« 「豊ちゃん」 カツ丼、“月島吾郎閣” 宴会ほか | トップページ | 「天房」 稚アユ天・山菜天、「かとう」 赤イカ照り焼き、ほか自炊メモなど »

「高はし」 大目ます塩焼き

攻略!、お茶漬け +αshine

Dsc08742

訪問日 「 2012/05/17 」 ( その他、最近の過去記事は→ こちら

ハートランド様の記事 で、春も終盤なのだな~・・・と察せられて、築地へ。
春から初夏へ。柔らかな 桜マス から、やや筋肉質の 大目マス へと。

ちょうど、雛鳥が若鶏に成長している姿を見るようで、感慨もひとしおです。
( 注: 桜マスと大目マスは別種の存在だと思うけど sweat01


「高はし」 の暖簾をくぐります。。。

Dsc08756

大目ます塩焼き(定食2,000円)
※ 上記は “シモ” の部位の価格。“カマ” のほうは2,300円。

Dsc08745

大目マスは、生の 時鮭 だそうで。これは北海道産、サイズ3,2kgとのこと。
まあとにかくワタシの目には、とびきり美味しい鮭!と認識されます。happy01 heart04


それにしても。相変わらず 迫力満点のルックス! ( 参考 → 前回記事
 
岩登りが好きな人なら、どこに手をかけ足をかけ、どんなルートで攻略するか・・・食事を忘れて攻略法のイメージ・トレーニングに没入しそうな外観。
 
ともあれ攻略といえば、こういう 「高はし」 の “焼きもの系” は楽しめるものが多いですねー(笑
ただでさえ 大きい!sweat01 というだけでなく・・・思わぬ トラップ もあったりして。coldsweats02

Dsc08743

たとえば 「かま焼き」 の場合、たいてい上段に載ってるのは腹側の身なのでアブラが多く、ジューシーで食べやすい♪
・・・ と前半戦で油断していると、じつはコレが
 
後半戦になると、下段には引き締まって固いシモ(尻尾側)の身があり、トンネル工事が岩盤に突き当たったかのような衝撃で・・・ sweat01
なかなか呑み込めないうちに満腹感が襲ってきて 大苦戦!、ってな具合い。


さて今回の作戦は。
“シモ” を指定してるので、2つのブロックとも、あまり身質の差はありません。

ならば。ほとんど同じ味が続くので、途中で飽きないよう “変化” をつけるのが吉!
 
まず味噌汁に 玉子(奥久慈卵、100円)を入れてもらいました。

Dsc08746

“ ギョク落ち、柔らかめ!” の指定です。

これを、ごはんにのせて・・・ 黄身をつぶして、お醤油をかけて。

Dsc08747

大目マスと一緒に・・・、
チャーシューエッグ ならぬ サーモンエッグ かな? coldsweats01

Dsc08751

お行儀は悪いけど・・・ うまさ倍増の 至福 shine
前回 のような 玉子かけごはん より、熱を加えたぶんだけ旨味が濃いですよね!

Dsc08752

そしてもちろん(!?)、後半は お茶漬け で。
やはり大目マスは桜マスよりも身質がしっかりしていて、食べごたえがあるね!

Dsc08755

攻略成功 shine、満ち足りた朝でした。 ごちそうさまっっっ♪
 
 

|

« 「豊ちゃん」 カツ丼、“月島吾郎閣” 宴会ほか | トップページ | 「天房」 稚アユ天・山菜天、「かとう」 赤イカ照り焼き、ほか自炊メモなど »

コメント

Tsukijigo san:
Can you tell me what kind of camera do you use?
Thanks

P.S. I really miss 高橋

投稿: asileasile | 2012年5月18日 (金) 00時47分

◆Dear asileasile-san,

In these days, I mainly use TX5 of Sony.
This digital camera is small and waterproof, so very useful especially for cooking photo.

By the way, of course I'm looking forward to join you to Takahashi next time!

投稿: つきじろう/tsukijigo | 2012年5月18日 (金) 18時20分

『高はし』さんの「大目」、一週間だけだったのですねえ・・・
残念ながら逃しました。(笑)
『かとう』さんではしばらく提供されますので、また頂きます。

投稿: ハートランド | 2012年5月20日 (日) 12時07分

◆ハートランド様、
 
 季節ネタに、タイミングよく行き当たると嬉しいですが
 同じネタでもお店によって “旬” の見極め方が違うのも
 各店それぞれの目利きというかポリシーが伺えて面白い
 ものですねー。
 
 先日、若旦那から聞いた 「昔は “お花見アンコウ” なんて
 言われて、アンコウは春の魚で・・・」 というお話なども
 印象的でした☆

投稿: つきじろう/tsukijigo | 2012年5月20日 (日) 20時13分

つきじろうさま

・・そうそう今年はあさりの当たり年かしら。大分早くから出回り今でも好調・

いやーー奥久慈の玉子の、半熟ですか・続いて玉子かけごはん・のみならず皮から浸み出る旨さの鮭のお茶漬け。さらにこの後の記事の浅利味噌汁ぶっかけメシ・・

はは、久しぶりにこの次行ったらどうしよう状態のとんかつです。

・なんだか、たけだを思い出して・

投稿: とんかつ | 2012年5月21日 (月) 22時14分

◆とんかつ様、
 
 この春、アサリとイサキは大当たり!?という印象ですね。
 お店で食べても、買って調理しても、美味しさMAX!
 ってな感じで堪能できます。
 
 そして玉子かけごはんも、お茶漬けも、味噌汁ぶっかけ飯も
 ・・・お好みしだいで、ぜひどうぞ♪

投稿: つきじろう | 2012年5月22日 (火) 20時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「豊ちゃん」 カツ丼、“月島吾郎閣” 宴会ほか | トップページ | 「天房」 稚アユ天・山菜天、「かとう」 赤イカ照り焼き、ほか自炊メモなど »