« 「高はし」 きんき煮つけ、「やじ満」 ラーメン “水通し”、「ボン・マルシェ」 Aランチ、ほか | トップページ | 「八千代」車海老のあたま、「長生庵」穴子とキスの天ぷらそば、自炊メモほか »

「かとう」 トリ貝とアオリイカの刺身、「中栄」(新メニュー) 炙りチャーシューカレー、自炊メモ

新登場、“炙り”チャーシュー&カレー!
築地カレーの “大御所” から、shine 創業100年 shine の節目に出ましたっっっ☆

Dsc09054a

訪問日 「 2012/06/09 」 ( その他、最近の過去記事は→ こちら

お祭り当日の土曜、あいにくの雨・・・sweat01
それでも、準備にかかっている人たちのワクワク感が伝わってきましたよ♪

Dsc09061

ワタシは残念ながら、午後のハイライト・シーンを見られませんでしたが。
しかし伝え聞いたところでは、すごい 熱気 で盛り上がったそうですね! happy02 shine
 
 
さて朝ごはんは、白い暖簾で夏の装いになった 「かとう」 にお邪魔します。

Dsc09053

Dsc09050

トリ貝とアオリイカのお刺身、小松菜ごま和え、お酒(価格失念)

Dsc09051

先週土曜は、都合により築地に来られなかったのですが・・・
仕事が休みになった昨日に続いて2日連続の 朝酒。bottle ああシアワセ♪

そこへ・・・、しょう様 も来店されました。さっそく隣同士の席で、カンパーイ☆
 
しょう様がオーダーなさった ヤリイカ煮つけ、うまそうですねぇ。
「江戸川」 のヤリイカは “ごはんのおかず” に最適なイメージ ですが・・・、
こちらの一品は、もう絶対に “酒を飲め!” ってな感じです。coldsweats01

“ ・・・ところで 昨日のブログ記事、拝見しましたよ。
 「中栄」で例の新メニューを食べなかったのは、あえて外したんですか? ”


“ え・・・?、新メニュー!? ”

あらら☆、お気づきじゃなかったのですか。sweat01
じゃあ遠慮なく、ワタシが突撃させていただきましょうか。ごちそうさまっっっ♪


というわけで 昨日は新メニュー案内の写真だけ撮った 「中栄」 へ。

Dsc09059

Dsc08995

炙りチャーシューカレー(850円)、ビール小瓶(250円)
ご主人によれば、6月7日(木)から登場したばかりの新メニューだそうです。

Dsc09058

注文が入ってからチャーシューを炙るので、少し待ち時間が必要です。
 
・・・ といっても1分かそこらですが、例の素晴らしい接客サービスをしてくれるご主人が、「申し訳ありません!、少しお待たせします!」 と、それは丁寧にお詫びを告げて下さいます。
 
きた、来た、キタ!
お店の公式ホームページによれば 「何度となく試作を重ねてきた自信作」 とのこと。

さあ、いただきます!!

Dsc09056

おお!、いい感じですね~☆
お肉は豚の バラ肉(写真・手前)と 肩ロース(同・奥)の2種類。
昔の 「ふぢの」 を思い出しますが、選択式ではなく両方の盛り合わせ。
 
味付けを軽く薄く、あくまで肉そのものを味わえる程度に控えているのが特徴的。
「八千代」 のチャーシューより薄味なのはもちろん、「小田保」 の焼き豚 よりも、さらにプレーンな感じです。
 
お客が自分でソースをかけたり、カレーと一緒にしたり、好きずきに楽しめるように・・・ という趣向でしょうかね。
個人的には、バラ肉のチャーシューで千切りのキャベツを巻き、ちょいとカレーをつけて食べるのが気に入りました!

そして、1本250円というリーズナブルな ビール小瓶 を飲むにも、このチャーシューは最適です。heart04
これからの季節、チャーシューをつまんで、ビールで渇きをいやして、ホッとしたところで一気にカレーを食う!
・・・ なかなかステキじゃないですか。ごちそうさまっっっ♪
 
【 耳寄り情報 】
ご主人からお聞きした話によれば・・・、まだ、これだけでは終わらないようです。
ここではナイショにしますが、お楽しみの ヒント は・・・ 公式ホームページ のトップに掲載中のアニメーションの途中に出てくる、ちょっと見慣れないカレーかも!?(笑

【 さらにご参考 】
今回の新メニュー、チョウ様が当店でぜひ出してほしい! と熱望されていたものとは、残念ながら少しだけ違ったようですネ・・・☆
 


あとは 自炊メモ を少々。
今週いささか疲れ気味(!?)で、料理も写真も普段以上にアバウトですが sweat02
 
母の昼食。イサキと野菜の蒸し煮、クリームソース
例によってショートパスタのペンネをゆでて、この下に盛り付けています。
ほかに、貝の出汁のモヤシスープと、食後にブドウを少々。
( あ!、イサキは皮目を上にすれば良かった・・・ coldsweats01 ) 

Dsc09064


晩酌のおともは3点盛りで、
タコの酢の物、マグロぶつ、アサリとウルイの辛子酢味噌あえ

Dsc09070


あまり買い物をしない週末だったので日曜のお昼はお肉も少々。
お手軽クッキングの定番 鶏肉と野菜の蒸しもの を、胡麻ダレで。

Dsc09074

なにはともあれ、ごちそうさまっっっ♪
 
 

|

« 「高はし」 きんき煮つけ、「やじ満」 ラーメン “水通し”、「ボン・マルシェ」 Aランチ、ほか | トップページ | 「八千代」車海老のあたま、「長生庵」穴子とキスの天ぷらそば、自炊メモほか »

コメント

クリームソースの菜の花がブロッコリに変わってる!
きゃ〜〜〜もう一回見に行ってしまおう></
あの、GWの記事を何回も開いてため息ついています。

レストランで食べたものをお家で作ってみること、私も良くあります!食べてる時にもう作る過程を想像しながら。そしてそれが出来たレストランはたいていお気に入りに入ります♡偉そうw

投稿: lara | 2012年6月10日 (日) 16時48分

こんばんは。

むぅ!これは私も是非おっかけたいと思います。
しかし気になるのはチャーシューよりも
新たに加わるかもしれないという新メニューの方!

今書いてる記事にタイムリーな話題になりそうです。

投稿: 習志野習志 | 2012年6月10日 (日) 17時27分

無理やり隣に座ってしまいました(^^;

中栄は・・・。
前の日におじゃましてますからねえ(笑)
まあ、私らしいと開き直るしかありません!

イサキが美味しそうですね。
蒸し煮にすると、皮の味わいはどうですか?

投稿: しょう | 2012年6月10日 (日) 20時02分

◆lara様、
 
 > クリームソースの菜の花がブロッコリに
 
 観察が細かいですね~!、それによくご記憶で(笑
 
 自炊ネタも、できるだけ季節感を盛り込みたいのですが
 この週末は自宅の冷凍ストックと近所のスーパーでの
 お買い物が中心だったので・・・☆

 ともあれ、たしかにお店で食べてみて 「これ自分でも
 作りたい!」 と思ってしまうと、もう早く挑戦したくて
 ワクワクしますよね♪

◆習志野習志様、
 
 さっそく、中栄の公式サイトをチェックなさいましたか。
 ワタシ自身、ご主人から 「これだよ」 とは聞いてないの
 ですが、お話の内容から個人的に 「これかな?」 と
 推測しています。
 
 ちなみに次のが登場するとすれば、もうちょっと時間が
 かかるようです。1週間か2週間ぐらい?とのこと・・・☆
 
◆しょう様、
 
 どもども!、ご一緒できて嬉しゅうございました♪
 
 中栄の新ネタを逃したのは残念でしたね。でも、よければ
 近日中にぜひ・・・☆
 
 イサキの蒸し煮については、まずフライパンでイサキだけ
 皮目をソテーして、しばらく焼いてから野菜とワインを
 加えて蒸す、という順序で作っています。
 
 後半は全体を蒸すことになるので、皮は柔らかいですね。
 パリッとした食感を求めるなら、野菜と一緒に蒸さず
 焼くだけにするのが良いでしょうね。

投稿: つきじろう | 2012年6月11日 (月) 12時20分

 目にも鮮やかな料理の写真の数々。それに朝酒がついたら文句なしですね(笑)。

最近6日間ドイツを仕事で周り、お食事時にお客様の了解を得て全日程撮影した結果、「多種多様な色が写る食事がは意外と少ない!」との結論・・・。

炙りチャーシューカレーは地味な色味ですが、なんとも食べる側のバリエーションが楽しめそうなセットですね!

投稿: sepp | 2012年6月12日 (火) 19時04分

◆sepp様、
 
 「中栄」 のカレー、今回の炙りチャーシューは新顔ですが
 いつも “どうやって食べようか!?”、と悩ましくも嬉しい
 アイテムといえば、やはり千切りのキャベツですね。
  
 ソースをかけて食べるも良し、カレーに混ぜるも良し、そして
 ワタシ自身は別注文した味噌汁に投入するのがお気に入り
 です♪
 
 > 多種多様な色が写る食事がは意外と少ない!
 
 彩り豊かな築地のカレーと言えば、ワタシの知るかぎりでは
 キッチンカミヤマの夏野菜カレーが最高でした・・・☆
  ↓
 http://tsukijigo.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/post-b0d6.html

投稿: つきじろう | 2012年6月12日 (火) 20時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「高はし」 きんき煮つけ、「やじ満」 ラーメン “水通し”、「ボン・マルシェ」 Aランチ、ほか | トップページ | 「八千代」車海老のあたま、「長生庵」穴子とキスの天ぷらそば、自炊メモほか »