« 「小泉塾2010・海と魚と食文化講座」:その6(完) | トップページ | 南房総ツアー2: 高家神社 “庖丁式” »

南房総ツアー1: とみうら枇杷倶楽部 → 高家神社

南房総にて、“食” の新プロジェクト始動☆ 
山形から銀座に新風を吹き込んだ 「ヤマガタ・サンダンデロ」 奥田シェフもが、地域の壁を越えて参画中とのこと。

P1000240_2

★ 南房総市サイトの記事 ( 企画後半の郷土料理試食会 ) は → こちら!
その一環として今回、ブロガー向けPR企画に参加させていただきました♪

訪問日 「2009/09/13」 ※最近の過去記事は → こちら

さてさて・・・☆

P1070518_2  築地の 波除神社 には、魚河岸らしく

 “寿司塚”

 “海老塚”
 “玉子塚”
 “鮟鱇塚” なんてモノまでありますが・・・
 ←( 特別出演: 築地で海老塚を拝む蓮花様

 
ありそで無いのが “包丁(庖丁)塚”!

P1000243

・・・じつは、こちらにあるんです。 

Takabe

On this Sunday, we have joined a tour for bloggers... it's produced by the office of 南房総市/Minami-boso city in 千葉/Chiba.
南房総市 is starting a PR project to appeal their traditional culture and rocal gourmet.
Therefore, our tour is one of their programs.
Now, our first destination is 高家神社/Takabe's 神道/Shinto-shrine.
In this Shinto-shrine, there is only one Japanese 祖神/the Ancestor of the
COOKING!

ここは日本で唯一、“料理の祖神様” を祀る神社なんですねー。
食欲の秋 を迎え、日々の恵みに感謝するには何よりの参拝先です!

==============================
あろうことか、一週間ずっと朝寝坊。sad
“築地で朝ごはん” ができないまま、シーフード欠乏でグッタリしていたワタシに
fish 磯の香り で救いの手をさしのべて下さったのは・・・

B級ご当地グルメの祭典、“B-1グランプリ”
愛Bリーグ事務局長、
「日本食べある記」
ぶれいぶ様!happy02

P1000171

日曜、朝9時に東京駅集合。JR高速バスの 「房総なのはな号」で出発♪

このたびは、千葉県南房総市 の企画による
食文化体験ツアー in 房州 のお誘い。
主催・ご提供下さった南房総観光プロモーション協議会の皆様をはじめ、今回お世話になりました各位に深く感謝申し上げます!

P1000223_3 ご一緒させていただいたのは・・・☆ ( 順不同 )
「築地市場を食べつくせ!」 築地王・小関様
「Tokyo Diary」
romy様
「馳走に屋号に意匠あり」
まさぴ。様
「くにろく 東京食べある記」
くに様
「フェティッシュダディーのゴス日記」
じゅね様
「色々だらだら」
魯様
 


P1000179 料金がお安くなった東京湾アクアライン を初体験・・・海ほたるを通過して・・・
走ること1時間半、道の駅「とみうら枇杷倶楽部」 に到着。

余談ながら・・・ この「とみうら枇杷倶楽部」、2000年に初めて東京国際フォーラムで開催された 「全国道の駅コンクール」では見事、最優秀賞に輝いた! とのこと。

P1000181

しかし受賞の弁にいわく、「審査講評にもあるように、小さく、古く、粗末の3拍子揃った駅が、何ででしょうか?」・・・って、まあ謙虚というか何というか(笑

P1000188

P1000207

夏は1日1,000本が売れるという名物 びわソフトクリーム(350円)”、うまし☆

それに店員のお姉さんが実に可愛いらしく、たまたまパンフレット・スタンドで手にとった「南房総議会だより」の表紙にも、彼女が笑顔満面でお客さんにソフトクリームを手渡す姿のカラー写真が・・・( 平成21年8月13日・第13号 )

P1000195_2

しかも、この道の駅では施設内に枇杷の加工場があるそうな・・・ eyeshine
それならぜひ!と見学させていただきました。うーむ、これも美味しさのヒミツね。

P1000206

P1000205

P1000202

P1000199

ともあれ、やっぱり “日本一” とあれば大したものです。東京・横浜あたりからも楽勝で日帰りできるので、ここだけを目的にお出かけするのも良し。
→ 上掲リンクの 同駅ホームページ も、じつに面白そうな見どころ多し☆


さてさて。本ツアーの目玉となる最初の目的地は 高家神社
祀るは日本唯一の
“料理の祖神様”、磐鹿六雁命(いわかむつかりのみこと) 

P1000433_6

P1000217 さきほどの「とみうら枇杷倶楽部」からは、房総半島を内房から外房に抜けた位置になります。
最寄のJR千倉駅には電車の本数が少ないので、東京近郊から行くなら最も便利なのはクルマでアクアライン経由のようですね。
電車に乗る場合は、ゆっくりのんびり行ってみましょー♪

P1000229

境内にある「千倉町社会福祉センター」 で、今回のオリエンテーション。

P1000422

P1000222

秋を迎えつつある境内。 シンとして、引き締まった空気が満ちてます。

P1000240_3

P1000235

さすがに、“食” に関わる団体・企業からの寄進が多いようです↑。

P1000251

P1000248

ちょっと、参拝者からの絵馬も覗いてみましょうか。( クリックで拡大表示 )

P1000250

P1000249

えーと、“食” にまつわる神社だけに、こういうお願い も多いそうです(汗

P1000252


閑話休題☆ 我々がお参りすべき ご本尊「包丁塚」 は、こちら。

P1000257

P1000241

おごそかに参拝を終えて・・・

いよいよ。

この国で、祖先の代から現代まで、日々の恵みに感謝を捧げ、糧となった生き物を敬意をこめて弔ってきた 「庖丁式」 を、こちらで拝観させていただきます。

P1000259

次回、動画ちょっと多め!(笑

Rimg0029

※ 注: 通常、正式の祭礼としての「庖丁式」は年3回です。
( 5月17日「大漁祈願祭」、10月17日「旧神嘗祭」、11月23日「旧新嘗祭」 )

今回は企画趣旨のため、特に関係者の協力をいただいて催されたものです。

★ 追記: 「庖丁式」のあと、素晴らしいお料理を作って下さった皆様のなかで、今回のことを ご自身のブログ に書いて下さったのが・・・
   「南房総千倉・魚拓荘鈴木屋 さざえのつぶやき」様♪
 
 
 

|

« 「小泉塾2010・海と魚と食文化講座」:その6(完) | トップページ | 南房総ツアー2: 高家神社 “庖丁式” »

コメント

今日はありがとうございました。

相変わらず素早いアップですねぇ。

こちらはぼちぼちまいります。

投稿: 魯 | 2009年9月14日 (月) 01時04分

◆魯様、

 こちらこそ、ご一緒できて楽しかったです!
 ワタシのほうも、続きのルポはマイペースで・・・☆

投稿: つきじろう | 2009年9月14日 (月) 08時25分

つきじろう様
南房総ツアーご参加ありがとうございました。そして早速のアップありがとうございます!とてもとてもありがたいアドバイスを頂戴し感激でした。ツアーを企画した身ながら、このブログを読ませていただくと何だかこれから「行ってみたい!」と思ってしまいます。これからもよろしくお願いいたします。

投稿: 中島淳 | 2009年9月14日 (月) 09時10分

楽しそうな企画ですね~

こんな体験ツアーならぜひ参加してみたいです~

食は奥深い~

投稿: マグロ君 | 2009年9月14日 (月) 13時16分

つきじろう様。

素晴しい遠足〜〜。しかも強力メンバーではないですか!
まだ磯の薫りはしてきませんが「庖丁式 1」、ということで期待をみなぎらせています☆

びわ。。。びわソフト!
食べたひ〜。
(sepp情報で特定の季節には買えると知りましたがまだお目にかかったことがありません。。)

投稿: lara | 2009年9月14日 (月) 18時35分

◆中島淳様、
 
 企画・準備ならびに当日のご案内まで、誠にお世話になり
 ありがとうございました!
 
 > 何だかこれから「行ってみたい!」と
 
 えーと、よろしければ三田二郎にも・・・(笑

◆マグロ君、
 
 見知らぬ土地へ、美味しいものとの出会いを求めて訪れるのは
 実に心ときめくものですね~♪
 
 これからも、ぜひ機会を求めていきたいです☆
 
◆lara様、
 
 そう、とってもステキな遠足でした!
 
 磯の香りは、もうちょい先で・・・。
 それまではビワの香りでお待ち下さいませ(笑

投稿: つきじろう | 2009年9月14日 (月) 22時18分

Dear Tsukijigo san:
When I saw 玉子塚 in tsukiji market,I felt amazed!
But now I know you even have 庖丁塚 and that's more amazing than I imagine!
枇杷 means autumn is coming!

投稿: asileasile | 2009年9月14日 (月) 23時22分

◆Dear asileasile-san,

Yes, now autumn has come!
枇杷 and 秋刀魚 kindly inform it to us. happy01

投稿: つきじろう | 2009年9月15日 (火) 07時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「小泉塾2010・海と魚と食文化講座」:その6(完) | トップページ | 南房総ツアー2: 高家神社 “庖丁式” »