« 「ラーメン二郎 三田本店」、「築地 ふく竹 本店」 | トップページ | 土曜、買い物+食事メモ »

番外: 浜松町「本濱」

☆ 余談追記: 「デイリーポータル」様で見かけた、ウイスキーの飲み方トリビア。
“ハイボールがうまいと思っていたが、ホッピーで割ったほうがもっとうまい”
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

さてさて。
こちら、お料理は美味しいのですが・・・!(汗

P1060899

訪問日 「2010/03/04」 ※最近の過去記事は → こちら

職場近くの大門・浜松町エリアで美味しいという評判のお店を探して、こちらへ。
例によって 職場の友人女性 に同行をお願いしました☆

P1060947

調べてきた 地図 によれば、このあたり・・・ 去年訪問した 「ステーキハウス 梶」 の近くなのだけど。・・・あれ?、店名が違いますね。

冷たい雨が降りはじめる中、ぐるっと周囲を一周して戻ってきて、おかしいなぁと闇のなかに目をこらしてみると・・・

P1060948

あったー!、さっきのお店の隣じゃん。
店頭照明が無く、なんというステルスモードの隠れ家であることか(笑

「本濱」 東京都港区浜松町1-20-5、電話 (03)3437-1474

P1060939

適度に小じんまりしたお店で、客席は2人がけのテーブルを人数にあわせて組み合わせるスタイル。この夜は我々も含めて2人連れの客が3組、4人連れが1組、そして7人の宴会グループ客が1組(補助席1含む)で満席に。

ブロガーにとって嬉しいのは、店内照明が自然な色合いのため写真の色補正が不要なこと。
それと、特に禁煙のアピールは無かったけど仕事帰りのサラリーマン客が多いお店なのに誰もタバコを吸わなかったことも好印象でしたねー。

P1060896

P1060937_2

とりあえずのビールで乾杯して、今宵のスタート。
今回は1人8,000円のコースをお願いしてみました。

P1060897

前菜は、セイコガニ
今年初めてお目にかかるホタルイカと菜の花が、春の風情でステキ♪
ホタルイカの味付けが決して醤油臭くなく、さわやかな海の香りをそのまま残したような薄味だったのが特に好印象。

P1060898

なお、盛り上がりの見栄えをアップするため?、カニ肉の下にはカブの千枚付けがちょっと厚めに敷かれてました(笑

P1060902

続いての椀物は、ハマグリ

P1060904

ふたを開けると立ちのぼる三つ葉の香りが、たまらんですね!
しみじみ温かいダシの、滋味深いこと。それに何といっても、ハマグリの熱の通し加減が絶妙で、柔らかな身と、その周囲の弾力のある部分の取り合わせが最適な状態で仕上がってます。

ちなみにハマグリの産地を聞いてみたところ、「これは築地からです」 と(笑

ともあれ、この時点で我々ふたりとも 「来て良かったね!」 と、目をキラキラ☆

P1060907

・・・ だったのですが・・・(汗

写真の Exifデータ でも確認できますが、ハマグリの登場が18時54分ごろ。
コレを二人とも食べ終わったのが、19時02分ごろ。

そのあと、次の一品が出るまでの空白の待ち時間が長かった。 (+_+ ;

美味しい前菜のおかげで 「さあ食べるぞ~!」 と、食欲に火がついた状態 のまま、30分以上の “おあずけ” ってのは・・・ 罰ゲームに近いです。

P1060909

たわいもない雑談で間を持たせようとするのですが、いかんせん胃袋の不満が会話を途切れさせがちで。

見れば、周囲のテーブルもすべて同じ状況。
・・・宴会グループのほうだけは早めに進んでるかな。

会話の接ぎ穂が途切れるたびに、顔を見合わせて
「 まだかな・・・ 」
「 おなかへったね・・・  」
「 ちょっと寒くなってきたね・・・ 」
と、同じやりとりを2度、3度と繰り返す我々。
これがデートなら、こんな会話になった時点でアウトかなと(汗

厨房に催促してもらおうかと迷ったけど、スタッフを呼び止めればそれだけ仕事が遅れると思われるため、じっと我慢。

あとでネットのクチコミ情報を見たところ、特にサービスの遅れについての指摘は見当たらないので、今回たまたま運悪く、何か厨房で問題があったのかもしれません。

そして 19時40分・・・ ってことは 38分待ち で、待望の次の一品が。

P1060910

トラフグ の刺身、湯引き、煮こごりの盛り合わせ。

P1060914

「 すぐに煮こごりが溶けてしまうので、まず煮こごりから召し上がって下さいね 」
というスタッフのアドバイスに従って、さあ食べよう!としたとたん・・・

「 いま、鯛の塩釜が出ますのでテーブルの中央を空けて下さいね 」
わっ!、もう来たよ☆

P1060916

来ました。19時42分です。
・・・ってことは、トラフグのお皿は2分で食べろと(略

P1060917

P1060918

しかし、この マダイ の塩釜焼き
ボリューム満点で味も素晴らしかった!

P1060924

つい、「 美味しいですね。待った甲斐がありました 」 と言ってしまったけど・・・
イヤミに聞こえたらごめん(汗

P1060929

キメ細かく柔らかでジューシーな身質が最高。
当店の塩釜焼きは昆布で包むのではなく大根の薄切りを使うのが流儀だそうで、なるほど昆布の、場合によっては押し付けがましいような味に邪魔されることなく、鯛そのものの味を堪能する方法としては正しいと思えますネ。

P1060930

ただし今回のは、下側になっていた半身は大根の重ね方が薄かったのか、かなり塩味が強すぎる部分もあったかと。

P1060931_2

お造りは、写真の左手奥から時計まわりに ブリ、イトヨリ、ハタ、メジナ
いずれも美味しく、ネタの良さには満足。

例によってメジナはすっきりしたハマチ?のような “わかりやすい美味しさ”。
イトヨリは軽く酢で締めてあり、ハタは種類を聞かなかったけど軽く炙ってます。

当店のお造りは、一味唐辛子を振って提供するのが流儀らしいですねー。
( ※ 誤解を招きやすい表現があったので削除しました。申し訳ありません。)

P1060934

P1060936

P1060941

P1060944

P1060946

あとは カワハギ(肝付き)とタケノコ、ワカメのあんかけ。
(なかなか肉厚で良いワカメを使ってましたよ)

フグぞうすい。
(“うぐいす” と呼ばれる身の部分が大きくて美味しい。ただし一緒に添えられたお新香は塩味が極度に薄く、我々ふたりとも醤油をかけたいと思ったけど卓上にある調味料は一味唐辛子だけ・・・)

デザート。
(牛乳と玄米茶で作ったゼリーに、愛媛産の“はるか”と“せとか”という品種のかんきつ類)
 
聞けば、ご主人の出身地が愛媛県。その地元のご縁を通じて、魚貝類や果物も仕入れているのだとか。( すべての食材ではなく、築地で仕入れる割合も多いけど )


開始から終了まで3時間ほど。コース全体のボリュームとしては1時間半から2時間弱が適切なレベル。
空白の “おあずけタイム” には本当に参ってしまい残念だったけど、いつもはもっとスムーズに進行するのだろう・・・ と思いたいですね。

ともあれお料理は美味しかったです。ごちそうさまっっっ♪


※ スムーズだった例と思われる、まいたーん様のルポは こちらこちら
  元様のルポも、こちら に。
 
 

|

« 「ラーメン二郎 三田本店」、「築地 ふく竹 本店」 | トップページ | 土曜、買い物+食事メモ »

コメント

オーストリアなら有り得る40分待ち、純粋に忘れているのがオーストリア流(笑)、日本では珍しい展開ですね。オーストリアでは言わないと大変な時も・・・

しかもその後の2分間隔山手線通勤時間状態も(笑)。

塩釜に大根なんですね。たしかに強い主張がなくて良い感じ、一味唐辛子の掛ったものは初めてみましたが、そういうものもあるんですね。

つきじろうさんのブログにしては、割と珍しい展開、他の方のスムーズな日も拝見します。

投稿: sepp | 2010年3月 5日 (金) 17時19分

思い出せば、初回訪れた時に前菜と次の料理との間に
少し“間”があったような・・・。
さすがに30分以上ではなかったと思うのですが、
ちょうど空腹を抱えて行った時だったので
「おなか空いたね」
と何度か言ってしまった気がします。

でも、会社の先輩が行ったときは同様の報告はなかったので、
必ずしも毎回のことではないかと・・・。

でも真鯛のボリュームには嬉しくなりますね♪

投稿: まいたーん | 2010年3月 5日 (金) 19時08分

◆sepp様、
 
 ちょうど先日、どこかの国で「何分までの遅れなら
 許せますか?」などと乗客にアンケートする鉄道が
 ・・・という記事を拝見したばかりでしたから、
 妙にタイムリーかなと(笑
 http://salzburger.exblog.jp/13855717/
 
 > 一味唐辛子の掛ったものは初めてみましたが

 一味唐辛子だけでなく、少量の醤油で溶いたワサビが
 載って、さらに小鉢で添えられた味付け用のタレは
 ショウガ入りのレモン醤油・・・と、いささか味付けが
 過剰な印象でしたね。

 せっかく良いネタを使っているのだから、お刺身自体は
 プレーンな状態で出して、調味料は好みに応じて使える
 ように、別添えにしてくれるほうが個人的には嬉しいのですが。
 
 あ、ちなみに客席の卓上には一味唐辛子の容器があり、
 好きなように使えます。わざわざ厨房で振らなくても
 良いような気もするんですけどねぇ・・・☆
 
 逆に、当店のお料理全般では非常に薄味が多いため、
 基本的に薄味が好みであるはずの我々ふたりでさえ
 途中で何度か「どうしてテーブルに醤油が無いの?」と
 かなり意見一致する場面が(汗

◆まいたーん様、
 
 > 必ずしも毎回のことではないかと・・・
 
 もちろん、ワタシもそう思います。そうでなかったら
 クチコミ情報サイトに必ず書かれてるはずなので(笑
 
 タイの塩釜焼きは、ほんとに美味しかったですね!
 ボリュームも満点で、「これって普通の2人前には
 多すぎない!?」と思ったのに、あまりの味の良さで
 あっという間に食べ尽くしてしまいました♪

投稿: つきじろう | 2010年3月 5日 (金) 21時05分

とっても綺麗で食欲をそそる前菜ですねっ
デザートがまたひとひねりあって、嬉しいお店ですね

今居るところは地中海沿いなので
幸い美味しいお魚も食べているのですが
そもそもお魚には詳しくないので
日本語でなんていう名前なのかが
わからないものばかりです・・
そのうちUPしますので、そのときは教えてください

投稿: LiLi | 2010年3月 6日 (土) 05時25分

◆LiLi様、
 
 > とっても綺麗で食欲をそそる前菜ですねっ

 築地のお店だと “ネタで勝負!” って無造作にドドンと
 ボリューム自慢のビジュアルが多かったりしますけど、
 やはりビジネス街のほうに寄ると “料理人の腕” で
 いろいろ手を加えた演出で楽しませるお店になるなぁ、と。
 
 ところで、そちらは地中海沿いに滞在中ですか!
 いまのうちに、新鮮な海の幸をたっぷりお楽しみあれ☆
 LiLi様のブログ記事、楽しみにしてま~す♪

投稿: つきじろう | 2010年3月 6日 (土) 08時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「ラーメン二郎 三田本店」、「築地 ふく竹 本店」 | トップページ | 土曜、買い物+食事メモ »