« 「豊ちゃん」、「やじ満」、「フォーシーズン」、「布恒更科」、「うおがし銘茶・茶の実倶楽部」、自炊メモ | トップページ | 築地 「Bucch-ine/ブッチーネ」 山口県アンテナショップ »

「米花」 おまかせ、自炊メモ(鯛そうめん・ほか)

【 イベント告知 】 jasmin's kitchen&魚食倶楽部 9月28日(金曜日) 18:30~ 


まだまだ、サンマ のお世話になることが多い日々ですが・・・( 自炊ネタ for 母 )

Dsc00553_2

築地には、“冬の使者”(とワタシが勝手に思っている) ハタハタ が入荷☆

Dsc00562

Dsc00561

訪問日 「 2012/09/21 」 ( その他、最近の過去記事は→ こちら

この週の土曜は祝日のため休市!ってことで・・・、
金曜の朝、出勤前に築地へ行ってきました。

Dsc00563

急ぎ足で、買い物と朝ごはんを済ませます。

Dsc00560

Dsc00559

「米花」 にお邪魔を。ジローさんに挨拶して・・・
今日の レギュラーメニュー の魚は何ですか?と聞くと。

Dsc00558

「 はいはい!、“おまかせ” ねぇ~☆ 」 ( ← 聞いてない )

Dsc00556

ま、美味しいからいいけど(笑

店内では、このブログをご覧下さっているという方々と楽しくオシャベリできました heart04
ごちそうさまっっっ♪
 

Dsc00567

Dsc00566

場内から場外をまわり、「フォーシーズン」 で一息ついて帰宅。
すぐさま着替えて、タッチ&ゴー!で出勤なのでした☆


で、週末。
やはりと言うか、築地に行かない土曜の朝ってのは何か気が抜けた感じ・・・(汗

Dsc00569

天然マダイ は、冒頭のハタハタなどを見かけていた 「富士恭」 にて購入。
同じく 「富士恭」 で少し前に買って冷凍していた サヨリ もお皿に参加を。

Dsc00571

「イソベ」まぐろブツ に、「田所食品」イクラ醤油漬け
あとは アボカド と、スダチ も添えて、さあどうぞ♪

Dsc00576

それにしても・・・ この週末、いきなり涼しくなりましたね!
暑がりのワタシは助かるけど、情緒も無いまま突然すぎて戸惑ったりして。

というか引きこもる週末より、築地に行くとき涼しいほうが嬉しいんですよね。
予報によれば週明けは再び暑くなるとか。あーあ☆


んで、日曜は朝から雨~ rain

とりあえず、鯛のアラを焼いて昆布と一緒にダシをとって・・・
涼しい朝に、アツアツの 鯛うどん for 自分☆

Dsc00582

しばらくすると母も起きてきたので、これまた温かい 鯛そうめん を。
( あー、もうちょっと麺をきれいに整えれば良かった coldsweats01

Dsc00585

いい出汁がとれました。なにしろ鯛が良いネタでしたからね。
今回いちばんのごちそうは、このダシ汁かな。 ごちそうさまっっっ♪


【 余談: 好きこそものの・・・? 】 

そんなわけで週末、ヒマつぶしにネットで拾い読みなど。

★ 以下、ヒマにまかせて脈絡も無いままダラダラと書くのでお許しを。
やや引用が多くなりますが、おヒマとご興味があれば。


日経BPオンライン:優等生が陥る「科学のワナ」
東京工業大学本川達雄教授×池上 彰 第2回

 
< 引用ここから(途中略あり) >
本川:私は動物学教室に進学しました。でも、行ってすぐに、「しまった!」と思いましたね。
池上:なぜですか?
本川:周囲の学生たちがみんな動物好きなんですよ!
池上:当たり前じゃないですか!動物学教室なんて動物好きしか集まらないのでは。本川先生は違うんですか?
本川:
「好き」と「研究の対象にする」とは違うと思うんです。
池上:そんな「大人の選択」に、いつ気がついたんですか。
本川:小学生5学年の時です。

< 引用ここまで >


これを読んだとき、あれ?、なんとなくデジャヴみたいな・・・ と、
思い出したのがこちらのインタビュー。


NHK出版:今日の料理ビギナーズ「食べ物マニアーズ!」
Profile 23 【しょうが焼きマニア】 Gingerさん

 
< 引用ここから(途中略あり) >
大宮 話は戻りますけど、Gingerさんはしょうが焼きのどんなところが好きなんですか。
Ginger しょうが焼きが大好きなんていう人に会ったことはありますか? 私はありません。
昼飯を食いに定食屋に入るでしょ。日替わり定食は売り切れだと言われてしまいドキッとする。どうしよう。ステーキは高すぎる、揚げ物は食べたくない、刺身じゃ体が冷える。「じゃあ、しょうが焼きでも食うか」となる。「じゃあ」が似合う食べ物なんですよ。
大宮 
全然褒めてないですね。
Ginger 店側だって気合いが入ってないですよ。「せっかく店をやっているんだから肉でも出そうか。にんにくを使ったほうがおいしいけれど、口が臭くなるのでランチでは売れない。じゃあ、しょうが焼きでもつくるか」。こういう流れです。
大宮 本当ですかね。
Ginger 1300軒を食べ歩いた私が言うのだから間違いありません。私のブログを見て、「この店にしょうが焼きを食べに行きたい」という人もいないんじゃないですか。
大宮 
発展性のなさがすばらしいです(笑)。
< 引用ここまで >


好きでもないのに、なぜやるの?と(笑
きっと、それを説明しなくてもわかる人が “オトナ” なんだろうなー。

まあ、あれですよ。ギャビン・ライアルの小説の愛読者としては、クライマックス・シーンが対照的な、こんなくだりを思い出すわけです。
( いま、手元に本が無いので不正確な記憶で引用しますが )
  ↓ 

『深夜プラス1』 より:
(主人公の相棒) 「 どうしても気に入らん 」
(主人公) 「 おれが、これっぽっちでも好きでやってると思うのか!?」

『本番台本』 より:
(主人公の相棒) 「 (意外そうに、驚いて) どうしてもやりたいんだな?」
(主人公) 「 やっとわかったのか?」

この対比の面白いところは、前者はプロとして自分の仕事に取り組むのに 「好きでやってるんじゃない!」 と苛立ちを隠さないが、後者は他人のもめごとに巻き込まれた形で不本意な立場なのに、「じつはオレ、これをやってみたいんだ」 と自分から言い出すという、それって話が逆じゃん!?と思わせるあたりですね。


あと、もひとつオマケで。「好き・キライ」 からの連想として、
『愛してる、愛してない...』 という映画。あれも面白かったなぁ。

オドレイ・トトゥ主演で、妄想癖のある少女の恋物語・・・ という、
同じ主演女優で、まるっきり 『アメリ』 の二番煎じ、つまんねー!

・・・ と、思わせてから 驚愕のどんでん返し があるのですねー☆
これがまた、めちゃくちゃ怖かったですよ。
 
恐怖が恐怖を呼び、あまりにも毒の効いたラストシーンは悲鳴モノ。
→ 参考: 超映画批評 
 
そうなんだ、アメリの世界をそっくりそのまま、ひっくり返してブラックな構成にすれば、こんなサイコホラーになるんだと・・・

この映画の監督さん、このとき28歳の女性ですってね。
この若さで人間心理の深いところをわしづかみにするのは、日本で言うならば西川美和監督かな。
奇しくも同じ28歳の新人監督として鮮烈なデビューを果たした 『蛇イチゴ』、あまりにもキョーレツ!!でした。
 
 
どんでん返し の面白さと恐ろしさ。

「ビフォーアフターまのあたり」 by まいたーん様
 ↓
直視するには過酷すぎる → その実証画像・・・ sweat02
 
 
“喜劇は、人間の恥ずべき性質を明らかにするという意味で、逆に言えば悲劇そのものである・・・” と、誰かが言ってたっけ。
 
うーん、ちょっと昼寝して、夕方まで 昔のSF小説 でも読み返そうかな。
 
  

|

« 「豊ちゃん」、「やじ満」、「フォーシーズン」、「布恒更科」、「うおがし銘茶・茶の実倶楽部」、自炊メモ | トップページ | 築地 「Bucch-ine/ブッチーネ」 山口県アンテナショップ »

コメント

涼しい週末でおめでとうございました。
暑いと、汗だくで夜中に目を覚まして、しばらく眠れないですからね・・・

金曜日、私は有休を取って河岸を徘徊いたしました。
ニアミス、ありがとうございました。(笑)
出勤前に早起きして河岸にお出かけとは、大変ですがウラヤマシイ!(笑)
お刺身もイイですが「鯛うどん&そうめん」は美味そうです~!

投稿: ハートランド | 2012年9月23日 (日) 16時03分

>暑がりのワタシは助かるけど、情緒も無いまま突然すぎて戸惑ったりして。

ですから、本日、季節を巻き戻しております(東京の予想最高気温29℃)。

投稿: jin-n | 2012年9月24日 (月) 10時55分

◆ハートランド様、
 
 せっかくの貴重な涼しさが、いささか 「もったいない」 とも
 感じられた休市日でしたが(汗
 
 金曜日は 「米花」 で同じものを時間差で食べてましたね!
 
 そして鯛うどんに、鯛そうめん。
 徐々に、温かいものが恋しくなってくるようで・・・☆
 
◆jin-n様、
 
 暑さ寒さも一進一退、もどかしいですねぇ(笑
 
 とりあえず個人的には、10月1日の牡蠣シーズン開幕が
 どうなるかと気がかりです・・・!

投稿: つきじろう | 2012年9月24日 (月) 19時25分

牡蠣の季節!

オイスター・バーで、ギネス片手に?

投稿: jin-n | 2012年9月26日 (水) 08時31分

◆jin-n様、
 
 いよいよ牡蠣シーズンの開幕ですが・・・さて今年は一体、
 どうなりますやら(汗
 
 ところで 「生牡蠣に、ギネス!」。

 うーむむ☆、たしかにお酒関係の本やルポでは、これを
 よく見かけるのですが・・・
 
 ワタシ自身は、“潮の香りがする” とも評される、例の
 アイラ・モルトを生牡蠣にかけるのが好みですね!
 
 そういえば昔、読んだC.W.ニコル氏の著書の中では
 右手にナイフ、左手にウォッカの瓶をたずさえて磯場を
 歩きながら牡蠣を見つけては殻をあけ、ウォッカと共に
 胃袋に流しこんで、「あーうめぇ!」 という経験談が
 語られていて・・・それはもう、子供心に憧れたものでした(笑

投稿: つきじろう | 2012年9月26日 (水) 19時32分

つきじろうさま

鰯や鯵は、比較すると骨が軟らかくて良く火を通せばぽりぽり食べれます。

鯛の骨は固い。煮ても焼いても固い。そのかわりって言っては語弊があるけれど、骨と皮は湯のなかで美味しいだしが取れますね。お茶漬けに鯛が乗れば、涙溢れる一品・・・でしょ・

むむ、大げさですね。「腐っても鯛」と言うけれど、やはり鮮度の良い鯛のほうが良いなあ。

兜(なぜか鯛の頭)を割り、お腹の子と(無い時もあります)煮ると、家族の夜ごはんの用意の時は、っすでに前後不覚・・

うどんとそうめんと鯛。上方を感じます。

投稿: とんかつ | 2012年9月27日 (木) 22時07分

◆とんかつ様、

 た、たしかに・・・!
 
 鯛のアラで得た出汁ってのは格別ですよね!!
 
 ところで鯛そうめんてってのは、上方のイメージですか。
 ごく自然な流れで作ってみたのですが・・・☆
 
 これからは、何気ない地方色にも気をつけてみたいです

投稿: つきじろう | 2012年9月28日 (金) 21時51分

こんばんは、
米花行かれたのですね!自分も買い物前に焼鳥だけ食べて、また戻ると満席で諦めるといった感じです。ボリューム満点なのが嬉しいですね!!
おおっ!鯛うどんですね!!美味しそうです♪でも次回から段々、うどんが見えなくなっていくのでしょうね。次回は是非お頭をど~んと乗ったうどんを楽しみにしています♪

投稿: 釣りキチ四平 | 2012年9月29日 (土) 00時41分

◆釣りキチ四平様、
 
 米花が持つ独特の居心地の良さは、東京の中のワンダー
 ランドとも言うべき築地市場のなかで、さらにそのまた
 ワンダーランド!、という感じかと・・・(笑
 
 自炊の鯛うどん、美味しいですよ。鯛そうめんも好評でした♪
 これから具が増えるかどうかは不明ですが(汗)、鯛の
 頭がドーン!と載ったそうめんは、すでに彼女が・・・☆
http://blog.livedoor.jp/myturn1215/archives/51865167.html
 ↑
【 すごい迫力ですよ~! 】 

投稿: つきじろう | 2012年9月29日 (土) 17時46分

小生は、生牡蠣には、ウォッカですね。

膨らみはないけれど、邪魔をしないので。

日本酒は、辛すぎないものが良いかなぁ。

投稿: jin-n | 2012年9月30日 (日) 13時30分

◆jin-n様、
 
 生牡蠣にウォッカ、賛成です☆
 あとは、レモンがあれば良いでしょうね!

投稿: つきじろう | 2012年9月30日 (日) 21時55分

つきじろうさま、イベントの告知をして頂き、ありがとうございました!
おかげさまで無事、築地仲卸・近長さんとのコラボ企画の乾物講座、終了することができました!!
ご協力ありがとうございました!!
告知していただき助かりました!

投稿: jasmin | 2012年10月 3日 (水) 05時10分

◆jasmin様、
 
 無事、うまくいったようですね。お疲れ様っっっ☆

投稿: つきじろう | 2012年10月 3日 (水) 20時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「豊ちゃん」、「やじ満」、「フォーシーズン」、「布恒更科」、「うおがし銘茶・茶の実倶楽部」、自炊メモ | トップページ | 築地 「Bucch-ine/ブッチーネ」 山口県アンテナショップ »