« 「ラーメン二郎」 三田本店、築地市場お買物メモ | トップページ | 「天房」 野菜天丼、ゴーヤ天、まぐろなかおち »

自炊メモ: 冷やし鮎ラーメン、鮎パスタ、ほか

前菜・・・☆

P1090702

メイン・・・♪

P1090714

デザート・・・ wink

P1090722

掲載日 「2010/08/08」 ※最近の過去記事は → こちら

えーと、昨日の 天然アユ の続きですね。

ぴかぴかのお魚が冷蔵庫に入ってる、と思うだけでシアワセな気分に・・・♪

P1090621

今回は、かむ様の記事 で美味しそう~!と思えた
“アユの一夜干し” を。
8尾のうち4尾を、背開きにします。

P1090642_2

左下のアユは、おなかの部分が茶色っぽくなってますね。
これは背開きにするとき、内臓の苦い部分(胆嚢とか)を破って失敗するんだなぁ。

P1090644

失敗率、多いかも(汗
ともあれ濃度10%ほどの食塩水に漬けて、30分ほど。
これを冷蔵庫に入れて、一晩寝かせます・・・ night

P1090647

んで、翌朝・・・ sun

P1090653

こんな感じで、とりあえず完成♪ ( あ、“血合い” が残りすぎ・・・ )

P1090683

あと、冷凍庫にストックしてあった食材がありまして・・・

P1090668

ハモの会 で参加者に配られた、徳島の活ハモ!
身は骨切りして、残った骨でとったダシはタッパーで、冷凍保存しておいたもの。

P1090684

P1090690

解凍して・・・、身の一部は “牡丹鱧” の要領で薄く片栗粉をつけてからお湯をくぐらせ、冷水で締めます。

P1090677

P1090687

「長崎漁連」 の サザエ と、「魚河岸野郎」 の ホタテ粕漬け は・・・
串に刺して、醤油・みりん・酒の漬けダレに。

P1090688_2

アユの塩焼きに、この串焼き、それに上記のハモで 前菜もりあわせ~♪

P1090694_2

お昼のビールがすすみますなぁ。もちろん冷酒も・・・!

P1090705

いい気持ちになってきたところで・・・ 次の一品、アユらーめん。
冷た~い ハモのダシ に、市販の中華麺、そして アユの一夜干し

P1090709

まだ凍ったままのスープも入れて、冷え冷えキープ!

P1090716

以前、ラーメン界の大御所 に紹介された “鮎ラーメン” もありましたが・・・
リンク先の記事写真を見ると、もうちょっとアユが欲しいかなぁ、と。

たとえば、このくらい(笑

P1090711

 
さて、かなりビールの酔いもまわってきたところで・・・ もうひとつ☆
同じくアユの一夜干しを焼いて、頭と骨をとり除きます。

P1090717

さっきのハモの残りも焼いて・・・ アユとハモのトマトソース・パスタ
ちなみにトマトソースは市販品で、お手軽に☆

P1090723

自分で作ってみると、いろいろ気がつくこともあって勉強になりますねー。
でも酔っぱらい状態で作ってるから、あとで憶えてないかもしれませんが coldsweats01

P1090724_2

ともあれ、なかなか美味しかったです。 ごちそうさまっっっ♪
 
 

|

« 「ラーメン二郎」 三田本店、築地市場お買物メモ | トップページ | 「天房」 野菜天丼、ゴーヤ天、まぐろなかおち »

コメント

つきじろうさま!

遊びごころのつまった
お料理に感動いたしました!!
ほんとうにほんとうに

鮎の一夜干し塩分濃度10%は
正解だったのではないっでしょうか
わたしのは少し控えめでした
閉じて焼かれたのでしょうか
それならさらに正解です

冷酒は何を召し上がったのでしょうか
関心のあるところです♪

投稿: かむ | 2010年8月 8日 (日) 18時53分

天然鮎!!、旨そうです。あの香りがなんとも言えないんですよ、懐かしいです。

投稿: Jin | 2010年8月 8日 (日) 19時18分

天然アユ…素晴らしい響きです。
僕は「洗い」にして食べました。釣りについていった時、本当は塩焼きが良いんですけど「ありきたり」なので冷たい川の冷たい清流で洗いにしました。肝の部分はサッと湯がいてから同じように川の冷たい清流で冷やして辛子酢味噌で食べました。それ以来、塩焼きと並ぶ程、ウチの定番になりました。今度やってみて下さい。おススメです。

投稿: 天氷 | 2010年8月 8日 (日) 20時45分

◆かむ様、
 
 いや~、遊び心というより今回は冷蔵庫と冷凍庫の
 残り物も始末しなきゃ・・・という、苦しまぎれの
 発想もちらほら(汗
 
 アユの塩加減、10パーセントってのはネット検索の
 情報も参考にしました。
 小さめのアユなら7~8パーセントで20分も漬ければ
 良いそうですが、今回のは少し大きめのサイズだった
 ので、ちょいと長めってことで30分に。
 仕上がりは、まあ悪くないと思いましたよ。
 
 あ、ちなみに焼くときは開いたまま焼きました。骨まで
 食べられるといいなぁと思って。
 ただし川魚は、開いたまま焼くと身がパサつきやすい
 ですから、繊細な味を損なわない程度にサラダ油でも
 塗ってから焼くのも良いかなぁ、などと考えてます。
 
 それと・・・お酒は、例によって「特に個性は無いけど
 飲みやすい」ワタシの定番、純米吟醸「玉乃光」でした☆
 
◆Jin様、
 
 > 天然鮎!!、旨そうです。あの香りがなんとも
 
 たしかに、独特のデリケートな風味がありますよね。
 この味を楽しむなら、やはり単純きわまる塩焼きが
 一番かなぁと思います。

 じつは今回、8尾を買ったのですが自分で食べるつもり
 だったのは半分だけで、ブログにも書かずに終わりの
 予定でした。塩焼きでビールを飲むだけなら、べつに
 珍しくもないので(笑
 
 ところが、残り半分を「おすそ分け」するお仲間に
 会えなかったので、ぜんぶ自分で・・・とはいえ、
 塩焼きばっかりでは飽きるので、少し違う食べ方も
 してみようかなと。
 
 「たしか、鮎ラーメンってのが・・・へぇ、一夜干しの
 アユを使うのか。そういえば、かむ様が一夜干しを
 自作なさっていたなぁ。あと、ラーメンのダシをアユで
 とれるかな・・・?、そういえばハモのダシが冷凍庫に
 あるじゃないか!」 という流れでした☆

◆天氷様、
 
 おお、なんと。アユの「洗い」ですか!
 それこそ釣りたての鮮度最高のアユなら夢の贅沢と
 言えるでしょうね。うらやましい~☆
 
 同じく釣りたての生食ならば「背ごし」なども、話に
 聞くだけで実際に食べた経験の無いワタシ。
 
 夏の渓流釣り。その情景を想像するだけでワクワク
 してきます・・・♪
 

投稿: つきじろう | 2010年8月 8日 (日) 20時51分

つきじろうさま

今朝は朝から雨で、つきじろうさまはほっと一息かしら

7日に私も築地でお買いもの♪♪

ブクブクの時鮭を下しているところに遭遇・・・「頭頂戴」・・残念そうなお顔。(食べたかったのかな)

ビシビシに塩がきいていましたが、焼くと発煙、発火しました。目の周りから下顎、ほっぺた上鰐から頭頂にかけての氷頭のところ・・・頭の半分は(具)になりました。

・・・一口味見・・むむ。
・・・あと一口・・むむ・・しょっぺー・・

鮎のひもの・当然お茶漬けになると思ったら、ラーメン&パスタ。

頭のはんぶんの(具)はつきじろうさま垂延の鮭茶漬けの具です。水としょっぱい鮭茶漬けで暑さをふっ飛ばしましょう。
(ただし両手が時鮭の油まみれになっても平気な方しかたべれません)♪♪

しんイカ×15・・・・下す手間は同じ・食べるの5分
来年までいいや。記事とずれていますが、(塩干つながりとお買いものということでお許しを・・・)

投稿: とんかつ | 2010年8月 9日 (月) 08時19分

◆とんかつ様、

 今朝は本当に涼しくて助かりましたね!

 さっそくワタシも築地へ出撃・・・と言いたいのですが
 週末に自炊ネタをやると、休み明けは、残った材料の
 「始末」をするために、せっせと自炊のオマケがつくん
 ですよねぇ・・・(汗

 ともあれ7日は、とんかつ様も築地でお買い物でしたか。
 時鮭のアタマ・・・うーん、“通” 好み!って感じで
 素敵な一品ですよね!
 しかし「燃えるような塩辛さ」ってのは聞いたことが
 ありますけど、本当に燃えるってどうよ!?と(笑

 > 鮎のひもの・当然お茶漬けになると思ったら
 
 そうそう。「アユ茶漬け」って、ワタシも考えたのですが。
 しかし、焼き魚系ってのは・・・どうも個人的にはイマイチ
 お茶漬けには合わない気がして。
 
 アユと似たお魚では、琵琶湖のニゴロブナを使った鮒寿司は
 とびきり高級なお茶漬けになるそうですね。
 いっそ、アユも鮒寿司みたいに発酵させたらどうだろう!?
 ・・・なんて、今ちょっと思いつきました☆

投稿: つきじろう | 2010年8月 9日 (月) 20時36分

す。。。すばらしいです!

しずりん
鮎ラーメンというと岐阜のここ↓
http://ameblo.jp/ishigamihideyuki/entry-10441520255.html
しかしりませんでしたが
絶対つきじろうさんの方が美味しい
気がする。

是非一度食べさせてくださ~いwink

投稿: しずりん | 2010年8月10日 (火) 00時17分

◆しずりん様、
 
 わあ!、いつもながら唐突な登場で・・・☆

 > 絶対つきじろうさんの方が美味しい
 
 ありがとうございます。でも 「アユらーめん」 と言いつつ
 ハモの出汁(ハモ+玉ねぎ+ニラ+昆布少々)を使う
 という時点で反則という気もしますが・・・☆

 ところでさっき、しずりん様が夢に出てきましたよ・・・

 ふと夜中に目がさめてコメントチェックしたら 「あ、
 しずりん様がコメント書いてくれたんだぁ」 と。
 それからまた寝たんですけど、そしたら明け方の夢に
 出たんですよ、しずりん様が。
 
 でっかい素焼きの壺があって、しずりん様がそれに
 女の人の絵を描いてくれて、なぜか 「みんな名古屋に
 行くんだねぇ」 なんていう会話をして・・・

 さっき起きたんですけど、すごく疲れたような朝です(汗

 えーと、まあそれは別として・・・しずりん様もついに
 ご自身のサイトをオープンなさったのですね!
 (って、これツイッターですか?)

 盆踊りの屋台で「ビールが少ないぞぉ!」と騒ぐあたり、
 いかにもと言うか何と言うか・・・(滝汗

 しなだれたヒマワリみたいな今朝のワタシですが・・・
 とりあえずリンクさせていただきましたっっっ☆ 

投稿: つきじろう | 2010年8月10日 (火) 05時34分

つきじろうさん、
素晴らしい自炊料理ですね〜!
さすが!!
もしかして、前菜の盛り合わせのお皿って、
武内立爾さんの作品では?ないですか。
すごく雰囲気が似ているので・・。
16日から青山のべにや民芸店さんで
個展開催されます。特に16日はオープニング
パーティを行いますので、是非、
いらっしゃってくださねい〜、料理担当します!

投稿: jasmin | 2010年8月11日 (水) 10時15分

◆jasmin様、
 
 お褒めの言葉、ありがとうございます!
 しかしまあ、jasmin様のプロの仕事にくらべれば
 せいぜい、ご愛嬌と申し上げるしか・・・(笑

 > 前菜の盛り合わせのお皿って、
 
 そうです。まさに!
 http://tsukijigo.cocolog-nifty.com/blog/2008/08/post_7acb.html
 http://tsukijigo.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/post-cdc9.html

投稿: つきじろう | 2010年8月11日 (水) 21時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「ラーメン二郎」 三田本店、築地市場お買物メモ | トップページ | 「天房」 野菜天丼、ゴーヤ天、まぐろなかおち »