« 自分用メモ: 「和食」 について。 | トップページ | 波除神社・節分祭、「かとう」・「長生庵」、自炊メモほか »

「江戸川」 深川煮・あおやぎぬた・焼そば・豚汁、「長生庵」 堀川ごぼう天うどん、自炊メモほか

仲卸を徘徊すると、ふと自分が 深~い海の底 にいるような錯覚が・・・ fish

Dsc00807

じっさい、深~い海の底からきた サカナ にも出会えるし!

Dsc01655

訪問日 「2013/01/26」 ( その他、最近の過去記事は→ こちら

夜明け前、母の朝食準備。 この冬の定番パターンがこちら。( 平日は前夜に準備 )
パンと、ソーセージ入りの野菜スープ、それにお茶。

Dsc00771

トーストは、6枚切りの食パン半分を自分で焼くので、バター少々を添えて。
コーヒーまたは紅茶もセルフサービスで。( 本人の気分でチョイス )
 
あとは味噌汁用と同じダシを鍋に用意して、ありあわせの野菜とソーセージ。
最近あまりチーズを食べなくなったのでカルシウム不足が気になる・・・

Dsc00776_2

Dsc00780

基本はトマトスープ。葉野菜などは時間差で最後に投入。
ここで火をとめて、あとは余熱と、温め直すときの熱で仕上がります。
味に変化をつけるなら牛乳を入れてもよろしい。
 
 
さて明るくなってきたので、いざ築地へ。 落し物の掲示板も賑わってるねぇ。coldsweats01

Dsc00783

Dsc00784

まずは 「江戸川」 へお邪魔を。本日の朝酒ネタは・・・ bottle shine

Dsc00805

深川煮(650円)、アオヤギのぬた(500円)、燗酒(400円)。

Dsc00785

アサリとアオヤギの ダブル貝ネタ で、呑ん権兵衛にオススメの 健肝食(笑)。
深川丼が美味しい店なので、もちろん深川煮もGOOD!

そして初めて頼んでみた、あおやぎのぬた。これがまたうまい。happy01
すがすがしい香りに、小気味良い繊細な歯ごたえ。

Dsc00794
 
 
お酒がすすんで、ちょっと気持ちよくなったところで・・・ 若旦那 から一言。
 
「 今日は人が多いッスね! 」
 
はあ、そうですねぇ・・・ って。 あれ?
 
 
( キョロキョロ )・・・・・・・・・ sweat02
 
いや、あの、このお店に限っては 今この瞬間、
 
ワタシを含めて客が2人だけ なんですけど sweat02 sweat02 sweat02
 
 
ま、それはともかく。
( 注: ワタシが入店したときは他にもお客さんがいました。
 たぶん、その直前まで混雑していたことを指してのコメントかと思います! coldsweats01

 
おや?、メニューの “焼そば” って久しぶりに見たかも?( → 過去記事

Dsc00793

女将さんに聞いてみると、作るのに手間のかかるメニューだから一時、出すのをやめていたとか。
へえ、復活ですか。せっかくなので食べてみましょう。ついでに 豚汁(350円)も!

Dsc00797

色どり豊かに、うれしい具だくさん!
キャベツやモヤシなどのほか、赤と黄のカラーピーマン、それにナスも。
・・・ でもシイタケが入ってないのが、ちょっと意外(笑

Dsc00799

汁気たっぷりなのは、過去の記憶の通り。
ただし、かなり油っぽい ので酢をかけるほうが食べやすいですねー。

Dsc00801

Dsc00802

それから、豚汁も特徴的。
ゴボウやニンジンといった根菜類が入っておらず、豚肉以外の具はネギとワカメ。
  
コレはコレで美味しかった・・・と。ごちそうさまっっっ♪


腹ごしらえを済ませて、仲卸で買い物を。

Dsc00814

「富士恭」 では、白エビホタルイカ が早くも登場!

Dsc00808Dsc00818

場外に出て、「フォーシーズン」 に立ち寄ると・・・、
なごやのお兄様しょう様(九州のおみやげ感謝!)、釣りキチ四平様習志野習志様(すごい変身ぶりに驚愕!) にもお会いできて、お仲間の大集合状態♪
 
 
ところで・・・、
できればこの日は母と 「長生庵」 から 「うおがし銘茶」 “茶遊会” へ、というコースを考えていたのだけど。
 
しかし天気は良くても風が冷たいので断念。お蕎麦のかわりに家で鍋焼きうどんでもと、場外のお店で一人用の 土鍋 を購入。
 
 
そして習志野習志様とご一緒に 「長生庵」 を訪れてみると・・・、

Dsc00820

Dsc00822

なぜか店頭に積み上げられた、どんぶりや土鍋の山・・・☆

Dsc00822a

オーマイブッダ!!

なんですか、これ全部、好きなのをタダで持って帰っていいのですか。

これなら土鍋も買わなくて良かったじゃん・・・ crying
やっぱり日頃の行いが悪いと、こういう巡りあわせの報いが!?

意気消沈のまま入店し、とりあえず店頭POPで見たメニューを。
途中から、釣りキチ四平様も合流して下さいました。
 
堀川ごぼうの天ぷらうどん(そば/うどん、温/冷も選択可。950円)

Dsc00823

鶏肉の入った “かしわうどん” に、京野菜の “堀川ごぼう” の天ぷらが。

これ、美味しい!shine
泥臭さが皆無の上品な香りにあふれて、噛み締めると固すぎず柔らかすぎずの絶妙な食感。そして凝縮した甘味が。

そこらのゴボ天とは次元が違いますねぇ。たとえて言うなら、普通のアジフライと 「かとう」 のアジフライの差と同じくらい!?(笑

堂々たる “主役のごちそう級” のゴボウでした。ごちそうさまっっっ♪


そんなわけで魚のほかに新品の土鍋と、ついでに 「長生庵」 でテイクアウトを頼んだ天ぷらを抱えて帰宅。

母の昼食は、前述の通り “鍋焼きうどん” を。

Dsc00833

土鍋が新しいので米粒と水を入れて煮立たせ、ウォーミング・アップ。
その間にダシをとって、別の鍋でうどんをゆでて、冷水で締めて再びお湯をくぐらせてからダシの中へ。

Dsc00834

Dsc00835

できあがり~☆

Dsc00838

えーと sweat01 、天ぷら以外の具材が沈み込んでしまって見栄えがイマイチなのと、せっかく用意したユズのことを忘れていて香りの仕上げができなかったりと、残念ポイント が目立ちますが(汗
 
でもさすがに長生庵の天ぷらだけあって、“美味しい、おいしい” と大好評。coldsweats01


そして夕方。「富士恭」 で購入した ハッカク(トクビレ) を冷蔵庫から取り出します。
( 1キロあたり1,500円。2尾600グラムで900円 )

Dsc01660

いつもながら、ええ ツラがまえ ですこと(汗

Dsc01662

今回は、チョウ様がオススメ“軍艦焼き” で食べてみましょうか。

Dsc01664

Dsc01665

まずは、背ビレの両脇から包丁を入れて背ビレと背骨を取り、背開きに。

Dsc01668

サイドメニューも準備します。
「イソベ」 のメバチマグロ(1,200円)と、「富士恭」 の兵庫産カキ(大粒8個400円)。
酢牡蠣にするので、大根おろしも必要ですね。

Dsc01650_2

Dsc00841

味噌汁の具には、冬に美味しい “ちぢみホウレン草” などを。

さて、スタンバイOK。ハッカクの身をグリルの強火で表・裏と手早く焼いてから、ネギと味醂を溶いた味噌を塗って、軽く コゲ目 がつくまで焼き上げます。

Dsc01654

Dsc01669

焼けるのを待つあいだに、味噌汁なども作りまして。

Dsc01652

Dsc00853

 
母の夕食、できました☆

Dsc00844

先日の ブリの照り焼き などと同じく、この冬の定番の組み合わせ。
メインのお魚と、メバチマグロの刺身、酢牡蠣、漬け物とタラコ。
味噌汁の具は大ナメタケ・ちぢみホウレン草・タケノコ(市販品の水煮)。
 
ハッカクの上にある茶色いのは、ハッカクの肝。
母には悪いけど味噌が多すぎたので、てきとーにスプーンでこそげ取ってました sweat01

Dsc00850
 
 
< 余談 > 電気炊飯器を買いました。国内T社の、ちょいと高級品・・・☆
 
これまでずーっと、ワタシは片手鍋でごはんを炊いていたのですが。
しかし 「ちかごろの炊飯器はすごいぞー。すっごく美味しいごはんが炊けるぞ」 と周囲から聞かされるようになったので、ものは試しと。
 
で、結果は。


「 あんまり変わらんね 」 sweat02

いや、申し訳ないけど二人とも同じ感想で。まだ使い方が下手なのかな。
それにしても分厚い鍛造釜は重くて、お米をとぐのが疲れる・・・
coldsweats01
 
   

|

« 自分用メモ: 「和食」 について。 | トップページ | 波除神社・節分祭、「かとう」・「長生庵」、自炊メモほか »

コメント

当日はメールありがとうございました。
ご一緒出来なくて残念でした。
(ちなみに私もビミョーに変化してますよん。笑)
『長生庵』さん、何で丼とか放出されたのでしょう。
長年お使いになって磨り減ったのかしらん?

『江戸川』さんの「焼きそば」「豚汁」は美味そうですねえ。
追っかけさせて頂きます。(笑)

投稿: ハートランド | 2013年1月27日 (日) 17時27分

早速の修正ありがとうございます。
当方は新環境での貼り方がわからないもんで
しばらくお待ちください(汗

昨年、私も炊飯器を買い換えて期待。。。
(高級品ではなかったけど)
結果は「あんまり変わらんね」でした(笑)

投稿: ロレンス | 2013年1月27日 (日) 22時27分

◆ハートランド様、
 
 うおがし銘茶の 「茶遊会」、できれば合流したかったのですが
 都合によりNGになってしまい残念でした・・・☆
 
 それと長生庵の放出品、何か持ち帰ったほうが良かった
 かなぁと未練がましく考えてしまう自分(汗
 
 江戸川の豚汁は、まあ普通の味噌汁に豚肉を入れただけ、とも
 言えるのですが、コレはコレで美味しかったですよ♪

◆ロレンス様、

 ブログのお引っ越し、お疲れ様です!!
 お仲間のなかには、ほとんどライフワーク!?と思えるほど
 苦労なさってる人もいらっしゃいますからねぇ・・・☆ 
 
 ともあれ今後とも楽しみに拝読したく存じますので、ヨロシク
 お願いします♪
 
 それと炊飯器、お買い求めになりましたか。
 周囲のクチコミでは、それはもう劇的に違うほど美味しい
 ごはんが炊ける!、と聞いていたのですが。
 
 A.じっさい、それほど大したモノではない。
 B.機械の性能を使いこなせていない。
 C.じつは、自分流の炊飯技術がハイテクマシン並みに
   高レベルだった。
 
 まあ、自分に都合よく解釈するなら 「C」 かなと・・・(笑

投稿: つきじろう | 2013年1月27日 (日) 22時33分

こんばんは!
昨日はありがとうございました。

「長生庵」で久しぶりにご一緒できて嬉しかったです。
私は帰りに丼を2つもいただいてしまいました。

「江戸川」の焼きソバは見るからに油が多いですね。(^^;
豚汁は私も以前食べましたが、コメントは控えておきます(笑)。

自炊レポではハッカクのなんと美味しそうなこと!
お母様が羨ましいです。

投稿: 習志野習志 | 2013年1月28日 (月) 00時08分

◆習志野習志様、
 
 こちらこそ、お久しぶりで楽しゅうございました!
 それにしてもまあ、あの変身ぶりは驚きでしたよ☆
 
 長生庵の「おみやげ」、どんぶり2個ゲットですか。
 ワタシも迷ったんですけどねぇ。手には荷物がいっぱい
 だから、胸に入れて帰ろうか・・・とか(笑
 
 江戸川のメニューは、まあコレはコレで良いかと。
 
 自炊のほうは、母が年齢のわりに珍しいものでも抵抗なく
 食べてくれるので助かります。

投稿: つきじろう | 2013年1月28日 (月) 07時39分

やはり自炊レポにまっ先に目がゆきます。
定番と言われますが、商売人は皆定番で商売です。
バランス、器、色彩、過不足なし・・・安心な”定番”です。大葉に囲まれたマグロの色がいいですね〜!
器もいいですね!長生庵のどんぶり残念でした。商売で使っているものは一味違って見えますから。

お母さんの外食できず、これも残念!
実に親孝行です。頭が下がります。

投稿: ねこ | 2013年1月28日 (月) 12時39分

◆ねこ様、
 
 いつも過分なお言葉、お恥ずかしいですが感謝申し上げます☆
 
 プロにとっての定番は、それこそ看板商品なので気を抜けない
 ものですが、ワタシの場合は 「似たようなもの」 という程度の
 意味ですから気楽なもので・・・(笑
 
 ちなみに器はご覧の通り、近所のスーパーの食器コーナーで
 売られている安価なものです。
 
 ささやかなポイントとしては、「派手な食材には地味な器、逆に
 地味な食材には派手な器」、という原則かなと。
 
 なのでマグロなどには白い無地の小鉢、お漬物には柄物の
 小鉢を使っています。

投稿: つきじろう | 2013年1月28日 (月) 20時24分

つきじろうさま

私、ご飯を炊く土鍋持っています。自宅は焜炉が二口ですから、夕食の支度が8割りほど済んだとき・・
なおかつ、酔ってない時。

火を止めて蒸らす時の時間に飲んでしまう。

目が覚めた時は、なべ底のおこげも何もかもない。

投稿: とんかつ | 2013年1月28日 (月) 22時17分

◆とんかつ様、
 
 土鍋でごはん!、いいですねぇ~・・・☆
 
 ふつうの白飯だけでなく、ちょっと贅沢できるときは
 木の芽なんかも用意して「鯛めし」 とか、ぜひ食べたいと
 思ってしまいます♪
 
 > 目が覚めた時は、なべ底のおこげも何もかもない
 
 ・・・昨夜、寝る直前に何かお椀に入る酒肴をつくって
 味わったらしいワタシ。
 
 今朝その洗ってあるお椀を見て、何を食べたのかを全然
 思い出せませんでした(汗

投稿: つきじろう | 2013年1月29日 (火) 19時26分

リンクありがとうございますぅ。

それにしても、つきじろうさん手際良過ぎです。

チョウはハッカクならハッカク 単品 作るので精いっぱいですが、

よぅも まぁ、味噌汁やらサイドメニューまで。素晴らし過ぎます。

投稿: チョウ | 2013年1月30日 (水) 01時36分

◆チョウ様、
 
 いつか作ってみたいと思っていたハッカクの軍艦焼き、
 ようやく実現しました。美味しいですねぇ!
 
 > チョウはハッカクならハッカク 単品 作るので精いっぱい
 
 いえいえ、チョウ様の場合はコース料理スタイルというか
 美味しいお料理を次から次へと目がまわるほど続けて出して
 下さるのが驚きです☆

投稿: つきじろう | 2013年1月30日 (水) 07時58分

盛りだくさんの記事、「ぬた」の存在自体が記憶のかなたなので驚いたり、築地場外で和の陶器を買おうと思っていて時間が無かったことを思い出したりしました。

ハッカクは凄い雰囲気ですね。これを自宅で調理なさるとはさすが。先日一緒に築地をまわったドイツ人2人にも、「顔に迫力がある魚は美味しいと言われているから」というと、そういう見方があるのかと驚いていました。

長生庵の天ぷらも懐かしく。築地に行きたい気分になってきました!

投稿: sepp | 2013年2月 4日 (月) 21時26分

◆sepp様、
 
 このまえ和食器を買い損ねておられたのは残念でしたね!
 しかし長生庵の天ぷらは、しっかり堪能されたようで・・・☆
 
 ハッカクは見た目にも面白いですが味のほうも上々です。
 
 > 顔に迫力がある魚は美味しいと言われている
 
 そこで作家の故・開高健氏いわく、
 
 「だからボクは、松本清張さんを食べてみたい」と(笑

投稿: つきじろう | 2013年2月 5日 (火) 17時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自分用メモ: 「和食」 について。 | トップページ | 波除神社・節分祭、「かとう」・「長生庵」、自炊メモほか »