« 「江戸川」 深川煮・あおやぎぬた・焼そば・豚汁、「長生庵」 堀川ごぼう天うどん、自炊メモほか | トップページ | 「小田保」 ツブ貝・ブリ大根、「豊ちゃん」 牡蠣のハーフ&ハーフ、「東印度カレー商会」 豚カレー、自炊メモほか »

波除神社・節分祭、「かとう」・「長生庵」、自炊メモほか

築地 波除神社 「節分祭」 2月3日、“福は~うち!”
 

訪問日 「2013/02/02-03」 ( その他、最近の過去記事は→ こちら
 
wobbly  ブログに問い合わせが相次ぎ、寝不足気味の週でした・・・(汗
 
過去記事に書いたことが、たまたま世間的に検索キーワード上位の話題に少~しだけ関係していたようです。

築地ネタなら、けっこう喜んで対応するのですが・・・
そういう話とは違ったので、ただ疲れるだけというか sweat01
 
 

そんなわけで、いささか食欲減退モードのまま土曜の築地へ。
ブログも、いつも以上に 散漫 になるかもです・・・ sweat01

Dsc00866

小雨の残る、どんよりした朝。
 
暖かい、というより “なまあたたかい” ・・・ という感じ sweat02
どうやら予報によれば昼にかけて晴れてさらに気温が上がる up とか。
 

朝酒は 「かとう」 にて。

Dsc00860

Dsc00859

桜ます塩焼き(1,200円)、菜の花の酢味噌あえ(400円)、ビール中瓶(550円)

Dsc00854

写真の色がおかしいのは毎度のことで申し訳ございません。。。
 
それにしても普通なら3月から4月くらいに入荷する桜マスが1月から出ていたそうで、とんでもなく早いですねー。

Dsc00857

もしかして身質は、まだパサパサでは?と思いきや、さにあらず。
さすがにジューシーとまでは言えませんが、しっとり柔らかな天然モノらしい食感で香りも良く、美味しかったです! 

菜の花なんかも添えてビールを飲み干せば、ほのかに春の予感・・・
ごちそうさまっっっ♪
 

続いてお隣、 「やじ満」 では。

Dsc00869

カキらーめん(1,050円)

Dsc00867

先日 shineTV版 『孤独のグルメ』 風・ しょうが焼き目玉丼 が美味しかったので、
 
お姉さん virgo に、それを話すと・・・ 
「 つきじろうさんが食べたあと、ほかのお客さんからも同じ注文が・・・ 」
 
あ、あらっ!、そうなんですかっ sweat01
同じことを考える人って、やっぱり多いのかも(笑

★ 追記: 愛媛のご当地グルメ、焼き豚玉子飯 ってのがあるそうです!
 
ごちそうさまっっっ♪
 
 
お買い物タイムは、仲卸の 「泉久」 へ。

Dsc00865

じつは ウメイロ がありますよ!」 と、釣りキチ四平様 が教えて下さったのです。

Dsc00864

【 ウメイロ 】 別名: 「沖タカベ」。
> ★ 知っていたら達人級
> ◎ 非常に美味
 ( リンク: 「ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑」様 )
 
鹿児島産で、1キロあたり1,500円。1尾850グラムで1,275円(外税)。
これは上物でお買い得ですよ!、と釣りキチ四平様・談。

ほかには 「三宅水産」 で 活アワビ、「田所食品」 で 醤油イクラ、「吉川達次郎商店」 でお漬物、などなど。

Dsc00871

Dsc00872

一休みをと 「フォーシーズン」 に立ち寄ると、例のごとく多くのお仲間が!(笑
そんな中、ハートランド様 からのメール急報を受けて 「東京島食堂」 へ。

Dsc00873

Dsc00875

こちらの件については、 ハートランド様の記事で!
 
 
さて、いったん帰宅してから母を 外食 shine に連れ出します。sun
先週は寒くてNGでしたからねぇ~☆ この日の 暖かさ はチャンスでしょう! happy01

Dsc00886

Dsc00876

やはりというか、本人の希望により 「長生庵」 へ!

Dsc00884

天ぷらを食べて、ビールを飲んで、お蕎麦をたぐって・・・
お店の皆さんとの会話も楽しく、お勘定は合計4,300円でした。
ごちそうさまっっっ♪
 
 
食後の散歩。これも釣りキチ四平様から教えてもらったのですが・・・、
明日は節分だというので、波除神社では豆まきイベントの準備中。

Dsc00887

→ 翌日、この記事冒頭の動画へ!
 
  
それにしても、異常かと感じるほど暖かくて良いお天気になりましたねぇ。
このあとは築地本願寺を経由して、うおがし銘茶 の 「茶の実倶楽部」 へ。

Dsc00900

Dsc00892

さきほどの 「長生庵」 も、こちらの 「茶の実倶楽部」 も、お店のスタッフが本当に優しい笑顔で迎えてくれるのが嬉しいです。

お好みのお茶を2杯にお菓子がつく 茶っと二服(500円×2名)
今日のお茶菓子は、節分にちなんで “豆” + “恵方巻き” のイメージらしく・・・

Dsc00895

石原裕次郎氏も御用達だったという、「香風」 豆大福happy01 shine
それこそ恵方巻きのように、かぶりつき☆

これまでの当店のお茶請けの中では、いちばん食べ応えあったかも(笑

Dsc00896

Dsc00899

ゆったり、なごみました。ごちそうさまっっっ♪
 
 
そんなわけで、なかなか楽しめる外出で良かったです。
ひと休みして、夕飯の支度はこちら。

Dsc01701

ウメイロは、その名のごとく・・・、ほんのり赤味がかった身の色が印象的。

Dsc01709

アワビは、ものの本 で 「塩でなく砂糖でこすると身が固くならない」 と読んだので、それを試してみました。

Dsc01705

Dsc01706

酒と醤油で1時間ほど煮て、味噌汁も調えて・・・

Dsc01711

Dsc01710

Dsc01713

Dsc01714

作りながら、お刺身は自分も試食して・・・ もちろん bottle 呑みながら(笑
うむ、なかなか品のよい美味しさ!

Dsc00903

Dsc00909

 
母の夕食、できあがり☆

Dsc00914

ウメイロ(沖タカベ)と煮アワビとイクラの三色丼。
味噌汁の具は、菜の花とキノコ2種(山ナメコ・山エノキ)、タケノコ(水煮の市販品)。

アワビの上にのってるのはアワビの肝。
盛り付けが雑ですが sweat01、味のほうは好評でした! coldsweats01
 
 

|

« 「江戸川」 深川煮・あおやぎぬた・焼そば・豚汁、「長生庵」 堀川ごぼう天うどん、自炊メモほか | トップページ | 「小田保」 ツブ貝・ブリ大根、「豊ちゃん」 牡蠣のハーフ&ハーフ、「東印度カレー商会」 豚カレー、自炊メモほか »

コメント

突然のメール失礼しました。
けど、お出で頂いて良かったです。
残念な事ですが、万物は変化するものですから致し方なし・・・かな。
(そう考えると「老舗」ってスゲエですねえ。)

リンクありがとうございました。
また波除さんの節分動画もなかなか興味深かかったです。(笑)

投稿: ハートランド | 2013年2月 3日 (日) 19時20分

 また実にけしからん画像たちですね…。
 アワビの洗浄に砂糖が効果的なのは「浸透圧の原理が働かない」「砂糖の保水効果」があるからなんですよね。ただ弱点は余分な甘味がついてしまう事なんですが…
 僕はタワシのみでゴシゴシやります。それだけでも丁寧にやれば何ら遜色ないですよ。
 あと、今ブームになっている「タジン鍋」を使う方法もありですよ。この鍋は本当にすごいです。
 洗浄したアワビを肝ごと殻に戻して、殻に直接熱が加わらないように小皿の上に載せて酒を振って約10分で柔らか煮と同じ効果が狙えます。
 この方法のいい所は、「時間が短くて済む事」とアワビの水分だけで蒸し上げるので「煮汁にムダが出ない事」「煮汁にアワビの成分が流出しない事」です。
 ちなみに、タコにも転用可能な方法です。浅い小鉢に大根数切れと生姜、タコのぶつ切り、日本酒を注いで約10分、仕上げに醤油をひと回しで美味しい加賀風タコの煮つけが出来ました。ぜひお試しください。

投稿: しょうすけ | 2013年2月 4日 (月) 00時39分

こんばんは。
土曜はありがとうございました。

>盛り付けが雑ですが

とんでもない。今まで数多の丼を見てきましたが
ここまで美しい丼を見ることは、そうありませんよ。
さぞやお味の方も・・・。

投稿: 習志野習志 | 2013年2月 4日 (月) 01時00分

一週間ぶりで楽しみにしていました。
”散漫”などととんでもない読み応えたっぷりです。
流石に季節感あるものに敏感ですね!
お母様と昼食、先週は残念でしたが、よかったですね!
お蕎麦も良かったですが、お茶が美味しそう!
なかなかお茶を飲めるところが少ないので・・いいですね!
やはり真打は夕食ですね!
手間暇かけた具材を彩りよく盛り付けて・・・最高です。菜の花ときのこの吸い物も素晴らしい!
下世話な話で申し訳ありませんが”外で食べたら幾らするんでしょう?”と思ってしまいます。
これからも美しい記事を期待しています。
(作り側の苦労も知らずすいません)

投稿: ねこ | 2013年2月 4日 (月) 12時28分

こんばんは。
先日も話題に上がりましたけど、桜マスの登場が早いですねえ。
昨夜この記事を読んで、今朝後追いさせていただきました。
来月はもっと美味しくなるんでしょうね。
楽しみです!

投稿: しょう | 2013年2月 4日 (月) 18時03分

◆ハートランド様、
 
 スピーディーなお知らせ、ありがとうございました!
 おかげで、せめてもの名残りを惜しむことができました・・・☆
 
 それにしてもワタシ自身が築地で食べ歩きを楽しみ始めて
 わずか8年あまり・・・ 惜しいお店が、いくつも築地から
 姿を消しました。
 
 そのぶん、新しく登場したお店には期待したいのですが。
 
 ところで波除神社のイベント動画、お楽しみ下さいましたか!
 あの小さな境内に大きな歓声が響いて、じつに盛況でした♪
 
◆しょうすけ様、
 
 いやはや、これは目の毒だったらご勘弁を(笑
 今回も興味シンシンのお料理情報ありがとうございます!
 
 たしかに、活アワビを塩でこすると激しく反応するのは
 “ナメクジに塩” と同様、キョーレツな浸透圧のショックで
 暴れるのでしょうか。
 
 それにしてもタジン鍋での調理、面白そうですね!
 タジン鍋なら持っているので、こんど機会があったらぜひ
 挑戦してみたいです。あ、タコにも有効ですか・・・☆
 
◆習志野習志様、
 
 こちらこそ、またご一緒できて楽しかったです♪
 
 > ここまで美しい丼を見ることは、
 
 そう述べて下さると救われます(笑
 まあ確かに味のほうは大好評でしたが happy01
 
 ウメイロの刺身は、きれいに扇をひろげたように並べて
 みたかったのですね~。
 しかし結局、スペースが足りないのに無理に詰め込んだら
 身もだえするように歪んでしまって、ああ残念☆
 
◆ねこ様、
 
 毎度、心あたたまるコメントありがとうございます♪
 
 先週は断念した 「お出かけランチ」、どうにか今週は果たせて
 良かったです。
 美味しいものを食べるだけでなく、馴染みの店員さんたちに
 会えるのも楽しいですからね。
 
 > やはり真打は夕食ですね!
 
 まあ、いつもネタの良さに助けられているのですが(笑
 
 ちなみに原価で言えば、今回はアワビが半分ほどを占めて
 いましたねー☆
 お味噌汁のダシには、アワビの煮汁を加えています。
 
 < ご参考 >
 ・ウメイロ刺身: 1尾1,300円の4分の1ぐらい。
 ・イクラ: 1パック1,200円の3分の1ぐらい。
 ・アワビ: 2個1,700円のうちの1個。
 ・大葉: 1パック10束で500円のうちの1束。
 ・ごはん: (未確認)
 ・お漬物: (未確認。だいたい50円分ぐらい?)

◆しょう様、
 
 はい、なんとも気の早いサクラマスの登場です!
 
 そちらも今朝、召し上がりましたか。
 ブログ記事を楽しみにお待ちしてま~す♪

投稿: つきじろう | 2013年2月 4日 (月) 19時57分

ウメイロのほんのりした色合いとアワビ、イクラが合ってますね~。ウメイロのお味はどんな感じなのでしょう?

毎回味噌汁の具も、細かいこだわりの具で羨ましいなと思っています。エノキやエリンギ、ヒラタケ等は入手可能でも、他のキノコが少ないこのあたりでは、毎回登場する味噌汁も憧れの的です。

最近江戸の食卓に関する本を読んでいるせいがあるかもしれませんね(笑)。


投稿: sepp | 2013年2月 4日 (月) 21時39分

◆sepp様、
 
 ウメイロは初めて知って食べてみましたが、なめらかな
 食感でクセも無く、上品な味わいでした。
 
 ほんのり桜色っぽい身から想像した通り、白身魚を少し
 赤身に近づけたような印象かも・・・☆
 
 味噌汁も、なるべく季節感を出すようにしていますが
 ふだんは冷蔵庫のありあわせを片っ端から放り込むのが
 実情です(笑
 
 最近のお気に入りは、ゴボウとネギを胡麻油で香ばしく
 炒めてから出汁をあわせ、適当に菜っ葉を加えるというもの。
 
 ところでザルツブルグでは、あまりキノコの種類が多くない
 のですか!?
 湖のほとりに深い森があるようなイメージなので、ちょっと
 意外です・・・☆

投稿: つきじろう | 2013年2月 5日 (火) 17時24分

こんばんは
ウメイロ美味しかったですね♪気に入って頂けたようで良かったです。
かとうのサクラマスも良さそうで今度食べてみたいですね♪
お会いすることを楽しみにしています。

投稿: 釣りキチ四平 | 2013年2月16日 (土) 01時47分

◆釣りキチ四平様、
 
 ウメイロ情報、ありがとうございました!
 初めて食べてみましたが、美味しかったですねぇ~☆
 
 サクラマスも登場して、すでに気分は春爛漫!?(笑

投稿: つきじろう | 2013年2月16日 (土) 22時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「江戸川」 深川煮・あおやぎぬた・焼そば・豚汁、「長生庵」 堀川ごぼう天うどん、自炊メモほか | トップページ | 「小田保」 ツブ貝・ブリ大根、「豊ちゃん」 牡蠣のハーフ&ハーフ、「東印度カレー商会」 豚カレー、自炊メモほか »