自分なりに確かめられたのが収穫だと思います。
 
 もちろん初めてでも、食べる人にとっては及第点であることが
 必須条件ですが。。。!

 ( 写真、ちょっと色合いを補正して差し替えました )

投稿: つきじろう | 2013年11月11日 (月) 19時53分

つきじろうさま。

何と美しい、お花畑のようなお皿!!!!!
ヒメジのオレンジピンクは華やか、周りの紫、緑、ネオングリーン、きゃ〜☆
散った紫蘇のお花も白いお皿に鮮やかです。きっと美味しいのでしょうね。最高。

投稿: lara | 2013年11月12日 (火) 09時23分

◆lara様、
 
 柄にもなく華やかな風情ですが、まあご愛嬌までに(笑
 
 使い忘れの花穂紫蘇があったのは、怪我の功名と言うべき
 かもしれません。
 
 > きっと美味しいのでしょうね
 
 今回については、バルサミコ酢の酸味と、ギンナンの苦味、
 という取り合わせが良かったようです。
 
 味付けの 「甘い・辛い」 の主張は控え目に。
 それよりも酸味と苦味のアクセントを適度に取り入れると、
 けっこう 「おとなの味」 っぽい趣向になりますよ♪

投稿: つきじろう | 2013年11月12日 (火) 20時15分

あら、お休みですか。
ごゆっくりなさって下さい。

投稿: ハートランド | 2013年11月15日 (金) 05時19分

暫くお休みとのこと・・残念(読者の勝手な言い分)ですが、いい充電期間とされますよう!

”書きたい!”となるまで充分お休みください。

投稿: ねこ | 2013年11月15日 (金) 10時32分

◆ハートランド様、ねこ様、
 
 コメントの掲載とお返事が遅くなってしまい、まことに
 申し訳ありません。新着コメントの確認を怠ったままで
 のんびり過ごしていましたので(汗
 
 新しいパソコン、そろそろ買おうと思います。
 それと来週あたり、母も退院するのでエンジン再始動
 かなと・・・☆

投稿: つきじろう | 2013年11月19日 (火) 21時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 太刀魚シーズン | トップページ | 新ブログに移転しました。 »