« 春子鯛とカツ丼と、アジと行者ニンニクと: 「かとう」・「豊ちゃん」、自炊メモほか | トップページ | 「磯野家」、「やじ満」、ほか。メモ “接客” について。 »

「かとう」・「江戸川」・「ボンマルシェ・デリ&バル」・「長生庵」、自炊メモほか

築地場外の 立ち飲みBar(バル) wine で、ひと休み♪

Dsc02330

そして拙宅 “つきじろう亭”、今年も “特製そうめん” 始めました・・・☆ coldsweats01

Dsc02374

訪問日 「2013/05/11」 ( その他、最近の過去記事は→ こちら

ちょっと時間をさかのぼって・・・ これは5月5日、東京タワー にて。
恒例の、333匹の鯉のぼり+大船渡の “さんまのぼり”

Dsc02178a

ビールのイベントや、アキバ系?のアイドルステージなどもあって大混雑 sweat01
つかのま空を見上げてから退散・・・ 近くで ランチ restaurant をとったのでした☆

Dsc02190

ごちそうさまっっっ♪

 
・・・ で。連休明けの仕事を済ませて、ふたたび週末。
いつもの fish “築地の朝” なのであります。

Dsc02286

Dsc02280

「かとう」 にて。
スズキの刺身(単品1,000円)、ふき煮(400円)、お酒(常温で、550円)。

注文を告げて、おねえさんに “先週、持ち帰りで買った 塩辛 は3日目がいちばん美味しくなりましたよ” と言うと、「そうでしょ!、あの日は作ったばかりだったから、お店のほうには出さなかったの」 とのこと。

すると今朝、こうして出してくれたのは2~3日ぐらい熟成させてるのかな。
・・・ うん、うまいネ♪

Dsc02281

そして主役のスズキは。身質が、しっとり落ち着かせた良い塩梅。
じわじわ広がる旨味を、常温のお酒でちびちび楽しんでいると・・・
ハートランド様 がお見えになったので、ご一緒に!

しばし歓談した後、お先に席を立たせていただきました。
ごちそうさまっっっ♪
 
 
さて2軒目はどうしよう・・・ 足の向くまま、「江戸川」 へ。

Dsc02296

Dsc02288

もつ煮込み(450円)に、七味をパラリと振りかけて。
よく冷えた ビール(小瓶、380円)を、ぎゅ~っと・・・ たまらんですネ☆
さらに、茄子のお新香(200円)なども添えまして、beer 気分は初夏!sun

あっという間にビールが空いてしまったので、これなら大瓶にすれば良かったなぁと思いつつ、ごはんを 「どんぶりで!」 と追加オーダーします。(260円)

Dsc02295

煮込みとお新香の残りを、オン・ザ・ライスで一気食い!
いやはや痛快、満足できました。
ごちそうさまっっっ♪
 

さてハートランド様に再び合流して、仲卸エリアへ。( あ、ちょっと雨が・・・ )
じつは先日、ウニの話題 が出たとき 釣りキチ四平様「それならウニに詳しい仲卸へご案内しますよ」 と、ありがたいお申し出を下さったのです☆

どこへ行くのかと思ったら、でました 「丸健」
ここは高級店向けクラスの品物をよく扱っていますから、やはりウニも・・・

Dsc02300

釣りキチ四平様が頼むと、すぐさま親切に品物を見せて下さいました。
代表的な2種類、どちらも北海道産です。
 
まずは手前、通称 “白ウニ” と呼ばれるキタムラサキウニ。
( 参考画像とするため、写真は色補正を加えていません )

Dsc02301

やや地味な色合いで、食べると旨味がたっぷりでも後口がスッキリしているのが特徴です。あとを引かないので潔いというか江戸っ子が好む “粋な味” というか。
そのせいか東京の寿司屋さんは主にこちらを使っているそうです。
 
他方、こちらは通称 “赤ウニ” と呼ばれるエゾバフンウニ。
その名のごとく、白ウニよりも鮮やかな赤色ですね。
個体あたりの大きさは白ウニよりも小さめで、そのぶん1箱に盛る数が多いようです。

Dsc02302

ねっとり濃厚で後口の余韻も長いため、食べごたえのあるタイプ。
このため “食いだおれの街”、大阪など西日本で好まれるとか。
 
ちなみに赤ウニが獲れるのは北海道なので、NHKドラマの「あまちゃん」でヒロインが三陸の海で獲っているウニは白ウニのほうでしょうね。
 
さて、お店ではウニの良し悪しや仕入れのポイントなども親切に教えて下さいましたが、いささかお店のノウハウに関わる内容もあるかと思われるので、すみませんがブログに書くのは遠慮したいと思います・・・☆
 

お店の方々にお礼を述べて、あとはお買い物も少々。
途中、こんな和服姿のお姉さまたちがいらっしゃいました。

Dsc02306

Dsc02307

出前専門の、おいなりやさん 「Qちゃん」 ですって!

Dsc02309

お許しを願って撮影を。
稲荷寿司とはいえ、肉や野菜などバリエーションが楽しめる内容ですね。
それと、きれいなお姉さんたちに会いたくて注文する客層もあったりして!?(笑
 
買い物を済ませ、例のごとく 「フォーシーズン」 に居並ぶお仲間の皆様に合流してコーヒーをいただき(写真失念)、雨の中を帰宅。
 
  
母の昼食は、「かとう」 で持ち帰りをお願いした サクラマスの塩焼き です。
じつは前日、塩鮭が食べたいとの発言があり・・・、それなら季節ネタでぜひ!、と応じたところ、じゃあそれをと。
 
選んで正解ですよ、母上。

Dsc02312

持ち帰りのパックに、大根おろしも入っていたのが嬉しいですねぇ。
再加熱のためホイルで包んで強火でさっと炙り、ごはんと味噌汁、お漬物も添えて、さあどうぞ♪
 
母が “おいしい”、と言うのを聞きとどけて、すぐさま築地へ舞い戻ります。
 
じつは 連休中に催した、釣りキチ四平様のホタルイカ早食い5連覇の祝勝会
連休は帰省中なので参加できなかった・・・ という方々のご意向にこたえ、その第二弾を 「長生庵」 で!と☆
 

Dsc02323

Dsc02316

そんなわけでカンパーイ! shine
酒肴は、お店におまかせで・・・ 写真上、手前は新ジャガとウニの合えもの。奥は毎度おなじみの皆様大好き半熟玉子天。
 
続いて食べごたえのあるマグロの照り焼き。
さらにホタルイカは・・・何と!スペイン風のアヒージョで登場。

Dsc02317

Dsc02314

天ぷらの盛り合わせは春スペシャル!?
白エビと新タマネギ、それに初体験のプチトマトってのがまた美味しかった・・・☆
途中、ふと気がつくと蕎麦のトッピングメニューが新登場。
“生めかぶ” なんて、トッピングより酒肴に良さそうだなぁ(笑

Dsc02318

Dsc02322

宴のしめくくりは当然、お蕎麦で!
さあ食べようと思ったら、さすがと言うか主賓はすでに食べ終わり・・・(汗

Dsc02321

Dsc02320

おかげさまで、このたびも楽しい昼宴会でした。
釣りキチ四平様、改めまして本当におめでとうございます!
そして ご参加下さった皆様、誠にありがとうございます!
ごちそうさまっっっ♪


お店を出て、時間に余裕のある皆様と共に向かったのは・・・
先日初訪問した 「ボンマルシェ・デリ&バル」

Dsc02337

Dsc02329

営業は絶好調のようですね!
でもまあ、この日は雨降りで築地全体に人が少なかったですが・・・(汗

しかし通常、バゲットは毎日の開店直後に売り切れだそうで。
それとブラッドオレンジ・ジュースも人気が高く、このまえの半値市の日などは2階のレストラン店舗まで本来の仕事そっちのけでオレンジの皮むきに追われたとか sweat02

ともあれ、ご繁盛で結構です!
ごちそうさまっっっ♪
 
 
さて母の夕飯は・・・
これまた築地テイクアウト品、さきほどの 「ボンマル・デリ&バル」 のラインアップで。

Dsc02206

特製ローストビーフとラタトゥイユ、それにピクルス の3点です。
( 価格などは、あとから追記する・・・かも )
これに、自宅の冷蔵庫にあった野菜なども合わせまして。

Dsc02214

主役は、なんといってもローストビーフ!
山形牛のモモ肉、A4ランク相当品だそうです。

Dsc02215

その美味しさに、母も仰天しておりました☆
ちなみにピクルス、多すぎるかと思ったけど気に入ったようで完食・・・
 
 
さて翌朝・・・ って、うーむ今回も1本のブログ記事としては長くなってるなぁ。
どうしよう。続きは後日にしようか・・・ いや、面倒くさいからこのまま書いちゃえ(汗
 
 
はい、翌朝です。
冷蔵庫を覗くと、「富士恭」 のサヨリや 「イソベ」 のマグロなどもあり・・・。

Dsc02345

母は昨日のサクラマスを半分しか食べておらず、残りは “お茶漬けで” のリクエスト。 

Dsc02349

ま、こんな感じですかね。
マグロとサヨリの刺身にサクラマス塩焼きの残り、ちりめん山椒と梅干し、お漬物に果物など。

Dsc02350


んで、息子の朝メシは例によって例のごとく・・・
カップ麺が好きなもので、すみませんねぇ。いちおう野菜も添えてます。

Dsc02341

Dsc02342

今回のは “播州らーめん”、先日ちょっと姫路に行く用事のついでに買ったもの。

それにしても。
ちかごろ “ご当地ラーメン” ってのは、どこへ行ってもある印象ですねー。
エジプトだったらツタンカーメン!とか。
( ← あったか? )
 
 
食べ終わったと思ったら、もうお昼!?(笑
この日は、ちょっと試してみたいことがありまして・・・

毎度おなじみ?、“つきじろう風そうめん”
 
まだ夏のシーズン本番には早いですが・・・

Dsc02358

Dsc02360

例によって、野菜いろいろ。
サヨリは刺身の場合よりもアバウトにさばいて塩を振っておきます。

野菜を切って、塩ゆで。 ゴボウは八方出汁に、ウルイは漬け地に浸します。

Dsc02366

Dsc02367

梅肉は、すり鉢で。
タラの芽はサラダ油をまぶして強火で焼き、もろみ味噌をまぶして再び焼きます。

Dsc02368

Dsc02365

だいたい揃ったところで、そうめんを茹でて冷水で締めて・・・、
冷やした器に盛り、大葉とミョウガを細切りにした薬味をトッピング。

Dsc02369

Dsc02370

そうめんツユは、例によって市販の3倍濃縮タイプを水ではなくダシ汁で割ります。
こうすると旨さが段違いにレベルアップしますよ~☆
 
あとは、準備しておいた具材を盛り付けて・・・ できあがり!

Dsc02372

さて今回、いったい何を試してみたかったのか?と言えば。
それは・・・ 「1皿の中で、味付けに変化を加えること!」
 
そうめんって、具材がいろいろあっても ( いや、むしろ普通は具材そのものが少ないのが主流かと思いますが・・・ coldsweats01

けっきょく味付けは “そうめんつゆオンリー” でしょう。

そこで今回は、

Dsc02376_2

コゴミを梅肉和えにして、タラの芽は焦がし味噌、ウルイは糸削りのカツオブシと。

Dsc02377

いずれも簡単に出汁に溶かしこめる状態にしたので・・・、

梅・味噌・カツオ と、3種類の変化をお好みで楽しめるかな?、と。

あ、ちなみにサヨリの身は細く切り、固めにゆでて下味をつけたゴボウに巻いて、タレをつけながら焼きました。いわゆる 八幡巻き ですネ。
 
 
ともあれ、そういう 試作品 を出してみた結果は・・・!? 
 
毎度ながら、これは高齢者には具だくさんすぎるかな?と危惧するも・・・
今回も、呆れるほどの勢いで完食してくれました! めでたし、めでたし(笑
 
 
蛇足ながら コゴミの梅肉和え、タラの芽の田舎味噌焼き、ウルイのカツオブシ和え、さらにサヨリの八幡巻きも、なかなかオツな酒肴になるので、残ったものを息子が昼酒のアテにしたことは言うまでもございません・・・ bottle happy02 shine


・・・ ああ、やっぱり1本のブログ記事としては長いなぁ・・・
ええまあ、すみません面倒くさいもので最後まで続けさせて下さいませ☆


この日は天気が良く快適な午後になったので、昼食後は母を連れて散歩など。

Dsc02353

のんびり、ブラブラ歩いて帰宅して・・・

夕飯は、釣りキチ四平様が 「泉久」 で買い求めたネタからおすそ分けして下さったこちらを!

Dsc02219

コチの仲間の通称 “オイラン” (写真下・向かって左) と、
オコゼと名がついても顔がゴツゴツしていない通称 “ミシマオコゼ” (同・右)。

うーむむ、いささか不気味系のルックスですが sweat01
でもね。魚ってのは見た目がグロテスクなほうが美味しいことも多いんですよ!

Dsc02223

どうにかこうにか、さばいてみました sweat01

Dsc02226

んで・・・ おサカナの前に、母の前菜。
ソラマメを3本ほど黒コゲになるまで強火で炙って、前菜にしてみました☆

Dsc02382

余談ですが、これを食べるのは母だけ。
息子のワタシは、ソラマメって青臭くて苦手なのです(汗
 
ともあれメインは、お魚の唐揚げ。
ふっくらと旨味が豊かで、やはり見た目がグロっぽくても美味しい身でした☆

Dsc02384

釣りキチ四平様、またまた本当にありがとうございました!
ごちそうさまっっっ♪
 
 

|

« 春子鯛とカツ丼と、アジと行者ニンニクと: 「かとう」・「豊ちゃん」、自炊メモほか | トップページ | 「磯野家」、「やじ満」、ほか。メモ “接客” について。 »

コメント

祝勝会(その2)幹事ありがとうございました。
大変楽しく過ごさせて頂きました。
 &
ご一緒頂きありがとうございました。
また、ウニ学習会?ありがとうございました。
難しいですねえ。(笑)
(やっぱ試食しないと!笑)

「そうめん」開始されましたか!
つゆの味を途中で変えるとは面白い試みですねえ!
ソラマメ、私は大好きです。(笑)
香りと言うか、匂い(臭い)が独特ですから、苦手な方はダメかもです。
(ソラマメの餡子も独特な風味ですからね! 笑)

投稿: ハートランド | 2013年5月13日 (月) 01時24分

土曜日はお邪魔させて頂きありがとうございました.
とても楽しかった&美味しかったです!
ホタルイカのアヒージョ,思い出すとよだれが……(゜▽,゜)
Tさんとあの後,三笠会館でワインを飲み,リューさんの所でグラッパやらなんやらで大変でした ^^;
日曜の朝はちょっと頭が重かったです(笑).

稲荷寿司の出前はやっぱり着物が良いですよね.
12月はまたサンタガールになっちゃうんでしょうか?(´ω`)ゞ


# 666円の高級カップ麺「オーメン」とか考えつつも,どこのご当地か良くわからなく…….

投稿: 天狗さま | 2013年5月13日 (月) 01時36分

ソーメンの記事を読んで、赤と緑の色を大事にされていることがよくわかりました。
付け合わせる野菜を4種(薬味、生、調理、漬物)とは驚きの”ルール”でした。
確かに”頭”は別盛で酒の肴にすることもいいですね!
それ程手の込んだものができています。
味の変化にも配慮してるんですね!ビックリです。

投稿: ねこ | 2013年5月13日 (月) 10時25分

◆ハートランド様、
 
 祝勝会&ウニ学習会(笑)、ご参加感謝です!!
 
 特製そうめんは、まあ例によって例のごとしで・・・
 ソラマメ、すみません苦手です。ちなみに酒呑みとしても
 ジンやウオッカは好きですけどテキーラだけは少しだけ
 あの青臭さが苦手だったりします(汗
 
◆天狗さま、
 
 この日は合流して下さって誠にありがとうございました!!
 いやはや、楽しかったですねぇ~☆
 
 出前専門の稲荷寿司、機会があればぜひお試しを。
 ご当地ラーメンは楽しいですね。オーメンは存じませんが
 “カルメン” ならば情熱的に売れるかも!?(笑
 
◆ねこ様、
 
 はい、今年も始めました特製そうめん。お粗末ながらも
 好き勝手に作っております☆
 
 過去記事もご覧くださって、ありがとうございます。
 今回のは漬物を使っていませんが、ウルイなどは漬け汁に
 漬けているので漬物と言えば言えるかも(笑
 
 今回、ちょっと手間をかけたネタは酒肴にも最適であると
 学習できたのが収穫でした! coldsweats01

投稿: つきじろう | 2013年5月13日 (月) 20時38分

つきじろうさま

あ~楽しかった。カラフルな家族のご飯。ジャンクな本人の朝めし。
ピーラーがあったり、すり鉢があったり。
朱泥きゅうすは、お茶漬けの前奏曲。

昨日は都心で28度になりましたし、気分としてもう夏ということですかねえ。

投稿: とんかつ | 2013年5月15日 (水) 21時50分

こんばんは
祝勝会をして頂きありがとうございました♪とても嬉しかったです。
そうめんの季節ですね!色どり鮮やかなそうめんが良いですね!!
オイランを卸して刺身と潮汁にしてみましたが美味しかったですよ♪
明日は築地に行けそうなので先日見かけたお稲荷さんを買い求めようと思っています。
また、お会いできることを楽しみにしています。

投稿: 釣りキチ四平 | 2013年5月16日 (木) 01時33分

◆とんかつ様、

 長~~~い駄文にお付き合い下さり、恐縮&感謝です(笑
 台所でピーラーだの当たり鉢だのを使っていると、すぐに
 時間が経ってしまいます。
 
 あ、それと朱泥の急須。そのうちヒマをみて煎茶道の
 本なども読んでみたいですが・・・☆

 夏になると、冷たいものばかり飲んでいないで、いっそ
 暑いお茶を楽しむのもオツなものですね。
 
◆釣りキチ四平様、
 
 祝勝会の第二弾!
 おかげさまで、また宴会のネタに・・・もとい(笑)、
 皆様と楽しく過ごせました☆
 
 オイランとミシマオコゼも、気前よく譲って下さって
 誠にありがとうございました!
 これまた、おかげさまで母と一緒に楽しめました。
 重ねて感謝申し上げますっっっ♪

投稿: つきじろう | 2013年5月16日 (木) 18時25分

つきじろうさま。

そうめんシリーズは進化を重ねているのですね〜〜
お出汁に梅の味と香りがきっとステキです!
本当に綺麗で丁寧で素晴らしいそうめんヴァリエーション。。

投稿: lara | 2013年5月17日 (金) 04時38分

◆lara様、
 
 進化・・・というか正直、紆余曲折の試行錯誤ですね。
 我が母が、どこまで息子の趣味に付き合ってくれるやら(笑

投稿: つきじろう | 2013年5月17日 (金) 22時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 春子鯛とカツ丼と、アジと行者ニンニクと: 「かとう」・「豊ちゃん」、自炊メモほか | トップページ | 「磯野家」、「やじ満」、ほか。メモ “接客” について。 »