« 「江戸川」 深川丼、「やじ満」 チャーシューメン | トップページ | “まるごと青森”、ラーメン二郎・三田本店へ! »

「青森のフルーツと野菜」 試食会

まるごと青森三田へ!
※ 「とことん青森」も、また表参道に来るよ~♪
( 参考→ 昨年のルポ

Afv002

掲載日 「2010/09/29」 ※最近の過去記事は → こちら

ようやく夜風も涼しくなって、ホッとしたところへ・・・ 嬉しいお誘いをいただきました。

Afv020

Afv021

「まるごと青森」 の、kuu様・ハッピーハンド様をはじめ、スタッフの皆様が企画して下さったイベント、「青森のフルーツと野菜」試食会♪

会場はこちら、アンチエイジングレストラン 「CAFE Rire (リール)

Afv019

Afv022

Afv025

今宵お世話になるのは、当店オーナーシェフの 堀 知佐子氏 と・・・、
そのダンナさま♪、「ル・ヴェルデュリエ」 オーナーシェフの 小林 浩一 氏

「 じつは私自身は京懐石(料亭『菊乃井』で修行したのですが、青森といえば、日本料理界ではトップクラスの方々が多いんです。
青森は、食材の豊かさと共に料理人のイマジネーションもひろげてくれる土地なのだと思います」 ・・・と、堀シェフ。( ← 終了時のご挨拶で )

それでは早速、いただきましょう~☆

Afv013

Afv015

4点盛りの前菜 は・・・

(写真上・右) まず、いきなり 「カブだ、これカブだよ!」 と、当たり前のはずなのに驚きの声があがったほど風味濃厚な 蕪のムース

Afv017

色とりどりの鮮やかさで目をひく 彩りトマトのパルフェ は、それぞれのトマトが酸味も甘味も個性的なので、これひとつでフルーツポンチ状態!?というイメージ。

Afv014

Afv016

洋梨と鴨の軽いスモークのサラダ は、バルバリー種の鴨だそうで・・・
それをなんと、青森から精肉状態で仕入れてから、当店で 燻製&生ハム の2種類に仕上げました、とのこと。
どちらも活き活きしたフレッシュ感があって、しかも強いコク!・・・ うまいねぇ。

Afv012

そして圧巻☆、
青森シャモロックとフォアグラ黒ニンニクのバロティーヌサラダ添え
しっとり柔らかでキメ細かな食感に仕上がったシャモロック。
内側のフォアグラは、おちついた優しい甘さ。( 当然、アブラっこさは無し )

それだけでも十分に 「上品で美味しいシャモロック料理」 として完成できるのに。
そこに、ドーンと投入された爆弾!って感じの 黒ニンニク

静と動というか、陶酔と興奮というか、味覚のメリハリ が効きまくりですね。
この食材でイマジネーションを刺激された職人の仕事!ってのを痛感できました。
 

Afv009

続いては・・・、 ん?、なんだコレ?と思えるデミタスカップの、緑色の液体
ソラ豆かホウレン草のポタージュかなぁ、と思いきや。

なんとも上手に 香草でソフィスティケート された、ニンニクのスープ
内容は ホワイトロッペン+ブイヨン+イタリアンパセリ、だそうです。

これ、もしかすると前菜よりも前に、いちばん最初に出してみればインパクト最高!だと思うなぁ・・・。

しかしやっぱりニンニクだけに、最初に味わってしまうと、あとの味覚に影響するだろうから、やっぱり2番手が賢明かな。
ともあれ、それほど強烈な存在感があるウマさでした。
 

Afv011

Afv024

・・・ で、舌も胃袋も火照ってきたところで、青森の 下北ワイン を。

抜栓してすぐに飲んでみると、かすかに微発泡感あり。
“フルーティーで、しかも魚貝類にも合う!” という謳い文句は、確かにそうだろうと思えるもの。うまし☆


さて。いよいよメインの登場・・・♪

Afv008

イベントのお題目としては 「フルーツと野菜」 だけど、
さきほどのシャモロックと同様、しっかり “お肉” も主張してますね!

奥入瀬ガーリックポークのアールグレー蒸しのソテー
アピオス初雪茸(白なめこ) を添えて

Afv007

このポークは2段構えになっていて、上段 は見た目のとおりスッキリ赤身。

そして 下段 は、やや脂身もある状態からアールグレイ紅茶の香りを含ませつつ煮込んで、それをさらに焼いて仕上げにバルサミコソースを加えたもの。

Afv006

うーむむ。 卑近な連想で恐縮ながら(汗)、これは
“バルサミコソースで仕上げた極上の角煮”!、ってなイメージだねー。

秋の味覚らしい キノコ の香りと、小さな芋・・・ というより ムカゴ に近いホクホク感と甘さのある アピオス
味と、香りと、食感が、どれも小憎らしいほど素敵なコンビネーション ですってば。

Afv010

Afv005

当店自慢のパンの助けをかりて、ソースを1滴も残せない!ってのは当然です♪

さてさて。

美味しさに陶然・・・ というか、それもあるけど例によって “夜に弱い” ワタシ。
そろそろ意識が薄れ始めてきたので、こりゃヤバイ(汗

デザート は、ひとまず写真を並べることにして・・・

Afv004

Afv002_2

メロンのスープ、ハーブのブラマンジェ、
昔風りんごのタルトと “がまみずりんご” ヨーグルトのシャーベット添え、
カシスのムースとプルーンのスチューベンコンポート(キュイソンをジュレに)。

Afv003

「 ポリフェノールもアントシアニンも、カリウムも豊富ですね♪ 」 と、堀シェフ。
ええ、もちろん美味しかったですよ~!

Afv001


青森の食材の魅力、またもや垣間見せていただきました。
お世話になった皆様、誠にありがとうございました。
そして心から、ごちそうさまっっっ♪


【 ご一緒させていただいた皆様 】( 順不同、皆様のコピペ利用も歓迎♪ )
「ICYDOG」 icydog様、
「赤・黒・黄色のひとりごと」 kon-kon様、
「新・小町家の食卓」 小町様、
「魔法の食事」 まるこ様、

「男のスイーツ」 スイーツ番長様、
「ベジアナあゆ☆の野菜はトモダチ」 小谷あゆみ様、
「華麗叫子の胃袋は偉大なコスモ」 華麗叫子様、
「ひるどき日本ランチ日記」 takapu様、
「日本食べある記」 ぶれいぶ様、
「至幸のいっぴん」 abuyasu様、
「東京のむのむ」 のむのむ様


※ なお、恐縮ですが当ブログでは現在、個人的事情により画面サイドバーへのリンクを増やしにくい状態です。
このため “記事内リンクのみ” にて、ご容赦下さいませ・・・☆



★ 嬉しいおみやげ! ★

P1120163_2

前菜にも登場した、「まごころ農場」 謹製トマトの・・・ トマトジュース!

Afv023

 

|

« 「江戸川」 深川丼、「やじ満」 チャーシューメン | トップページ | “まるごと青森”、ラーメン二郎・三田本店へ! »

コメント

先程はありがとうございました(^^)

っていうか、早っ!早すぎですって!!
かつ、内容がすばらし過ぎです!
後から書く身にもなってください(笑

投稿: abuyasu | 2010年9月30日 (木) 00時29分

今日はありがとうございました。

ようやく、青森の真価のダイジェストの導入部の冒頭を感じていただけたようで何よりです。

30日後、再び表参道でお会いしましょう。

投稿: takapu | 2010年9月30日 (木) 01時05分

先ほどはありがとうございました。
相変わらず、早いUP。
後から書く身ですが、ありがとうございまーす(笑)

投稿: のむのむ | 2010年9月30日 (木) 04時42分

◆abuyasu様、
 
 どもですー☆、こちらこそお久しぶりにご一緒できて
 嬉しゅうございました!
 
 > っていうか、早っ!
 
 えーと、別の友人は、同じ意味のことを
 「おまえ、よっぽどヒマなんだなー」
 ・・・と、的確に表現してましたが(汗

◆takapu様、
 
 青森からのビッグウェーブの大いなる序章、今年も
 いよいよ来たか!!という感じでしたね。
 
 おかげさまでココロときめく夜でした~♪

◆のむのむ様、
 
 この夏は、例年になく「のむ追い」の多いシーズンに
 なりましたー☆
 
 もうちょっと席が近ければ、いろいろお聞きしたかったの
 ですが・・・また機会をみてヨロシクです!

投稿: つきじろう | 2010年9月30日 (木) 09時01分

昨日はありがとうございました。ミニトマトのフルーツポンチとは的確な表現ですね。
そして、今日も珍しいところに連れていっていただきありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします♪

投稿: Kuu@まるごと青森 | 2010年9月30日 (木) 12時47分

つきじろうさま。

このメニューのニンニクの使いっぷりは、二郎にも負けないくらいですね!!
「アールグレイ豚肉」美味しそう〜

投稿: lara | 2010年9月30日 (木) 17時11分

◆Kuu@まるごと青森様、
 
 おかげさまで今回も、たいへん美味しくて楽しくて、しかも
 ためになる!青森のグルメ探訪を満喫させていただきました。
 誠にありがとうございます☆
 
 “続き” のほうも、このあと記事を載せますネ!

◆lara様、
 
 青森のニンニクは、まさに世界に誇れる美味しさです♪
 
 で・・・やはりニンニクと言えば二郎!!

 ・・・今回の会場、港区の三田にあるカフェなんですよ。
 んで、二郎の本店も三田・・・

 気になる?、気になるでしょ?
 というわけで、“続き” をぜひ☆

投稿: つきじろう | 2010年9月30日 (木) 18時39分

つきじろうさま☆

丁寧なリポート、感服いたしますぅ~~~♪

まるごと青森野菜、フルーツ、お肉、黒ニンニク!すごかったですね~

リンクまでありがとう!

投稿: べジアナ☆小谷あゆみ | 2010年10月 1日 (金) 12時06分

◆ベジアナ☆小谷あゆみ様、
 
 またお目にかかれて、大変うれしゅうございました~♪

 参加者のブログ記事、小谷様が当日の午後11時ごろで最速
 でしたね!
 ワタシは、それより1時間ちょっと遅れて12時半ごろでした。

 それにしても青森の食材、つくづく素晴らしいですね。
 特に、あのバロティーヌ・・・

 青森シャモロックとフォアグラの肉料理かと思いきや、
 じつは本当の主役は黒ニンニク!!
 
 すっごいインパクトでしたっっっ☆ 

投稿: つきじろう | 2010年10月 1日 (金) 13時09分

こんばんは~☆
早い上に、詳細な素晴らしいリポート☆
感動しました。
つきじろうさんのブログを見たら
「そうだ 青森 食べよう」と、JR東海風の
気分になりました。

投稿: 小町 | 2010年10月 2日 (土) 00時02分

◆小町様、
 
 当夜の興奮が冷めぬうちに・・と、ちょっと急いで記事を
 書いてしまいました。
 お誉めの言葉、ありがとうございます♪
 
 小町様のブログは、ご自身での素敵なお料理もいっぱい
 ですね!
 どれも美味しそうで、ちょっとマネできるかな!?と思わず
 挑戦したくなります。
 ああ、スイカの季節が終わってしまったのが残念・・・(笑

投稿: つきじろう | 2010年10月 2日 (土) 07時05分

先日はおつかれさまでした。いや、美味しかったです。
黒にんにくは衝撃的でした!
素晴しいレポート拝読させていただきました。
また機会があればよろしくお願いします。

投稿: kon-kon | 2010年10月 3日 (日) 23時44分

◆kon-kon様、
 
 はい、まさに美味しい衝撃の連続!って感じでしたね。
 ニンニク好きのワタシなどにとっては、パロディーヌと
 緑のニンニクスープには嬉しすぎる逸品で・・・☆
 
 kon-kon様のルポも、さらに別視点なので興味シンシンで
 拝読しました。
 また機会をみて、こちらこそヨロシクお願いしま~す♪

投稿: つきじろう | 2010年10月 4日 (月) 06時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「江戸川」 深川丼、「やじ満」 チャーシューメン | トップページ | “まるごと青森”、ラーメン二郎・三田本店へ! »