« 番外: 「江戸の味わい祭り」イベント、浅草「文殊そば」・「中華そば つし馬」 | トップページ | 「喫茶 小松」 やきそば、ピザトースト »

「かとう」 まかじき刺身、たらどうふ

さて今朝は・・・ 魚河岸3秒クッキング☆ ( ← おおげさ )
 
P1050794

ううっ☆、背後から おねーさんの視線 を感じる・・・(汗

訪問日 「2010/01/26」 ※最近の過去記事は → こちら

てなわけで 神崎様 の後追いで、今朝はこちらへ。

P1050801

P1050799  和食・定食 かとう」
 中央区築地5-2-1 (8号館)
 電話:03-3547-6703
 営業時間:04:30~13:30
 休業日:日曜・祝日・休市日

P1050780_2

銚子産 “生” まかじき刺身(定食1,600円)、たらどうふ(単品1,050円)

P1050784

手前側、赤身主体となる部分は・・・、

おー☆、はっきりと、マグロに近いような酸味がありますね。
キメ細かくサシも入ってるけど、身質は歯ごたえが比較的強め。

P1050796

それでも確かに、マグロとは違うスッキリ系の旨味。これまた美味しい!
おねーさんに話しかけてみると、すぐさま厨房との会話が盛り上がること・・・☆

そして、冬の定番 「たらどうふ」

P1050785

ああ、やはりコレは 秋に食べたとき よりも格段に美味しくなってるね!
身のふくらみ具合、皮目のゼラチン質、そして何より、あふれる甘味♪

P1050798_2

もちろん 白子の濃厚さ は言うにおよばず・・・☆ うーむむ、最高♪

そして今回、個人的なお楽しみは “かじき茶漬け”!(笑


たらどうふの、アツアツのお汁にマカジキの刺身を泳がせます。
“やや猫舌系” のワタシには、たらどうふを適温にできるという一石二鳥。

P1050782

ワン、

P1050788

ツー、

P1050789

スリー♪

P1050790

【 盛り付けの例 】

P1050794_2

ううーん、この 半生・半煮え ってのが甘くて柔らかくて・・・
もう、お茶漬けファンには最高!

たらどうふのお汁(昆布ダシ)で “ダシ茶漬け” にしたけれど、このように酸味もある身質なら、緑茶でお茶漬けにしても美味しいだろうなぁ。

この日のシアワセが、お茶碗一杯に凝縮したような朝ごはんでした。
ごちそうさまっっっ♪


【 余談 】 ネットで拾い読み。

「初ガツオ:水揚げ 勝浦漁港、活気づく」 (毎日.jp)
 ええ!? 今、まだ1月って・・・(汗

「築地で揚げたての練り物食べ歩き」 (@niftyデイリーポータルZ)
 築地のライバル店、味の比較は チョウ様が記事に なさってますね☆
 
 

|

« 番外: 「江戸の味わい祭り」イベント、浅草「文殊そば」・「中華そば つし馬」 | トップページ | 「喫茶 小松」 やきそば、ピザトースト »

コメント

師匠も「かとう」のまかじきを召し上がりましたか。
私は先週土曜日にお酒と一緒に楽しみました。
勝手に茶漬けはお姉さんの公認になったのでしょうか?

投稿: paesold78 | 2010年1月26日 (火) 22時31分

うお!?
は~・・・クリステルさん。登場かと思いました!!

昆布ダシにマカジキですか~♪
>酸味もある身質なら、緑茶でお茶漬けにしても美味しいだろうなぁ。
↑これが、く~!カッコよすぎますO(>▽<)O

酸味のあるモカにはクリームは必須だよね・・・ああー☆これくらいしか浮かばない!!!

投稿: 早坂 | 2010年1月26日 (火) 22時50分

リンクありがとうございます。

私は「高はし」ではまだ未食ですが、「高はし」の
マカジキとはだいぶ違ったのではないでしょうか?

まいたーん様が召し上がった「河岸頭」のマカジキは、
「高はし」と同じ仕入先(佃吉)だそうです。

今回はおねえさんと厨房だけで、大女将は会話に
参加されなかったのでしょうか?

投稿: 神崎 | 2010年1月26日 (火) 23時16分

おぉ。リンクありがとうございます。

浜藤さん・・・昔食べてるはずなんですが、記憶に残って無いなぁ(汗)

今度食べてみましょ(あっ、そうか。あの辺、混むから最近行って無かったんだ)

投稿: チョウ | 2010年1月27日 (水) 06時37分

白子入りのたら豆腐、寒い季節には最高ですね~。氷点下のこちらに持ってきたいです。

本文を読む前、1枚目の写真だけで結末が予想できました。「春は築地で朝ごはん」中級者になってきたという事でしょうか?(笑)

投稿: sepp | 2010年1月27日 (水) 07時25分

◆paesold78様、
 
 えーと、師匠じゃないですけど(汗)、やっとこさ
 「かとう」も追っかけ訪問でした☆
 
 > 勝手に茶漬けはお姉さんの公認に
 
 まあ、それなりに空気を読みながら・・・(笑
 
◆早坂様、
 
 赤身の魚なら緑茶でお茶漬け、白身の魚ならダシ茶漬け、
 というのが基本みたいです・・・♪
 
 > 酸味のあるモカにはクリームは必須
 
 余談ですが、この“クリーム”というやつ。
 「植物油100%の製品だと、実はコーヒーのコクを
 引き立てる性質が無いので、やはり乳脂肪製品に
 限る!」との主張もあるそうで。
 ほんまかいなと思いつつ、まだ自分では検証してない
 ワタシです☆

◆神崎様、
 
 はい、神崎様の観察の正しさを改めて認識できました♪
 「高はし」のほうは、わずかにネットリ感のある柔らかな身で
 血の気をあまり感じないネタだったので、「かとう」の
 ように、少し歯ごたえがあって酸味も含んだ身質とは
 かなり違いましたねー☆
 「河岸頭」のネタも気になるところです。
 
 > 大女将は会話に
 
 最後、送り出して下さるときの「ありがと☆」の声は
 しっかりと・・・!(笑)

◆チョウ様、
 
 どもども、過去記事の読み逃げ状態でスミマセン☆
 
 以前、場内のアジフライを食べ比べるネタで盛り上がった
 ことがありますが、場外なら練り物の各店比較が面白い
 ようですね!
 
 それにしても「浜藤」・・・たしかに知る人ぞ知る、という
 イメージかも(汗

◆sepp様、
 
 あらら、簡単すぎる推理でしたか☆
 ・・・って、べつに「クイズの趣向で」とは考えてない
 わけですが・・・(笑
 
 > 白子入りのたら豆腐、寒い季節には最高ですね~
 
 まあ実際のところ、コレは「ごはんのおかず」よりも
 お酒のお供にマッチする一品なんですけどねー。
 
 タラという魚は「癖のあるニオイが苦手」という人が
 けっこう多いのですが、築地で新鮮なタラをつかった
 料理を食べると、そのうまさにカンゲキします~♪

投稿: つきじろう | 2010年1月27日 (水) 07時33分

僕は三平汁などおつゆの中に入る魚がだめです。僕の住んでいるところは 白子=たち と呼びますけど関東でもそうですか?

刺身がおいしそうでした。

投稿: さとし | 2010年1月27日 (水) 08時55分

>さとし様

横レスすいません。>師匠
さとし様は北のほうの地域でしょうか?
私も北のほうにいたので、ブログでは「タチ」と書いています。

投稿: paesold78 | 2010年1月27日 (水) 10時47分

◆さとし様、
 
 > おつゆの中に入る魚がだめです
 
 人それぞれですねぇ・・・。ワタシは、お汁のなかに
 おモチを入れて食べるのが苦手で。「力うどん」とか。

 お雑煮のおモチだけは縁起モノだから仕方なく(笑)
 食べますが、それでも表面をしっかり焼き固めてから
 入れてほしい、と・・・☆
 
 えーと、すみません魚の話ですよね(汗
 このブログでは本来、タイトルの通り「春の朝ごはん」を
 中心テーマにしています。

 まだ肌寒い時期、朝ごはんと言えば身体の温まるものを
 食べたいですから・・・

 その意味で、当ブログでは魚の食べ方としては
 「お寿司やお刺身にする」よりも「お茶漬けの具にする」
 というほうが、格付けが上です!!

◆paesold78様、
 
 いや、ですから師匠ではございませんと(汗
 
 タラの白子を「タチ」と呼ぶのは、不勉強なワタシは
 知りませんでした~☆

投稿: つきじろう | 2010年1月27日 (水) 18時53分

こんばんは。
マカジキの刺身をたら豆腐で煮る(?)とは!?
これは私にはない発想です。さすがはお茶漬けマスター!

やっぱり一度はマカジキ食べておいたほうがいいですね。
今度築地に行ったら食べられるとこ探してみよう・・・。

投稿: 習志野習志 | 2010年1月27日 (水) 21時59分

わわ。ここにも白子が・・・・・・

投稿: みっこ | 2010年1月28日 (木) 03時22分

◆習志野習志様、
 
 > 刺身をたら豆腐で煮る(?)とは!?
 
 むふふ、「高はし」なら薬味たっぷりの「ゆどうふ」で
 同じ手がつかえますよ♪
 
 ともあれこの冬、マカジキが来てます!
 場外では「河岸頭」でも出ていたと・・・☆

◆みっこ様、
 
 あっちでも白子、こっちでも白子、ただいま冬の味覚が
 まっさかり~♪
 
 ・・・で、いつ食べに来ます?(笑)

投稿: つきじろう | 2010年1月28日 (木) 06時06分

まっさかり〜♪なうちにっ!!!

まっさかーりーか〜ついでみ〜んたろぅ


投稿: みっこ | 2010年1月28日 (木) 13時57分

刺身の繊維のきめ細やかな感じが美味しそうですね!最近食べていないので食べたいです!!
いや!自分で獲りたい!と思っていても、つきん棒船の見張りの櫓は高く実際見るとビビリます!!
鱈と言えば青森の市場のおばさんがメータークラスの鱈を捌いているの見ると見事ですよ!

投稿: 釣りキチ四平 | 2010年1月28日 (木) 14時52分

◆みっこ様、

 ・・・ああ。

 ワタシは、貴女だけはマトモな人だと信じていたのに・・・☆

◆釣りキチ四平様、
 
 おおっ!、国体選手の経験者でもあるスポーツマンの
 釣りキチ四平様なら、突きん棒でも百発百中の活躍が
 できそうですね☆
 
 > 鱈と言えば青森の市場のおばさんが
 
 市場のお母さん=“いさばのかっちゃ” でしたっけ。
 ワタシも去年、タラを見せてもらったときは、その
 エラが本当にきれいな紅色だったので驚きました!
 http://tsukijigo.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/post-e620.html

投稿: つきじろう | 2010年1月28日 (木) 20時30分

今回もやっちゃたんですね、お茶漬け。(笑
)確か前回は「前科がつくも実刑回避」だったご様子。
今回は空気を読みつつの犯・・・いや、任務遂行お疲れ様でございました。(苦笑)

投稿: 鮪命 | 2010年1月29日 (金) 00時39分

◆鮪命様、
 
 はい、これからも粛々とお茶漬けライフをと・・・☆

投稿: つきじろう | 2010年1月29日 (金) 06時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 番外: 「江戸の味わい祭り」イベント、浅草「文殊そば」・「中華そば つし馬」 | トップページ | 「喫茶 小松」 やきそば、ピザトースト »