« 自炊・DVD視聴メモ、ほか | トップページ | 「米花」 サワラ漬け丼、「やじ満」 中華そば、「鳥藤」 親子カレー »

缶詰で晩酌: さばみそ編

こういう、寒い夜には・・・、醤油味の “ぶり大根” も美味しいけど。
“さば味噌&ふろふき大根” も、イケるね!bleah shine

Dsc06121

掲載日 「 2012/01/11 」 ( その他、最近の過去記事は→ こちら

ゆ~っくりと、晩酌して・・・、寝る前の簡単メモで失礼を☆

Dsc06111

Dsc06112

ふろふき大根の基本。ダイコンを輪切りにして、皮をむいて、面取り&隠し包丁。
お鍋に昆布を敷いて、お米を少し加えて(本来は米のとぎ汁で)、しばらく煮ます。

サバ味噌の缶は、湯煎して・・・。塩茹でにした大根の葉っぱを、トッピング☆

Dsc06119

乙類焼酎の、お湯割りと。 じつにお手軽でうまい、冬の晩酌ネタです。

個人的に、 “大根には醤油より味噌!” という嗜好なので、
ブリ大根 よりも、この サバ味噌&大根 のほうが美味しく感じられたりして。

Dsc06126

うまいっす! happy02 shine さば味噌、また築地のお店にも食べに行かなくちゃsweat01

ごちそうさまっっっ♪ 
 

【 補記 】 缶詰グルメに関しては・・・、
それも、シーフード系にも造詣の深いお話を伺うことができるのは、

 「缶詰blog」様のシーフード・カテゴリー です! 

|

« 自炊・DVD視聴メモ、ほか | トップページ | 「米花」 サワラ漬け丼、「やじ満」 中華そば、「鳥藤」 親子カレー »

コメント

つきじろうさま

ふむふむ。・・・アレもうおしまい・・?

今年、鯖の缶詰おいしい気がします・
柔らかくなった大根に鯖の旨みが沁み渡り・・

今朝未明、冷え込む東京に暖かいおかず。

投稿: とんかつ | 2012年1月12日 (木) 00時59分

 ちょっとひと手間かけると、いきなり豪華な晩酌に変身ですね~。そば焼酎とも実によく合いますよね。

私も日本からのサバ味噌煮缶をザルツブルクに持ってますが、ひと手間もかけずご飯とあわただしく食べてしまいます(笑)。次回はこのアイデアを参考にさせていただきます!

投稿: sepp | 2012年1月12日 (木) 06時45分

おはようございます∀゚)ノ

猛烈な寒さの上にこんな画像を見てしまうと
頭の中がさば味噌でいっぱいになりますね

明日出撃予定なのですが、いいタイミングで
高はしでさば味噌はじまったようですし
とりあえず第一候補で∀゚)ノシ

投稿: 所∀゚)ノ | 2012年1月12日 (木) 10時26分

いつも楽しく拝読させていただいております。
自分の中で敷居の高かった築地場内市場へのトビラを開けてくれたのも、こちらのブログでした。

1つ、場違いかもしれませんが、率直な質問をさせてください。

例の福島原発事故の影響についてです。
今なお大量の汚染水が海に放出され続けており、魚の生態系はもとより、人体への深刻な被害も懸念されている状況です。

もちろん、復興を支える意味でも、風評被害に惑わされることなく、東北沿岸部の第一次産業をここ関東の食卓から応援する気持ちには、私自身賛成です。
また実際に取り組んでいるところでもあります。

しかし、その一方では、福島産の野菜やお米と同様、太平洋側の魚介類に対しては被爆への怖い気持ちが否めず、一種、強迫観念に駆られていることも事実です。

このまま魚介類を口にすることで、我々の人体にどんな影響が及ぶのか―――、それこそ世間で取り沙汰されているように、モルモットになっている気がしてなりません。

魚への愛情はもとより、見識も高いつきじろう様のこと。この辺のことについては、無関心でいるはずがないと思われます。実際のところ、どのように考えていらっしゃるのでしょうか?

初めてのコメント投稿、ぶしつけがましい内容を長々とすみません。
当方は72年生まれの男性、7歳児の娘を持つ父親です。 

投稿: たか7 | 2012年1月12日 (木) 11時08分

さば味噌ブログの継承者として認定しますww

投稿: 旦八 | 2012年1月12日 (木) 15時34分

> 個人的に、 “大根には醤油より味噌!” という嗜好なので、
> ブリ大根 よりも、この サバ味噌&大根 のほうが美味しく感じられたりして。

これならどうかな...?
氷見ではブリ大根を味噌味でやるそうですぜ,ダンナ!

http://www.eihokaku.net/?pid=598374

投稿: 丁の目の半なり | 2012年1月12日 (木) 17時21分

◆とんかつ様、
 
 > アレもうおしまい・・?

 はい、おしまいです。昨夜は大根を煮ながらお酒を飲んで
 いましたから、できあがった頃には上機嫌・・・あとは
 ブログの短い記事を載せるだけで精一杯でした(笑

 > 柔らかくなった大根に鯖の旨みが沁み渡り・・
 
 そうですね~!
 ふろふき大根の基本レシピでは味噌ダレに味醂を混ぜる
 だけですが、なんたってサバの脂がとけこんだ味噌なら
 うまさ倍増☆です。happy02

◆sepp様、
 
 この夜は最初、ふろふき大根だけ作るつもりだったの
 ですが・・・
 味噌ダレを用意する段階になって、「そうだ、どーせなら
 サバ味噌の缶があるじゃないか!」 と。
 我ながらナイスな展開になりました。
 
 > そば焼酎とも実によく合いますよね
 
 じつは、「さば」 と 「そば」 でダジャレを考えたかったの
 ですが・・・sweat02(略

◆所∀゜)ノ様、
 
 > 猛烈な寒さの上にこんな画像を見てしまうと

 冷えこむ時には、なかなか目にしみるでしょ!?(笑
 今朝の 「高はし」 も、サバ味噌がよく売れたのでは
 ないでしょうか。
 
 しかし平日の朝は、お酒が飲めないからなぁ~☆
 
◆たか7様、
 
 コメントいただき、ありがとうございます。こちらの拙いブログが
 少しでもお役に立っているようで、嬉しいです!(笑
 
 さてさて。
 まず正直なところ、ワタシ自身の行動・選択は、結果的に
 「無関心派」 のそれに近いものになっています。
 
 つまり、前日のニュースで 「特定産地の特定産品が基準値を
 大幅超過!」、などと報じられた場合は条件反射的にそれを
 避けますが、それ以外は特に気にせず買っているし食べている
 ・・・、というものです。
 
 ただし、これは 「もしも」 の話になりますが、もしワタシ自身が
 今よりもずっと若い世代であったり、小さな子供がいたりすれば、
 今とは全く違った行動をとっている可能性もあります。
 
 最近よく放射線の危険をタバコの副流煙と比較する話がありますが、
 似たような話で考えればワタシにもわかりやすいと感じられます。
 
 つまりワタシは自分ひとりで食事をするなら、隣の席でお客さんが
 タバコを喫えば多少は迷惑に感じても、すぐに席を立つほどの
 忌避反応には至りません。
 
 しかし小さな子供を連れていたりすれば、不安を感じて何らかの
 行動をとるかもしれません。「子供のために!」、と。
 
 そして現在のワタシの生活は、介護が必要な母の世話をすることが
 中心になっています。
 つまり上記の例から言えば今、ワタシの判断基準は子供ではなく
 高齢の母にとって危険か安全か?、という点が第一です。
 
 そこで食事のための買い物と調理も大きな関心事になりますが、
 「放射線の危険は、癌と同じで高齢者ほど小さくなる」・・・と
 言われますね。
 
 このため母を中心にした食事を考えると、母が何を食べたがって
 いるか、また何を食べさせれば栄養のバランスが良いか、と
 いうことには配慮を尽くしますが、放射線のことは 「あまり
 気にしない」 という判断になります。
 むしろ直接的には、のどに詰まりやすいお餅などは放射線より
 危険です。
 
 自分自身のことを 「ぜんぜん気にしな~い☆」 という無頓着モードでは
 ないのですが、自宅では母と同じ食材を食べることになり、外食でも
 基本的には、上記の 「タバコの煙」 と同じ程度の反応であるのが
 実情です。
 
 個人的な事情による部分が大きく、決して一般的にオススメ
 できる基準だとは全く思っていませんが・・・
 とりあえずワタシ自身については、そういう状態であるとして
 ご理解願えれば幸甚です。

◆旦八様、
 
 > さば味噌ブログの継承者として
 
 いえいえ、まずは “本家” の再開復興が先決かと・・・!

◆丁の目の半なり様、
 
 > 氷見ではブリ大根を味噌味でやるそうですぜ

 なっ、なんと!!
 情報ありがとうございます。早速拝見しましたが、こりゃ
 うまそうですねぇ~♪♪♪

投稿: つきじろう | 2012年1月12日 (木) 20時37分

つきじろうさま。

こっこれは!
すばらしいです、しかも大根のほろほろなカンジが美しい写真から伝わってきます!!!!
湯煎した缶詰で合わせ技、考えも及びませんでしたが、きっときっと、いいですね〜〜〜☆♪さすがです。
こんな余裕のある晩酌にするには、やっぱりひと手間ふた手間の差が出ますね〜〜お料理する男の人は、だからカッコイイのですね。

とんかつさまの「ふむふむ・・・アレもうおしまい?」に爆笑でした><

投稿: lara | 2012年1月13日 (金) 18時03分

◆lara様、
 
 この時期、主役を張れる野菜の筆頭といえば大根!と
 言えるでしょうか。ふだんは刺身のツマや大根おろしで
 脇役に甘んじているのに、冬ともなればブリやサバを
 相手役に、堂々たる存在感です♪
 
 > 湯煎した缶詰で合わせ技、考えも及びませんでしたが、
 
 ええまあ、最初はフロフキ大根だけ作ろうと・・・(以下同文!
 
 > アレもうおしまい?」に爆笑
 
 いつも長ったらしいのをダラダラ書いてるので、たまには
 サラリ☆と・・・
 
 余談ですが、小学校の課題で 「人生があと1時間で終わる
 としたら、君は何をしたいか?」 という質問に、ある生徒が
 「ぼくは、それなら担任の○○先生の授業を受けたい」
 と答えて、先生を感激させたそうです。
 
 ただし生徒いわく、

 「いつも、永遠に続くかと思うほど退屈だから」

 そういう意味なら、人生の最後に聞きたいクラシックの曲は?
 という質問をしたら、そちらのギョーカイ関係者の議論が
 盛り上がるかもしれませんネ coldsweats01 

投稿: つきじろう | 2012年1月14日 (土) 12時06分

つきじろうさま
皆さま

あの日から、その前の日までで一変しました。

私には、成長線のある息子と、妊娠する娘がいる。のみならず母親にはともに80代の姉妹が3人いる。

酒は、弱くなった。老いていく者とこれから成長していく者と入れ替わる。我々には、そうして世代が変わるが、アイツは、煮ても焼いても、蒸しても、干してもなくならない。

ここにコメントを寄せる自分の気持ちを伝えます。

投稿: とんかつ | 2012年1月14日 (土) 23時33分

◆とんかつ様、
 
 自分以外の世代に、どう責任を持つか。自分を生んで
 くれた世代と、自分が生んでいく世代と。

 後者については恥ずかしながら、今のところワタシは
 見込みがありませんが・・・(汗
 
 > あの日から、その前の日までで一変しました。

 そのすぐ後が、大阪での母の退院日でした。
 まるで現実感のない、悪い夢をみているようなニュースの
 映像ばかりが続くなかを母の付き添いのため帰省して、
 「さあ、東京へ引っ越しの準備を始めないとね」 などと
 話していたのですが。
 
 しかし、もしかすると本当はそれどころじゃなくて
 自分こそ大阪へ避難したほうがいいんじゃないの!?
 という不安にかられていました。
 
 身内の健康問題と放射線のニュースとの、内憂外患。

 それでも気がつけば、母との東京生活が半年を過ぎて
 ブログには載せていない楽しい写真もたくさん・・・☆

投稿: つきじろう | 2012年1月15日 (日) 07時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自炊・DVD視聴メモ、ほか | トップページ | 「米花」 サワラ漬け丼、「やじ満」 中華そば、「鳥藤」 親子カレー »