« 「江戸川」 煮込み・たら豆腐、「磯野家」 かきめし・ニラそば、ほか買い物メモ | トップページ | 番外:六本木「Neuf du Pape(ヌッフ デュ パプ)」 »

番外: 六本木 「Aux Gourmands(オーグルマン)」

shine 牡蠣のムニエル、アブサンソース。
 一見したところ、築地のカキバターを想像しますが・・・まるで別物!

Dsc07256

やや厚めの衣がサクサクと素敵な食感で、軽い軽~い♪
その下のリゾットがまた、牡蠣との相性が良すぎて絶品☆ happy02 shine

訪問日 「 2012/03/03 」 ( その他、最近の過去記事は→ こちら

土曜日 fish の続き・・・ 「行ってきまーす!」 から、およそ30分後。
陽射しの暖かな、おだやかなお昼どき。

Dsc07249

六本木の、とある路地で3月3日にふさわしく満開の桃の花を観賞・・・☆

この日の午後は、なんとワタシには珍しくフレンチレストランでのお食事!
しかもしかも、ご婦人との会食なのです!!
 
Dsc07248
( 風に揺れる木の枝を、光学3倍ズームで撮ったらコレが精一杯・・・sweat01

ちなみに女性とご一緒といえば先日も、どえらい粗相 をしでかしたワタシ。
今日もまた、どんな 地雷 を踏んでしまうのかと戦々恐々。coldsweats01

Dsc07247

とりあえず、築地で着ていた小汚い格好(ワタシ的スタンダード)から着替えまして。
 
事前情報では 「ゆるい服装でOKですよ」 と言われていたのに、
気がつけば緊張のあまり 千歳飴を忘れた七五三 のような格好で・・・(汗

「 Aux Gourmands ( オーグルマン )

Dsc07246
( お店のある坂道を、ずーっと下ったところで桃の木を見つけたのです☆ )
 
本日お誘いくださったのは、フレンチの達人・ まいたーん様!
 
婚礼司会業の彼女にとって、土曜日のお休みは貴重なチャンス。
その大事なお時間を、ワタシなどのリクエストに応じてお付き合い下さったのです。

Dsc07251

Dsc07252

( まずは、パスティスとミネラルウォーターで乾杯♪ )

きっかけは、まいたーん様が書いておられた こちらの記事

“ 魚介のマリネが、アブサン風味!? ”

どういうリクエストだったか詳しくは まいたーん様のルポ をご覧いただくとして・・・、
要するに、お料理の風味づけに加えられたリキュールに興味をそそられたのです。

Dsc07253
( 今回のマリネに使われているシーフードはサバとマナガツオとタイラ貝。
 特に、岩手産のマナガツオってのは初対面だったけど美味しい!)

 
・・・ しかし本日最大のマヌケな失敗は。
せっかくだからと、そのリキュールを水割りで、食前酒にと頼んでしまったこと。coldsweats01


Dsc07250
( “透明なお酒なのに、水で割ると白濁する” という特徴だけでコレが何かを当てられる人は、かなりの洋酒好きでしょうね!? )
 
お料理のほうには微量も微量、お酒が全然ダメ!というお客さんにも問題ないレベルで加えられた、ほんのわずかなリキュールの気配を探ろうというのに。

その直前に、同じものをグラス一杯も飲んでしまっては・・・
ケチャップの瓶に一滴だけ紛れ込んだトマトジュースを探すようなもので。
「あかんがな!>自分」 って感じでした。crying

Dsc07257

 そのかわり・・・
 と申してはナンですが(汗)
 
 冒頭にも述べた通り、
 築地流とは同工異曲どころか
 発想そのものが違うのだなぁ!と
 目を見張る牡蠣料理の美味しさなど、
 それは素晴らしい食経験のランチでした。
 
この日のランチは、前菜2皿とメイン1皿にデザートで1人4,200円の “Bコース”。

Dsc07258

Dsc07261

メインはお肉系なので、下戸のまいたーん様には申し訳ないけどブルゴーニュのピノ・ノワールをグラスでいただきました。wine

メインにとお願いしたのは、こちらのカスレ!

Dsc07259

モーレツに熱々☆ですねぇ。
少しでも冷ますために切り分けようとすると・・・ おお、柔らかい!!

豚タンは、めいっぱいジューシーで上品に澄んだスープがあふれ出してきます。
塩豚のほうは、スプーンで触れるだけでも崩れてしまう柔らかさ。

それに、注文を選ぶときシェフが説明して下さった通り・・・、「味は濃いのに上品なスープ」 といった仕上がり。
 
カスレとしては一般的な “アブラっこくて、きっと冷めたらペミカン(昔の南極越冬隊員の保存食)みたいに獣脂の塊になりそう!?” というイメージからは別物でした☆

Dsc07263

そして、お肉の下のお豆さん!
( 関西人としては、マメにも “お” まめ “さん”、と呼びたい )
 
これがうまいんですよ、これが。
ちょうど、ブリ大根ではブリよりも大根が美味しいってのと同じで。
豚タンと塩豚のエキスをたっぷり吸ったお豆さんが、今回最高の主役でしょう。

うっとり夢心地になったところで、デザートタイム。
イチゴのムース・グラッセです。

Dsc07265

あっ、もしかしてコレは本日のためのスペシャル、ひな祭りカラー!?
・・・ と思ったけど、特にそういう意味は無いそうです(笑

飲み物のチョイスは、コーヒーや紅茶などのほかに 中国茶(凍頂烏龍茶)もあるのが嬉しかったなぁ。試してみたら、これがよく合うんですね!

Dsc07264

Dsc07266

シェフをはじめ、スタッフも明るくフレンドリーで、あれこれと親切に教えてくれたし。
 
まいたーん様も・・・
おそらく会話の途中でワタシが何度も 地雷 を踏んだに違いないのですが、にこやかな笑顔で受け流して下さったし・・・( さすが婚礼司会者!) coldsweats01
 
あらためまして、感謝です!! ごちそうさまっっっ♪
 
あ、それと。。。まいたーん様のメインディッシュは  ド迫力! でした☆ coldsweats02
 
 
このあとは、同じ六本木での “夜の部” に続きます・・・☆
 
 

|

« 「江戸川」 煮込み・たら豆腐、「磯野家」 かきめし・ニラそば、ほか買い物メモ | トップページ | 番外:六本木「Neuf du Pape(ヌッフ デュ パプ)」 »

コメント

先日はご多忙の中ご一緒いただきまして
ありがとうございました!

それにしてもさすがの健啖ぶり!
朝食にもつ煮とたら豆腐、かきめし、ニラそばを
召し上がった人のランチとはとても思えません。
カスレはなかなかのボリュームだったかと思いますが、
涼しい顔をして召し上がるお姿に大人の余裕を感じました。

“地雷”、今回は見事に避けていらしたようです(笑)。

投稿: まいたーん | 2012年3月 5日 (月) 21時59分

◆まいたーん様、
 
 おだやかな小春日和の陽射しに、桃の花の芳香が
 ゆるやかな風にのって漂う、土曜日のお昼どき・・・。
 
 おかげさまで、こちらこそ夢のようにシアワセな
 ひとときでした♪
 本当にありがとうございました! happy01
 
 > カスレはなかなかのボリュームだったかと 
 
 まさに 「グルマン」=「大食家」 の名の通り!という感じの
 メインディッシュでしたね。
 陽気で朗らかなシェフは、きっとあのメインのボリュームで
 お客さんを驚かせて喜ばせるのを、とても楽しみにして
 いるのだろう・・・と、察せられました。heart04

投稿: つきじろう | 2012年3月 5日 (月) 22時59分

いつもと違う趣向のお料理。雰囲気も違って、なかなか興味深いですね。

魚介のマリネのタイラガイ、そしてアツアツのカスレも実においしそうで、〆のデザートまで見た目にも華やかですね!!!

食前酒はトルコの「Raki」か、はたまたギリシャの「ウゾ」ですか? 私も原産地のリゾートホテルに行ったときは食前・食後酒として、何杯も飲んでしまいます・・・(笑)。

髪切りの件は、あまり気になさらなくても・・・。私はたまに、雰囲気の変わってしまったヨーロッパ人の友人本人に、全く気付かないこともありますので(苦笑)。

投稿: sepp | 2012年3月 6日 (火) 02時18分

つきじろうさま。

全くもってドえらい粗相をっっpout
うそです、素晴らしいエスコートではありませんでしたか。

それにしてもおひなまつりにマドンナまいたーんさまとおしゃれランチとは、さすがです!!!
冬にパスティス飲んだことないですが、あの痺れるようなアニスの味と香りが時々無性に欲しくなります。
そうですね、それを飲んだ後に「風味」を探すのは難しそう><
セリ科だそうですね。セリそば、たべたいな。パスティスそばにしてみようか。。(笑

投稿: lara | 2012年3月 6日 (火) 06時46分

◆sepp様、
 
 たまにはフレンチも良いですね~☆
 しかも今回は、素晴らしい案内人に恵まれたので非常に
 心強かったです!
 
 食前酒にお願いしたパスティスは、フレンチだけに
 定番の 「ペルノー」 でした。
 
 それと例の粗相は・・・まあ個人的には大事な教訓
 ということで(汗

◆lara様、
 
 いやはや、その節は・・・(滝汗
 ワタシ自身、まさか自分があれほどアレとは coldsweats02

 > あの痺れるようなアニスの味と香りが
 
 そう、まさにそうですね。あのお酒はアルコールの刺激を
 求めるのではなく、あの独特な “しびれ感” が魅力です。
 
 ところで、パスティス蕎麦ですか。
 うーむむ・・・ニューウェイブ系の蕎麦屋さんなら
 期間限定で出してくれるかも!?

投稿: つきじろう | 2012年3月 6日 (火) 20時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「江戸川」 煮込み・たら豆腐、「磯野家」 かきめし・ニラそば、ほか買い物メモ | トップページ | 番外:六本木「Neuf du Pape(ヌッフ デュ パプ)」 »