« 「Bar・R」、「ラーメン二郎 神田神保町店」 夜オフ会 | トップページ | 「やじ満」 ニラ玉丼、ほか »

南青山 「海味」 再訪

「 朝の時間に、ときどき築地の場内にいらしてませんか!? 」

・・・ 世の中、似た人が多いね(笑)。 それより、この シャコ がすごい!
 
Umi2027

掲載日 「2010/11/12」 ※ 最近の過去記事は → こちら

とっても心地よい夜風の吹く、
秋の南青山 です。

「海味(うみ) 港区南青山3-2-8 三南ビル1階 【地図】 TEL 03-3401-3368
前回は夏バテでひどい状態 だったので・・・、いざ
リベンジ!

Umi2025

原則として予約は2名様以上から・・・ の、当店。
毎度お世話になっている “食べ友” の友人女性A子さん に同行願いました。

「 はいっ!、いらっしゃいませー!」

「 いらっしゃいませー!!!!!」

いやはや(汗)、ホントにミシュラン星つき店というより海鮮居酒屋と錯覚しそうなほど、元気いっぱいの声で迎えて下さるんですねー

Umi2000

おなじみの、1.タケノコ生姜。それと・・・、2.タラコ です。
これをアテに、まずはビールで乾杯。生きてて嬉しい瞬間ってコレだなぁ

Umi2001

「 まずは1つ、召し上がっていただきます!」 と、
3.一本釣りの大間産ホンマグロ(120kg級)、中トロ

上質なマグロって、個人的な体感反応として舌の付け根の右端から左端まで、一気に電気がビビッ☆、っと走るような刺激があります。これが、まさにそれ!

余談ながら12月に入ったら値段がハネ上がるので、自分で買って 「マグロ茶漬け」 などを楽しむなら今月中までだなぁ。

Umi2002

Umi2003

続いては・・・ ん?、やけに小さいベビーホタテみたいなのは 4.タイラガイ
築地・場内の仲卸でも見た記憶が無いサイズなのだけど、その細かな繊維質の食感は確かにタイラガイ。

Umi2036

「青柳の身は、塩で。ヒモは、醤油で召し上がって下さい」
ということで・・・ うーん☆、5.アオヤギ は、すがすがしい磯の香りが最高!

Umi2035

Umi2034

「 はいっ☆、アツアツです!」 と手渡される串焼きの 6.ギンナン
前回は 緑色 だったのが、しっかり秋の色になってますね~♪

そして 「 さっきのタイラガイですが、この小さいサイズだからヒモも美味しく召し上がっていただけます!」 という、7.タイラガイのヒモ

ほっくほく♪のギンナンは、前回も味わったけど・・・ やっぱり秋が最高ですね。
タイラガイのヒモは、柔らか系でありながらコリコリと楽しい食感。漬けダレがまた、酢を尖らせず、ダシの旨味で食べさせる系の美味しさでGOOD!です。


飲み物は、このへんから日本酒で・・・☆

Umi2005

Umi2006

Umi2007

ほんのり温かく、優しい柔らかさの 8.マダコ
フグより美味しい!?と思ってしまう 9.カワハギ&肝醤油
骨ごと美味しくいただける 10.マイワシ

Umi2008

思わずウイスキーを飲みたくなる、フレーバー豊かな燻し具合の 11.戻りガツオ は・・・、気仙沼産。

Umi2033

これまた驚いたのは、12.天然・岩牡蠣
品種で言えば、まるで “クマモト” のように小さいもので。

食べてみるとクリーミー系ではなく、極めて鮮烈な磯の旨味を凝縮したインパクト!
これは、すごいですね。広島県 佐賀県 の 「地図にも載っていない小さな島」 から送ってもらったものだそうです

( 訂正: すみません、広島ではなく佐賀でした! )

Dsc02519

Umi2032

今シーズンは、これは初登場になるという 13.自家製カラスミ
なんたってもう、カラスミがあるとお酒のおかわりを我慢できません。

そして 14.スミイカ。ここから “握り” に入りまーす☆
 

Umi2031

15.チダイ、好きですねぇ~♪
ヒナ鶏のような柔らかさの食感。それでいて “さすが鯛!” と思わせる旨味。
春先に食べる春子鯛としては酢締めや昆布締めで楽しむけど、こちらのようにプレーンな身を、煮切りで味わうのも秀逸☆

ここで 本日のスペシャリテ が、大皿で登場・・・☆

Dsc02524

16.千葉・館山産のクエ(地元での呼び名は「モロコ」、13kg級)
お店の大将が 「 自分が一番食べたいのが、この部分です!」 と語る、分厚い “唇” がド真ん中に。

Umi2004

Umi2030

Umi2029

これぞ、ザ・コラーゲン! 二人で争うようにして、つっつく、つっつく・・・!(笑
お皿に残ったお出汁も、残らず味わいます。

Umi2011_2

これぞ、まさに “ご馳走” と呼びたくなる、焼きたてホカホカの 17.玉子焼き
そのクリーミーな食感は、A子さんも思わず 「 これって、茶碗蒸し!?」 と(笑

ワタシと同じく彼女自身も、玉子焼きはキライじゃないけど特に食べたいと思うこともない、と思うほうなのだけど。
しかし。この玉子焼きには二人とも大感激状態・・・☆

Umi2012_3

18.江戸前のキス をいただいて、ふたたび握りコースに戻ります。

Umi2013_3

Umi2014_2

19.鹿児島産のコハダ は、柔らかく広がりのある南国風!?の締め具合。
20.江戸前コハダ は、キリッと締めていて、この仕事ぶりの対比が楽しい。

個人的には鹿児島産の趣向が気に入ったけど、もしも食べる順序が逆だったら鹿児島産のほうは焦点がボヤけた印象になったかも!?

Umi2015

21.韓国・済州島のサバ“シャッキリ & ねっとり濃厚” で、旨味最高!

ちなみにワタシ自身が築地の鮮魚店で聞いてみたところ、「 本物の済州島産のサバは流通量が少なく、“そこらの安い店” では、本物かどうかは・・・ 」 とのコメント。
無論、こちらは本物!と確信して良いかと。

Umi2016

Umi2017

Umi2019

Umi2021

22.生イクラ、23.ウニ。
24.特製タレつきアンキモ、25.大間マグロ赤身


じつを言うと、全体に “シャリが小さめ” ・・・ と感じていたのだけど。
このあたりで満腹感が押し寄せてきて、二人とも目を見合わせること、しばし(笑

Umi2020

26.サワラの炙り。・・・ サワラって、こんなにとろける食感の魚だったっけ!?

そして本日、驚愕の瞬間 となったのがコレ!

Umi2028_2

27.輪島のシャコ
かつて ヒロキエ様が、秋の当店で出されるシャコは驚異的!と述べた逸品
この、信じられないほどの肉厚っぷりがすごい!!

Dsc02554

この味は・・・ シャコのイメージではなく、ほとんどクルマエビですね。

それも一般にクルマエビは、大きくなりすぎると大味になって、寿司ネタとしてはあまり美味しくないんです。

ところが。このシャコは、やや小さめのクルマエビに特有とも言えるキメ細かな旨味を保ったまま、食べ応え満点のサイズに成長している。これはすごい。

シャコの美味しさについて、これはもう一気に印象を改めるしかない!
・・・ と思える、本当に驚愕的な味でした。
 

Umi2022_2

28.アナゴ は・・・、前回に感じたような皮のクリスピー感は弱めだったけど。
同じく前回に印象的だった “繊維質が溶けてしまって、プリンみたい!?” という独特の柔らかな食感が再び!

Umi2026

Umi2023

最後に 29.メカブの味噌汁 と、30.かんぴょう巻き で・・・、
ほっこり癒されます。

以上、じつに 30品!
さらに、飲み物は2人あわせてビール2杯と清酒7杯。

これで、2名分のお勘定は合計 44,998円。
この内容から見て、めっちゃリーズナブル!と言うべきでしょう。すごい満足度☆
タバコを喫う客が皆無という点など、銀座の寿司店より安心で良いかも・・・♪

ごちそうさまっっっ♪
 
 

|

« 「Bar・R」、「ラーメン二郎 神田神保町店」 夜オフ会 | トップページ | 「やじ満」 ニラ玉丼、ほか »

コメント

 こんばんは。
> 広島県の 「地図にも載っていない小さな島」 から送ってもらったものだそうです。
 んっ?・・私ゃ送って無いぞ!・・(^^;
 地図にも載っていない島が何処なのかはわからないけど、温暖化の影響なのか広島でもイワガキが多くなりました。この調子でいくといずれは一大産地になるかも?
 ところで、牡蠣つながりでつきじろうさんは3倍体牡蠣を食べたことがありますか?
 かなり出回っているようだけど産地広島にいながら私はまだ食べたことが無いのです。

投稿: 日美丸 | 2010年11月13日 (土) 19時23分

◆日美丸様、

 地図にも載ってない島・・・と言ったか、地図には名前も
 書かれていない島・・・と言ったか。
 たしか 「いろは島」 とか何とか聞いたような。

 牡蠣の三倍体ってのは、よく話題を見聞きしますね!
 今のところ、ワタシはそれと意識して食べた経験は無い
 ですねぇ。知らないうちに食べてるかもしれませんが。

投稿: つきじろう | 2010年11月13日 (土) 21時39分

What a great dinner!!

投稿: Asileasile | 2010年11月14日 (日) 06時34分

◆Dear Asileasile-san,

Of course I remember the time when enjoy "海味/Umi" together in the last summer.
Hope with you again...!

投稿: つきじろう/tsukijigo | 2010年11月14日 (日) 08時47分

美しい寿司の数々…眼福ですねぇ∀゚*)ノ

TOPのシャコが「ピストル大名」に見えたのは
多分私くらいですかそうですか(ダッシュ逃

投稿: 所∀゚)ノ | 2010年11月17日 (水) 18時20分

◆所∀゜)ノ様、
 
 ピ、ピストル大名!?
 
 知らなかったので、思わず画像検索しました。
 
 ええキャラや・・・☆

投稿: つきじろう | 2010年11月17日 (水) 21時02分

やはり、写真の岩牡蠣は佐賀県いろは島の物
だそうです。海味に行った時に聞いてみました。
いろは島=伊万里湾に浮かぶ大小48の島々の
総称、とありますね。

私も岩牡蠣はじめ沢山の魚介、お鮨で大満足の
一夜を堪能しました。

投稿: FUNKY | 2010年11月22日 (月) 12時00分

◆FUNKY様、
 
 あたっ・・・☆
 すみません、広島ではなく佐賀でしたか。ただいま訂正
 いたしました。
 
 ご指摘ありがとうございます!

投稿: つきじろう | 2010年11月22日 (月) 12時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「Bar・R」、「ラーメン二郎 神田神保町店」 夜オフ会 | トップページ | 「やじ満」 ニラ玉丼、ほか »