« 土曜・買い物メモ、「ぎんぱ」コーヒー、「天房」きびなご天、「やじ満」カレーチャーハン、「八千代」エビフライのあたま、「ひよ子」ジンフィズ、ほか | トップページ | 「高はし」 サワラの煮付け »

自炊メモ: サヨリ(かんぬき)のお刺身とお椀、ほか

惜しむらくは、あと一品・・・! bearing sweat01

Dsc07777

ちなみに、うちの汁物は毎度 “具だくさん” 系・・・
サヨリと三つ葉だけとか、芽ネギを少々、ってな感じにすれば上品なのですが coldsweats01

Dsc07788

しかし自炊では、なるべく 野菜 を多めに!と。

掲載日 「 2012/03/26 」 ( その他、最近の過去記事は→ こちら

この日曜日は、ちょっと外出を。
土曜日が雨 rain だったので、予定がズレたのですが・・・☆

Dsc07766a

Dsc07760a

昼ごはんを食べて、歌舞伎座の工事現場あたりから銀座の歩行者天国をぶらぶら。
お散歩には良い天気で、楽しかったですね。風も春めいて、日も長くなってきたし。

 
よく動き回ったので、おなかがへりましたねぇ!(笑

Dsc07727

土曜日に 「富士恭」 で購入した サヨリ です。大型の “かんぬき” サイズ。
キロあたり2,800円(税別)、4尾で500グラム、1,400円でした。

普通サイズの小さなサヨリは、“えんぴつ” とも呼ばれるそうです。
あの細さ、ワタシが不器用にさばいたら可食部位がほとんど消えた実績あり。coldsweats01

Dsc07728

諸事情により、買ってから翌日の調理になってしまいましたが・・・
と考えたところで オーマイブッダ!

“ どうせ一晩寝かせるなら、昆布締めにすれば良かった ” weep
・・・ うーん、土曜の夜は呑みすぎていたかな?(汗

反省しつつ冷蔵庫から副食材を見つくろって、さばいてみました。

Dsc07767

Dsc07768

前日よりは透明感が落ちたかと思いますが、きれいな身ですねぇ。
 
このサイズだと食べるとき中骨が気になるので・・・かといってピンセットで抜こうとすれば身が崩れやすいので、中骨のあるラインに沿って細長く切り落としました。
 
背骨は “骨せんべい” に揚げてみようかとも思ったけど、結局ダシの材料に☆

Dsc07769

Dsc07770

マグロとホタルイカも添えて、ちょっと多めの(笑) お刺身三点盛り。

Dsc07773

昼間に適度な運動ができたので、あっという間に2皿とも空になりましたねー☆
というか、お酒を水のように呑んでしまうので困る困る(笑

Dsc07776

 
で。お刺身は前座で、こちらが 主役 shine

お鍋のダシで、まずニンジンとシイタケから・・・
煮えたら菜の花とサヨリを入れて、早めに火をとめます。

Dsc07781

早く早く!、さめないうちに sweat01
・・・ と言いつつ、写真を撮ったりもするので鍋のダシは沸騰させておきました・・・

Dsc07783

Dsc07787

はい、できあがり☆ 
手抜きレシピですよー。お上品な吸い物用のダシではなく、いつもの味噌汁用のカツオと昆布のダシにサヨリの骨ダシも加え、お塩で味付けした、というもの。

Dsc07788top

しかしコレ、手抜きとはいえ たいへん美味しゅうございます・・・!

> まったくクセのない味わいながら春には旨みも脂ものる。(中略)
> 椀種にすると淡泊で口の中でほろっととろけるようで、旨みと脂が心地よい。

( 引用:「ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑」様 )

食卓のまえで思わず目をとじて、シアワセの余韻にひたりましたねー・・・☆


そして・・・、後片付けを終えたところで オーマイビリケン!!( ←大阪人 )

お刺身用にサヨリをさばいたときに剥いた “薄皮”
あれは 軽く塩をふって串に巻き、ちょいと火で炙れば 酒肴の逸品 になる!

・・・ってのを。なんたる不覚、忘れてました。( 参考: 「魚河岸三代目」様

昆布締めの件といい、せっかく上物のサヨリを仕入れたのに。
いけませんなぁ > 自分

また後日の リベンジ shine を期して、ごちそうさまっっっ♪


【 余談 】 日経ビジネス・オンライン様のインタビュー記事 より。

Kami
 
そーゆー“いきもの” ・・・・・・ sweat02
 
 

|

« 土曜・買い物メモ、「ぎんぱ」コーヒー、「天房」きびなご天、「やじ満」カレーチャーハン、「八千代」エビフライのあたま、「ひよ子」ジンフィズ、ほか | トップページ | 「高はし」 サワラの煮付け »

コメント

毎度、お買い上げありがとうございます!
サヨリは高いだけあって美味しいですよね!
あのお吸い物は本当に美味しそうですね!
手抜きではなさそう...
美味しさの秘密は、つきじろうさんの愛情ですね!

投稿: リーゼント史朗 | 2012年3月28日 (水) 14時57分

昨晩1枚目の写真を見た瞬間に、思わずドイツ語で「Oh, Nein! Das gibt ja nicht!!」とコンピューターに叫んでしまいました(苦笑)。

サヨリなぞ、記憶の遥か彼方。最後にいつ食べたのかもわかりません。かんぬきという呼び名も興味深いところ。

お吸い物でも、他のお刺身との豪華なセットでも、せんべいにしても、なんでもいけますね~。ダメなのはくちばしくらいでしょうか?

これからも1枚目で絶叫させるような写真を期待しています(笑)。


>「男ってそういう生き物」

その通りです!!

投稿: sepp | 2012年3月29日 (木) 06時55分

◆リーゼント史朗様、
 
 こちらこそ、毎度ありがとうございます!
 やはり今回もまた、ネタの良さに救われました(笑
 
◆sepp様、
 
 えーと、じつは・・・というか、やはり、というか。
 
 ブログに載せてない失敗も多いわけで。
 
 思わず “Erbarme dich, mein Gott, Um meiner Zahren willen”

 ・・・ と、マタイ受難曲のアリアを歌いたくなることもしばしば(笑

投稿: つきじろう | 2012年3月29日 (木) 07時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 土曜・買い物メモ、「ぎんぱ」コーヒー、「天房」きびなご天、「やじ満」カレーチャーハン、「八千代」エビフライのあたま、「ひよ子」ジンフィズ、ほか | トップページ | 「高はし」 サワラの煮付け »