« 「やじ満」 ニラ玉丼、野菜ワンタン | トップページ | 「高はし」 大目ます塩焼き »

「豊ちゃん」 カツ丼、“月島吾郎閣” 宴会ほか

ほぼ 2年ぶり に、お邪魔しました♪

Dsc08716

訪問日 「 2012/05/12 」 ( その他、最近の過去記事は→ こちら

お天気サイコー!の、土曜日。 ・・・ 涼しい朝って、ホントに助かるわぁ。coldsweats01

Dsc08708


「豊ちゃん」 にて、
いつもの美人女将にご挨拶して、カツ丼(1,010円)ビール(300円)

Dsc08707

Dsc08704

Dsc08706

冷た~いビールを勢いよく喉に流し込んで、そのあとを追っかけるようにパンチの効いたカツを頬張り、飲み込む痛快さ!
 
場内の洋食店は、それぞれに個性ある美味しいカツ丼を出してくれるのだけど。
こういう気分のとき、ド真ん中にヒットするのは。 やっぱり 「豊ちゃん」 かなぁ~☆
 
あ、ちなみにお新香が2皿なのは、ビールの注文にも1皿ついてくるからです(笑
ごちそうさまっっっ♪


で、本日のお買い物は・・・、

「佃友」 にて、滋賀産の 稚アユ

Dsc08700
 

「泉久」 では、ここんとこ毎週のように購入している アサリ
以前から熊本・山口・愛知と続いたけど、今日のは熊本に戻ってましたねー☆

Dsc08699

Dsc08698

Dsc08697
 

「富士恭」 では、高知産の 天然カンパチ(3kg)が、特に目をひいて・・・!

Dsc08703

ところでカンパチって、このように魚体が赤っぽく見えるものと、もっとブリのように濃い青色に見えるものがありますよね。これって何が違うの?

・・・ お店のお兄さんに聞いてみると、さすがに詳しく親切に教えてくれました!


その他、そろそろシーズン終盤のホタルイカが、どのお店でも高いですね!
途中で見かけた某店では、1トレイが何と1,350円。coldsweats02
ただでさえ不漁だったからなぁ・・・ と思いつつ、ぐるっと周囲を歩いて戻ってくると、同じものが1,000円にプライスダウンしてました。
 
まあ、土曜日ですから時間内に売り切ってしまいたいのと、やっぱり 「これじゃ誰も手が出ないや」 という判断もあるのかなと・・・ sweat02

Dsc08711

そのあとは今週も、 釣りキチ四平様さかなやの女房様 に合流させていただき、場内ツアーのあとは 「フォーシーズン」 で、まったり。cafe

なごやの兄様 や、丸い・・・メガネ の(笑) チョウ様 と、その お連れ様 にもお会いできて楽しゅうございました♪
 

帰宅して・・・ 今夜は “月島吾郎閣” での、持ち寄り宴会!
お邪魔するのは、一昨年の昼宴会 以来ですねぇ。

Dsc08721

Dsc08726

ひさしぶりに東京へ戻った SAYURI様 も合流して下さり、嬉し~い♪

Dsc08713

ワタシからの食材は・・・、
本日仕入れた稚アユの天ぷら、天然カンパチの刺身、釣りキチ四平様が下さったノビルの酢味噌あえ、そして築地「中川屋」の姫大根。

そしてもちろん、アサリも酒蒸しで。

1kg(850円)を3皿に分けて出してます。あらかじめ砂抜きする時間があまり無かったので、大丈夫かな?と思ったけれど・・・ 全く問題なし!でした。

Dsc08725

オシャベリしながら作ってたので、ちょっと加熱しすぎて身が縮んでしまったかも sweat01
お味は、どれも美味しゅうございました。ごちそうさまっっっ♪
 

一夜明けて、日曜日の朝ごはん

ひさびさの、お茶漬け画像(笑)。見事な中トロ!と思えますが、実は ・・・
「これ、あげるよ。売り物にならないから」 と、某店のご主人がくれたもの。coldsweats01

Dsc08728

マグロを水揚げして内臓を抜いたら、高圧の水ホースで腹腔内を掃除するのだけど
そのとき失敗すると身のなかに水が入り込んでしまい、商品価値を失うのだとか。

しかしシロウトの目には、とても美味しそうな中トロで・・・ じっさい美味しかった!
すご~く得した気分で、ごちそうさまっっっ♪
 

ちなみに今朝の母は。

Dsc08737

昨日の夕飯に用意しておいたカンパチの刺身が多すぎた模様で sweat01
今朝、再びカンパチを見たとたん 「海苔とお漬物だけでいい」 とのこと(笑

Dsc08739

※ 自分のための記録用: 日曜の夕飯。
ごはん、味噌汁、カンパチの刺身と、同じくカマ部位の塩焼き、漬け物は築地「中川屋」の姫大根と自家製の小カブの浅漬け。
 

 
稚アユの残りは、お昼のビールのお楽しみ。やっぱり天ぷらかな。

Dsc08734

その前に、ちょっと失礼して朝寝など。今回の記事はここまで・・・☆ happy01
 
 

|

« 「やじ満」 ニラ玉丼、野菜ワンタン | トップページ | 「高はし」 大目ます塩焼き »

コメント

あさりの砂抜きを素早くするには、50℃のお湯にそのまま塩も入れずに入れると早いそうです。

TVの情報そのままなので、真偽は不明ですが・・・。

投稿: jin-n | 2012年5月14日 (月) 09時39分

◆jin-n様、
 
 それはもしかして、いま話題の 「50℃洗い」 ですね!?
 野菜から肉や魚介類まで幅広く応用できて効果が大きい
 とか・・・
 
 ワタシも興味があるので、ちょっと試してみようと思います♪

投稿: つきじろう | 2012年5月14日 (月) 18時00分

そうそう、それ!

ところで築地の場内ってビールが異常に高いと思うのですが、豊ちゃんは缶ビール350mlで300円ですか。
中瓶500ml換算で429円と、良心的ですね。

投稿: jin-n | 2012年5月15日 (火) 08時29分

◆jin-n様、
  
 やはり、例の50度洗いシリーズでしたか(笑
 
 ビールについては、そう言われてみると確かに場内の
 相場としては安いほうですね!
 
 あとは、フードメニューの相場も気になりますが・・・
 カツ丼のお値段、八千代は1,000円で磯野家は735円。
 小田保は普通のカツ丼が900円ですが上カツ丼もあって
 そちらは1,110円・・・☆

投稿: つきじろう | 2012年5月15日 (火) 18時56分

50℃洗い、我が家で試してみました。

確かに、砂を吐き出すのは速い!
でも、欠点が。

塩味、貝の持つ潮の香りが減ってしまいます。
真水ですから、浸透圧の関係で味が抜けてしまうのです。

では、50℃の塩水ならば?
つづく・・・。

投稿: jin-n | 2012年5月15日 (火) 22時59分

◆jin-n様、
 
 研究課題、できましたねー☆
 
 そういえば魚をさばいたあと、切断面を水洗いすると
 味が抜けてしまうから洗わないこと。もし、どうしても
 洗いたいなら酒を使いなさい・・・と、何かの本に書いて
 あったような。
 
 ・・・アサリ、50℃の 「ぬる燗」 で洗うってのは
 どうでしょう!? coldsweats01

投稿: つきじろう | 2012年5月16日 (水) 08時03分

ぬる燗というより、50℃ですから熱燗でしょうかねぇ。

貝が死ななければ、砂を吐いた後にそのまま軽く蒸せば、酒蒸しが出来ちゃうのかなぁ。

投稿: jin-n | 2012年5月16日 (水) 08時19分

◆jin-n様、

 おっと失礼☆、50℃ってのは熱燗でしたっけ!
 ・・・というわけで、いまさらですが(笑)ネットで
 調べてみました。
 
 55℃ 飛び切り燗(とびきりかん)
 50℃ 熱燗(あつかん)
 45℃ 上燗(じょうかん)
 40℃ ぬる燗(ぬるかん)
 35℃ 人肌燗(ひとはだかん)
 30℃ 日向燗(ひなたかん)
 15℃ 涼冷え(すずひえ)
 10℃ 花冷え(はなひえ)
  5℃ 雪冷え(ゆきひえ)

 最近では “氷結酒” なんてのもありますから、さらに
 温度範囲が拡大していますねー!
 
 ところで、
 
 > そのまま軽く蒸せば、酒蒸しが出来ちゃうのかなぁ
 
 中華で有名な “酔っぱらい海老” のアサリ版ですね(笑

投稿: つきじろう | 2012年5月16日 (水) 19時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「やじ満」 ニラ玉丼、野菜ワンタン | トップページ | 「高はし」 大目ます塩焼き »