« 「米花」銀ダラ西京焼き、「やじ満」もやしあんかけ丼、深川七福神めぐり、自炊メモほか | トップページ | 自分用メモ: 「和食」 について。 »

「かとう」 刺身もりあわせ、「長生庵」 花巻蕎麦、ほか

fish 魚河岸の常連さんで賑わうお店ですが・・・、ふとした瞬間、こんな静寂も。

Dsc00737

陰翳礼讃 in 「長生庵」confident

訪問日 「2013/01/19」 ( その他、最近の過去記事は→ こちら

先週に続き、天気のいい土曜日です。のんびりモードで築地へ。

Dsc00731
 

「かとう」 へお邪魔してみると、嬉しいことに しょう様 のお隣へ♪

・・・ だから!?というワケじゃないですが、
「大空のパスポート」過去記事 で拝見していたメニューを注文することに。

Dsc00729

Dsc00712

刺身もりあわせ(単品2,100円)、燗酒(550円)。

Dsc00715

出てきた瞬間、アタマの中が宴会モードに切り替わりますね。happy02 shine
いっちょう、朝から腰をすえて呑むぞ!と(笑
 
写真の向かって右上から時計まわりに・・・ って、右上のは何だっけ?(汗)、あとは ウニ、モンゴウイカ、カンパチ、ブリ、マグロ、海苔をまいた ホタテ、そして中央に アジ酢

Dsc00720

しょう様とのオシャベリも堪能しつつ、やがて彼が退出されたあとは同じく店内にいらした 監督様 とご一緒に♪

勢いがついてしまい、カキフライ 追加で呑む呑む~☆
あーうめえ!

Dsc00724

広田湾産の、みごとな牡蠣でした。
監督様が召し上がったイサキもまた、驚きのサイズで素晴らしかったですね!
ごちそうさまっっっ♪
 
 
食後はお買い物・・・
と言っても本当に腰をすえて呑んでいたので時間がなくなり sweat01、足早に・・・☆

青果のほうは、山菜 の顔ぶれが充実してきました。まだハウスものが中心かと思いますが、ウルイにコゴミ、フキノトウ、タラノメなど。

Dsc00732

Dsc00735

場外へ出てみると、ちょうど 「ぎんぱ」 がお店の中を整理する作業中。
思いがけずご主人夫妻にお会いして、ご挨拶できました!

あとは 「長生庵」 で、花巻蕎麦 を。

Dsc00741

Dsc00736

ふわりと、包み込まれるような・・・ 目がさめるような香りとは、まさにコレ!
花巻蕎麦といえば、炙ったばかりの海苔が主役。

Dsc00740

同じ場外の 「鳩屋海苔店」 の海苔を使用とのこと。
優しく鮮烈な磯の香りで、なるほどこれも魚河岸らしいご馳走!と感じられます。
 
ちなみに花巻蕎麦といえば、薬味を一切加えずに海苔だけを具にするのが粋☆
という向きもあるようで・・・
 
でもワタシは自炊の味噌汁などでも周知の通り 具だくさん派 なので coldsweats01
ワサビやユズ、三つ葉などの競演を楽しむのも嬉しい。湯葉も好きだし(笑
 
このあたりは好みによって、あらかじめ注文時に指定するのが良いでしょうかね。
ごちそうさまっっっ♪
 

さて帰宅したら母の昼食。
この日はカキフライが食べたいとの要望で、「小田保」 のお弁当をテイクアウト。
カキフライとエビフライのもりあわせ(1,500円)

Dsc00742

Dsc00743

カキフライは3個入っていたけど、多すぎとのことで1個は息子の胃袋へ・・・(笑
 
なお揚げ物を持ち帰って温め直す場合には、やや軽めの油で揚げている当店のフライが美味しくて食べやすいように思います☆

Dsc00744

 
そして息子が食べる “本日のスペシャリテ” restaurant は・・・☆

Dsc00747

Dsc00749

築地 「紀文」總本店 の定番商品、いかげそ揚げ のトッピングで、
 
「一平ちゃん」 アレンジ版 いか焼きそば!shine

Dsc00753

げそ揚げは、もともと “ピリ辛” 風味ですが・・・ sweat01
そこに一平ちゃんの 辛子マヨネーズ が加わって、刺激倍増!

玉子とカイワレ大根にシイタケも添えて、なかなか良かったかと。
ごちそうさまっっっ♪
 
 
で、まあのんびり過ごして、日も暮れて。

Dsc01647

今宵の晩酌ネタ、5点盛り。
刺身のマカジキは、先週から冷凍してあったもの。コゴミはカツオブシ粉をまぶして。ウルイとワカメとは酢味噌で。菜の花は辛子醤油あえ。漬け物は紅白のカブ。

Dsc00757

bottle 熱燗のお酒が沁みるなぁ。 春よこい、早くこい・・・♪
 
 

|

« 「米花」銀ダラ西京焼き、「やじ満」もやしあんかけ丼、深川七福神めぐり、自炊メモほか | トップページ | 自分用メモ: 「和食」 について。 »

コメント

この日はご一緒出来なくて残念でした。
やはり『かとう』さんでしたか。(笑)
 
『ぎんぱ』さん、明かりが点いていたのでお掃除かなと思っていました。
お元気そうなら何よりですね。

それにしても「花巻そば」とはナカナカ渋い選択ですね。
私も冬の内に「熱盛り」を頂いておかなくては!(笑)
あ、コゴミはマヨネーズですぜ。(笑)

投稿: ハートランド | 2013年1月20日 (日) 19時49分

こんばんは。
いやあ、楽しいひと時でした!
あの後も堪能されたようですね(^^)

右上はスズキと聞いたような・・・(^^;

やっぱり土曜の築地は魅力タップリ。
いろいろな方にお会いできるのも楽しみの一つです!

そうそうおすそ分けしていただいたマグロですが、
高レベルでしたねえ、ありがとうございました。

投稿: しょう | 2013年1月20日 (日) 20時22分

◆ハートランド様、

 スレ違いとはいえ、けっこう巡回コースは重なって
 いたようで・・・(笑
 
 「ぎんぱ」の店頭も見ておられたのですね。
 ご主人夫妻、相変わらずお元気そうでしたよ!
 
 花巻蕎麦、うまいですよ。もりそばの「あつもり」も
 良いですが、蕎麦同士がくっつきやすいのが難点。
 
 それと、山菜にマヨネーズ・・・どこかのお寿司屋さんの
 クルマエビみたいに、「マヨ七味」という手も!?
 
◆しょう様、
 
 はい、お久しぶりに腰をすえてご一緒できまして、実に
 楽しゅうございました!
 
 右上のお刺身、スズキかと思っていたのですが写真を
 見直すと、もしかして違う!?とも思えてきて・・・(汗
 
 それと、あのマグロ。美味しかったですねぇ~☆

投稿: つきじろう | 2013年1月21日 (月) 07時40分

う〜ん とうならせる盛り沢山な内容です!!
刺し盛りの豪華さもすごいですが、カキフライに惹かれます。(両方 大 大 大好き)
花巻そばというものは知りませんでした。海苔が好きなので試してみたいです。
お母様の食事は購入品中心でやや安心しましたが、おみおつけの具とお新香に気遣いがしっかり出てますね!

晩酌が凄い風景です。配色、盛りつけ、配置・・・いいセンスです!商売人が尻尾巻く出来ですね!最高!

投稿: ねこ | 2013年1月21日 (月) 10時40分

◆ねこ様、
 
 はい!、刺し盛りもカキフライも大興奮☆の美味しさでした(笑
 
 花巻蕎麦も、うまいですよ。ワタシ自身は具だくさん歓迎♪
 ・・・なのですが、やはり “通” は海苔だけが良いのかなぁ。
 
 海苔についても、じつは食感の違いなどで花巻に向いたものが
 あるそうで。漫画『そばもん』で、それについての詳しい
 エピソードを読んだことがあります。
 あと欲を言えば、海苔は四角のカットではなく手でちぎって
 散らすという趣向も・・・☆
 
 昼食メニュー、お察しの通り手抜きですが(笑)、そういえば
 味噌汁とお新香が、どちらも赤と緑の取り合わせになって
 少し見栄えが良かったかも(笑
 
 そして、晩酌ネタ。bottle
 まあ正直なところ、自分で見れば見るほどお粗末なもので
 お恥ずかしいですが・・・(汗
 
 でも、なんというか日本人好みの “盆栽” のような楽しみと
 申しますか。
 
 拙いながらも多少、意識しているのは、配色では 「赤」 を
 中央に置かないこと。(真ん中に赤があると視線が中央に
 固定されてしまう)
 また 「山水」 の原則で、低いものは手前に、高いものは奥に
 配置すること・・・ってな感じでしょうか。

投稿: つきじろう | 2013年1月21日 (月) 20時28分

つきじろうさま
やはり常に気を付けている鉄則というようなものを持っていらっしゃったんですね。
多分和食の世界で十分通用するセオリーでしょう!!
やはり料理は美術ですね!
あまり外野が要求してばかりでは申し訳ありませんが・・今後も楽しみにしています。

投稿: ねこ | 2013年1月22日 (火) 09時37分

こんにちは
いつも楽しく拝見させていただいております。

先週、東京出張がありましたので、こちらのブログを参考に土曜日に築地へ言ってみましたが、あまりの人出&行列に店舗前をうろうろするばかりで結局どの店にも入ることができませんでした。かき豆腐で酒を一杯と考えていたんですけどね。。。

つきじろうさんはいつも何時頃に行かれるんでしょうか?

投稿: 那覇市民 | 2013年1月22日 (火) 12時50分

◆ねこ様、
 
 いやはや☆、お粗末なのは自分自身が一番よくわかって
 いるのですが、それでも誰かが褒めて下さると嬉しいもの
 ですので・・・、今後もコメントいただければ幸甚です♪
 
 本格的な和食の盛り付けについては、ワタシが敬愛する
 「てまえ、板前、男前」様が本物のプロの秘訣を公開なさって
 おられますので、ぜひそちらを・・・!
 
 http://temaeitamae.2-d.jp/top/t6/j/japanfood.serve.chopsticks.html
 http://temaeitamae.2-d.jp/top/t6/j/japanfood.serve.html
 http://temaeitamae.2-d.jp/top/t6/j/japanfood.serve02.html
 http://sakanaitamae.seesaa.net/article/157606404.html
 http://temaeitamae.2-d.jp/top/t6/j/japanfood.serve01.html
 http://temaeitamae.2-d.jp/top/t7/a/tuna.0001.html
 
◆那覇市民様、
 
 コメントありがとうございます。
 拙いブログをご覧下さっているとのこと、心から感謝を
 申し上げます♪
 
 ・・・が、えーと土曜日の築地で行列が・・・(汗
 結局どこのお店にも入れなかったとは。 

 うーむむ、本当に残念でしたね。そのあたり、ブログの
 情報が不足していたとすれば誠に申し訳ありません!
 
 ワタシ自身は、だいたい土曜日の朝8時前ごろまでに
 築地へ到着しています。
 この時間、かきどうふを出すお店としては「高はし」は
 若干、行列が長くなっていますが「かとう」は比較的に
 入りやすいことが多いかと。
 
 そして朝酒を一杯やって、9時ごろから買い物タイムです。
 午前10時ぐらいになると、仲卸は店じまいする時間に
 なります。
 
 もし、那覇市民様が次の機会を得て “リベンジ” なさるの
 であれば、以下にご参考情報として追記を。
 
 こちらのブログの過去記事では何度か書いたような内容
 ですが、あらためて書かせていただきます。

「土曜の築地で、あまり並ばずに入れるオススメ店」。
 
 築地市場の場外・場内の地図は、お粗末ながら
 自分で作ったものがあるのでよければご参照下さい。
 それぞれクリックで拡大表示されます。
 http://tsukijigo.cocolog-nifty.com/blog/cat2940920/index.html

 「場内」の場合、
 
 正門(地下鉄大江戸線「築地市場駅」A1出口の
 すぐそば)から「場内」に進んでいくと、食堂街の
 いちばん手前のほう、「磯寿司」脇にある階段を
 あがると食堂「礒野家」。
 
 ここは観光客がほとんど入らない、魚河岸の
 オジサンたちが食事する店でして・・・
 お店のスペースは、場内としては広いほう。
 
 ほかのお店が大行列になってる時でも、ここは
 並ばずに入れることが多いです。
  
 和・洋・中と、「なんでもありの大衆食堂」という
 感じで、お値段も手ごろ。
 「魚河岸で働くオジサンたちの雰囲気を感じる」
 という意味では良い店です。
 
 この時期だったら、定食のごはんを冬季限定の
 「牡蠣めし」に変えてもらうのが良いかと!
 
 これと近いような雰囲気の食堂としては、ほかに
 場内の「魚四季」、場外の「東都グリル」などが
 ありますので、よければブログ内の検索機能で
 過去記事などをご参考にどうぞ。 
 
 これら以外で、わりと並ばずに入れるといえば
 「江戸川」。
 やはり牛丼やラーメンなど、市場で働く人が
 「普通に食事する店」としてオススメです。
  
 ご当地メニューで選ぶなら「深川丼」がオススメ
 ですが、味付けは甘口なのでご注意を。
 タラ煮や肉豆腐を頼んでビールを飲んで、
 しめくくりにチャーハンを食べたりすると、
 いかにも「魚河岸のオジサン!」っぽい気分を
 味わえます(笑
 
 「場外」の場合、
  
 ちょっと裏道のほうへ回りこむ場所になりますが
 個人的に一番よく行くのが蕎麦の「長生庵」。
  
 雰囲気は「町のお蕎麦屋さん」系で、気取らない
 居心地の良いお店です。
 
 この店はアナゴを良い店から仕入れているので
 穴子の天ぷらなどシーフード系が(マグロのお刺身
 なども)、とても美味しい。
 接客も非常に愛想が良いのが高ポイント。
 
 のんびり天ぷらをつまんでビールを飲んで、
 仕上げに蕎麦をたぐれば、ご機嫌です!
 
 魚のネタの良さをメインに考えるなら、「千秋」と
 「河岸頭」が双璧でしょうか。
 どちらも、お昼は海鮮丼などがメインです。
 
 それぞれ個性のあるお店で、ワタシ自身は
 「河岸頭」の過去記事が多いですが「千秋」も
 非常に評判が良いですねぇ。

 「河岸頭」について言えば刺身系だけでなく、
 「マグロのアゴ焼き」などはボリュームたっぷりで
 これもおすすめ。
 日本酒の品揃えが豊富なのも嬉しいところです。
  
 そのほか、面白いといえば「たけの食堂」。
 場外の地図の左上のほうに書いてある路地裏の
 お店です。
 
 ランチ(午前11時)から営業で、2階へ上がると
 壁いっぱいに貼られた品札に圧倒されるほど
 魚の品揃えが豊富なので驚きます。
 
 お酒の品揃えは限られますが、そのあたりは
 こだわない、というのであれば選択肢に入る
 お店です。

 ほかにもオススメは多いのですが、とりあえず
 思いつくままに書いてみました。
 疑問や質問がありましたら遠慮なくどうぞ!
 
 那覇市民様が、楽しく築地再訪を堪能されることを
 心から願っております~♪ 

投稿: つきじろう | 2013年1月22日 (火) 19時45分

おはようございます
しつこいコメントで恐縮ですがお礼を一言。
丁寧なブログの紹介、那覇の方には詳細な観光案内まで・・・・本当に築地の観光大使のような方で感服しました。
有難うございました。

投稿: ねこ | 2013年1月23日 (水) 09時59分

◆ねこ様、
 
 こちらこそ、今後も楽しんでいただければ何よりです♪

投稿: つきじろう | 2013年1月23日 (水) 18時34分

おはようございます。
人にものを訪ねておいてほったらかしにしてしまい、申し訳ありません。早速のお返事ありがとうございます。

つきじろうさんが築地へ行かれる時間を知りたかっただけなんですが、ご丁寧にお勧めのお店など、こと細かく何行にも渡ってご紹介いただき、驚きと同時に感謝感激すること頻りです。

私も、ある程度並ぶのは覚悟して行ったつもりでしたが、場外、場内ともこんなに人出があるものとは思ってもなく、田舎者は大人しく場外の回転すし屋で寿司をつまんで帰りました。

次はいつになるか分かりませんが、東京へ行った際にはつきじろうさんの情報をもとに築地リベンジさせていただきます。

沖縄にも那覇市の泊漁港内に「泊いゆまち」という市場があるので私もよく行きますが、カラフルな魚がたくさん並んでいて図鑑を見ているようで楽しいですよ。
http://www.odnsym.com/spot/tomariyui.html

沖縄へ来る機会がありましたら行ってみてくださいね。

この度は貴重なお時間を割いて情報提供いただき、本当にありがとうございました。築地が一層好きになりましたよ^^

投稿: 那覇市民 | 2013年1月28日 (月) 10時33分

◆那覇市民様、
 
 こちらこそ、ありがとうございます!
 
 築地を訪問される方に、どういった情報があれば役に立つかを
 多少とも心がけて書きたいと思っておりましたので、今回の
 那覇市民様からのコメントは本当に良い参考になりました。
 あらためて、お礼を申し上げます。
 
 また築地を再訪の折には、ぜひ活用して下されば嬉しいです。
 沖縄の魚河岸情報も、大感謝です。いつの日か、ワタシも
 ぜひ・・・♪

投稿: つきじろう | 2013年1月28日 (月) 20時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「米花」銀ダラ西京焼き、「やじ満」もやしあんかけ丼、深川七福神めぐり、自炊メモほか | トップページ | 自分用メモ: 「和食」 について。 »