« ホタルイカのスパゲティ、娼婦風(プッタネスカ) | トップページ | カレー新店「築地スパイス 山麓」 »

イトヨリダイのアクアパッツァ、ほか

簡単で見栄えのする魚料理 といえば、まずコレでしょう♪
でもね・・・。じつは 大きな課題(悲願!?) が、あったんですね~☆

Rimg0313

訪問日 「2009/05/09」 ※最近の過去記事は → こちら

早くも、暑気バテが始まってきました(汗

日記モードでダラダラ書いて参りますので、おヒマとご興味のある場合のみ・・・☆


下の写真は、「三宅水産」 で買ってきたアサリ(100グラム130円)を砂抜き中。
涼しそうでいいなぁ。

Rimg0218

この日の朝は、まず 「大食い茶屋」 釣りキチ四平様と築地でお会いして・・・
なべひろ様のコメント で教えてもらった5号館「最上商店」のおにぎり屋さんへ。
そこへ・・・ なべひろ様ご本人と、奥様の おざわゆき様 が登場(笑

Rimg0093

Rimg0069

5号館の場所は、こちらの “場内「魚がし横丁」飲食店” の地図をどうぞ。
5号館の裏側・・・というか、「うまい鮨勘」に近いほうの角にあるお店です。

Rimg0066

ショーケース下段の小さいおにぎりが1個100円、それ以外の大きいのが180円。
どれでも お茶漬け にできるという嬉しい設定なので、さっそく・・・☆

「アナゴ天、エビ天、マグロ漬け、鮭ハラスで、お願いします♪」

Rimg0092

なべひろ様: 「つきじろうさん、まだ朝ごはんの前じゃないんですか」
つきじろう: 「これは食前の “お茶” です。ここのお茶、ごはんつぶが入ってますね」

ごちそうさまっっっ♪


Rimg0118 で・・・その朝ごはんは 「かとう」 で。
大目サケ塩焼き定食(1,400円)Rimg0109 Rimg0106

ちなみに、「高はし」では 大目サケ ではなく 大目マス の塩焼きが定食で2,800円と、2倍のお値段(汗
( ところで大目サケと大目マスって違うのかな?、誰か教えて下さいませ・・・☆ )

ここで一番の収穫は、大好物の 春子鯛の酢のもの(700円)

Rimg0102

旦八様の好み よりは酢が強めなのかなぁ。でも今回の一皿に関するかぎり、みごとにワタシ自身の好みにベストマッチ!
身の厚みと柔らかさも文句ナシでした。ごちそうさまっっっ♪

あ、それからこちらも、なべひろ様が教えて下さったカレーの新店。
築地スパイス 山麓(さんろく) TEL03-6278-8136 【地図】

Rimg0120_3

Rimg0121_4

朝6時から営業。メニューは、右上の写真をクリックで拡大表示。辛さによって「十両」から「横綱」まで6ランク。そのほか「冷やしカレー」もありますね。
なお “大盛り” はメニューに無く、かわりに “追っかけライス1回無料!” とのこと。
博多ラーメンの “替え玉サービス” みたいな感じかな。


皆様とお別れして、「長崎漁連」(←写真無し)でイトヨリダイを購入。
帰宅して魚を冷蔵庫に放り込み、今度は浅草から歩いて かっぱ橋の道具屋筋 へ。

Rimg0125

買ったものを抱えて大汗かきながら築地へ舞い戻り、まさぞう様 とお約束のあった 「高はし」 へ。土曜だけあって店頭で30分以上の行列に並んだけど・・・
どうにか、まさぞう様にもお会いできてセーフ☆

Rimg0126

Rimg0127 刺身もりあわせ定食(1,300円)
ここまでの途中、例によって暑さのため水分を飲みすぎて胃袋がふくらんでしまい、これだけで満腹でございました(笑
でも美味しかったですねぇ。特にワラサ。
それに、ホタテの甘さも素晴らしいこと!

ごちそうさまっっっ♪

※ 追記注: この日のお昼、ワタシを含む店頭の行列客に、若旦那が出てきて「焼き魚と煮魚は、もうすぐ品切れです。でもお刺身はたくさんあります!」と話しておられました。このため最後のほうで入店した我々には、お刺身がちょっと(見切り処分で?)大盛りサービスだったのかも・・・☆

というわけで、この日は築地へ2往復と、かっぱ橋にも1往復。さらにプライベートの用事もあって・・・電車が頼りとはいえ、よく歩きましたわ(汗


・・・で。 かっぱ橋で買ってきたのがコレ。
大型の オーバル(楕円形)・フライパン です。フタつきで10,928円。

Rimg0153_2

Rimg0124 ほんとは、コレじゃなくてフランス料理で使う ポワソニエール という魚料理用の鍋が欲しかったのだけど。
でも、かっぱ橋の道具屋街でさえ、あらかた見てまわっても 「取り寄せになります」 と言われて・・・

どうしようかと迷っているうちに、ミノチ屋さんの裏手にある「お鍋の博物館」(台東区西浅草2-21-4、電話03-5830-2511)というお店でコレを発見。
まあいいかと予定変更して購入。

ちなみに、あちこち聞いてまわったお店の人たちは、皆さん「ウチには無いけど、あっちのお店ならあるかも・・・」と親切にアドバイスしてくれました。こういうのは印象が良いですね。

さてさて・・・

Rimg0159

おナベの大きさは、「築地あるき」 が焼けるくらい(笑)

Rimg0165

これって、かなり嬉しいです
いつも素晴らしい料理を作っておられる shun325様 も、アクアパッツァについては 「シグナル・ロッソ」の記事「このサイズでも家庭のフライパンじゃギリギリなんです」 と述べておられる通り。

Rimg0233

Rimg0244

大きめのイトヨリダイ(1,300円)が丸ごと、楽勝で 焼けます♪
あとは水を注いで、フタをして待つだけ~☆

Rimg0253

ちょっと大きめの魚を、まるごと姿のまま料理したい!ってのはシーフード愛好者の “悲願” といっても過言ではありますまい・・・☆

Rimg0288

P1000052_1前回 より見栄えも良く・・・
そうそう、鍋が小さいから、頭と胴体を外して調理したんですよ~☆

このフライパン、1万1千円で買う価値アリだと思います。
ごちそうさまっっっ♪


【 それ以外のあれやこれや・・・☆ 】

★5月2日: 築地王・小関様「飲みに行きましょう」 と誘って下さいました♪
まさぴ。様が芝浦の 「やまや食堂」 (リンク:「居酒屋礼賛」様)を予約、ぼうずコンニャク様も合流して・・・

Rimg0376_2 Rimg0414_2

その昔、品川の食肉市場 からモツを仕入れて焼いた最初の頃からのお店らしく、シブさ満点の歴史的風格がありますね~☆
まさぴ。様は 「どうにか、カウンター席なら空きがあって予約できました」 と話していたのだけど・・・、

Rimg0380

Rimg0382

行ってみたら何と!、常連さんたちが 「初めてのお客さんなら、テーブルがいいよ」 と、わざわざテーブルを空けるために 自分たちがカウンターでぎゅうぎゅう詰めで 座って下さってました。もう恐縮するやら感激するやら・・・!

Rimg0400

Rimg0390

お店のお母さんも、その娘さんも、とっても丁寧に接客してくれます。いいお店だぁ!

Rimg0385a

焼き肉や煮込みも美味しかったけど、何より驚いたのが せんまい刺身(400円)
ホルモン系・モツ系からは想像できないほど、気品のある爽々しい味
「これ、ぜひ一度は食べておくといいよ!」 と、声を大にして言いたい一品でした☆

Rimg0394

Rimg0392

Rimg0410_3

Rimg0401_3

ほんとに良いお店だったなぁ~と一同、大満足。ごちそうさまっっっ♪


★ 5月8日: Mr.Asileasile築地 「やまだや」 訪問記事、出ました♪

★ 5月10日: lara様の速報記事。世界不況の煽りが、あちらでも。
ウィーン放送交響楽団の存続を求める署名活動、趣旨に賛同される方はどうぞ☆
 
 
 

|

« ホタルイカのスパゲティ、娼婦風(プッタネスカ) | トップページ | カレー新店「築地スパイス 山麓」 »

コメント

あれっ、米花は?

投稿: kaoru | 2009年5月10日 (日) 20時30分

◆kaoru様、

 するどい突っ込み、恐縮です(笑)

 じつは、釣りキチ四平様が米花で聞いてみたところ、
 この日の品揃えは少しばかり我々のチョイスとは違う
 ようだったので「またの機会に」となりました。
 
 ま、とにかく再訪の課題店には違いないです、ハイ(汗
 

投稿: つきじろう | 2009年5月10日 (日) 20時35分

こ、この鍋は!!
ものすごくいいですね~☆
先回のホウボウも素晴らしかったですけれど、もうこうなるといろいろ丸ごと試してみたくなりますね!
ワイン傾けながら、こんなのを独り占めできる休日♪サ・イ・コ・ウ~☆

ところで、確かに春にしては暑いです。アサリと一緒に気持ちよ~く涼しいところで伸びていたい、、、

midoriさんの半額市にも舌を巻きましたが・・・つきじろうさんまで!!この鍋、抱えて再び築地ですってー(@@;

投稿: 早坂 | 2009年5月10日 (日) 22時19分

つきじろうさま、 

わたしもこの「お茶」(爆)、夜に食べたい。

そして、ホッピー!!
<ユメの飲み物

こんなステキなところで、ワシも合流したいです〜〜〜。lovely

投稿: lara | 2009年5月10日 (日) 23時08分

いい!このフライパン。
この時期、私もアクアパッツァやるのですが、
やっぱりフライパンがね、アレなんですよ。
私も買い出しに行こうかなぁ...

あと、センマイ刺し。
名古屋に居た頃はよく食べてたのですが、久しぶりに見ました!
このお店、歴史もお客さんもステキですね☆

投稿: のむのむ | 2009年5月10日 (日) 23時17分

・・・・・・ぶっっ☆
うちの本を焼いた方は初めてです。

アクアパッツア、いろんなサイトで作ったのをアップされている方がいますけど、今回のが一番豪華に見えます~~
気のせいか、お魚もノビノビ(焼かれてるのに)してるように見えます~~

カレーはうちの相方が行きましたが、なかなかよかったとか。

投稿: おざわゆき | 2009年5月11日 (月) 00時15分

 アクアパッツァって、焼くんでしたっけ??? 築地あるきなら焼くのもありだと思うんですが(^_^;)

投稿: 八面大王 | 2009年5月11日 (月) 07時15分

立派な鍋ですね。
ボワソニエールっはかっぱ橋でも取り寄せですか。
一般人で買う人はそうはいないでしょうし(笑)、
業務用としてもそんなに数は出ないのですね。

「かとう」での写真。どこまでがつきじろうさんが
食べた写真だろう状態(笑)。
ご飯が4つあるので一人で食べたとは思われないでしょうが。

「山麓」行ってまいりました。
ぜひ一度お試しください。

投稿: なべひろ | 2009年5月11日 (月) 07時19分

◆早坂様、
 
 この、お鍋・・・ってフライパンですけど(汗)、
 たしかに「これからは、お魚を片っ端から丸ごと
 焼くぞぉ~!」という気持ちにさせてくれます♪
 
 おナベかかえて、汗だくになって歩いた甲斐が
 ありました☆

◆lara様、
 
 > わたしもこの「お茶」(爆)、夜に食べたい
 
 築地の食べ物は、ちょっと変わったのがありまして・・・
 ワタシが「味噌汁」のつもりで頼んだ汁物は、なぜか
 麺とチャーシューが入ってたりするんです(爆)
 
 lara様も、いつかは東京の下町でホッピーをぜひ!

◆のむのむ様、

 むっふっふ~☆、いいでしょ!このフライパン。
 自分でアクアパッツァ作ったことのある人なら、誰でも
 「ああ~、もうちょっと大きいナベが欲しいよぉ」って
 思いますからね!

 お値段も手ごろなので、買っておいて損は無いですよ。
 「お鍋の博物館」は、かっぱ橋の中央通りに面した場所
 ではなく、記事にも書いたとおり「ミノチ屋」の脇を
 横道に入った先にあります。
 
 ところでセンマイ刺し、お好きでしたか!
 こちらの一品は、まさに特筆に価する美味しさです。
 いちおう、初めての場合はお店に電話してから訪問を
 オススメします☆
 
◆おざわゆき様、
 
 「築地あるき」、早く3巻も焼いてみたいのでヨロシク
 お願いします(笑)
 
 カレーの新店も期待できそうですね。ちょっと場所が
 人通りの少ないとこですけど。これからの築地市場は
 カレーの激戦区に!?
 
◆八面大王様、
 
 どもども。記事にも書いた通り、アクアパッツァは
 「魚の表面を焼く」→「ほかの具材も加えて水を注ぎ、
 フタをして蒸し焼きにする」という調理手順で。
 
 あ、それとナイショでご指摘いただきました点、確かに
 ちょいとサービスして下さったのかもしれませんね☆

◆なべひろ様、
 
 こーゆー買い物は、趣味人の意欲をそそるので大変
 楽しいものですね~!
 まあ、ポワソニエールは値段が高いと予想できるので
 このフライパンに変更して、かえって良かったかも
 しれません。
 
 「かとう」での食事は・・・記事に書いたもの以外では、
 釣りキチ四平様が分けて下さった生トリ貝がじつに
 美味しかったです♪
 
 「山麓」も、ぜひ近日中に追っかけなきゃ・・・☆

投稿: つきじろう | 2009年5月11日 (月) 07時30分

あら、おそらくワタシがかとうさんから出てから皆さんこられたようで(^^)

大目は場所の名前ですかねぇ

投稿: 旦八 | 2009年5月11日 (月) 12時53分

うは~、こんな以前の記事を覚えていて下さったのですか!
ありがとうございます^^(汗)

そうなんですよね。
家庭のフライパンだと、大体アタマかシッポを落とさないと魚が入りきらなくて。
その点、この鍋はま・さ・に最適ですね~!うわー、いいわぁこれ(笑)

毎回プチトマトを使われるつきじろうさん、見栄えも素晴らしいです^^
勉強になります~。

投稿: shun325 | 2009年5月11日 (月) 15時26分

◆旦八様、

 あらら!同じ日に、わずかの差でスレ違ったようですね。
 
 大目サケ、うまかったですねぇ。あとでネットで検索
 してみましたが、「大目マス=トキシラズ」という話は
 多いのですが、「大目サケ」ってのは何なのか不明なまま
 でした☆
 
 ちなみに、人によっては「トキシラズは確かに鮭だが、
 大目マスは魚体が青っぽくて、明らかに別物だ」と書いて
 おられました・・・
 
◆shun325様、
 
 どもども。やはり築地ネタのクッキングでは毎回、絶対に
 見逃せないのがshun325様の記事です!
 
 > アタマかシッポを落とさないと
  
 この国では、やはり魚といえば断然、「尾頭付き」が
 喜ばれますからね~☆

 > うわー、いいわぁこれ

 はい。ま・さ・に、最適!のフライパンです(笑)
 このさいshun325様もぜひ、かっぱ橋へ突撃されては
 いかがでしょう!?

投稿: つきじろう | 2009年5月11日 (月) 19時32分

こんばんは。
これが場内に新しく出来たおにぎり屋ですか。
寿司屋の行列に並びながら、おにぎり食べて時間を潰すってのもアリかな?

ただ味について全く言及されていないのが気になる・・・。(^^;

それから「すし富」の隣に出来たカレー屋は一応チェーン店みたいですね。
いくら観光地とはいえ、この価格設定は一体・・・。(-o-;
どなたかのレポートを待とう・・・。

投稿: 習志野習志 | 2009年5月11日 (月) 21時27分

◆習志野習志様、

 > 味について全く言及されていないのが気になる・・
 
 えーと、美味しかったですよ(笑)
 まあオープンしたばかりのお店については、いきなり
 あれこれ言わずに、安定するまで見守るほうが良いと
 思います、ハイ☆
 
 カレー屋さんは、なにしろ人通りの少ない場所なので
 ツーリストよりも魚河岸で働くオジサンを呼び込む
 必要があるでしょうね。まあ、そうすると価格設定が
 ちょいと厳しいように思いますが・・・

投稿: つきじろう | 2009年5月12日 (火) 03時51分

はじめまして。いつも見てます。
高橋さんのお刺身定食を先日食べましたが、こんなに豪華じゃありませんでした。泣)
お皿からしてゼンゼン違う~。泣)

投稿: 葉子 | 2009年5月12日 (火) 08時23分

おはようございます。くにさんのところから来たプチトマ子です(誰だかわかりますか?)。

今回の日記には、トマ子的に惹かれるキーワードが盛りだくさん。たとえば、かっぱ橋。あそこは心躍る場所ですよね。私はミニチュアコレクターでもあるので、食玩大好き、キッチン用品大好きで、たまにかっぱ橋へ行きます。

それに、このおにぎりも美味しそうです~。おにぎりも大好きで、どこにも行かないのに家でよく握って一人で食べてます。

つきじろうさんの魚貝料理について、夫が「とても美味しいし、鮮度がいい!」と家でよく話しています。オススメレシピがありましたら、ぜひ教えてくださいね~。

投稿: プチトマ子 | 2009年5月12日 (火) 08時48分

あれぇ?ジローさんは確かにつきじろうさんが来て鰻食べたと・・・(^^;;;
誰かと間違ってる?ひょっとして築地王さんとか・・・
一字違いだし・・・???

投稿: 旦八 | 2009年5月12日 (火) 10時07分

◆葉子様、

 うーむ。やはり今回のお刺身は、ふだんの標準からすると
 大盛りサービス状態だったようですね。

 ただ、相手を見て特別にサービスしたのか?は・・・
 過去記事を見ていただければわかる通り、このお店がワタシに
 出して下さる料理は、とりたてて「特盛り」になることは
 ありません(笑)
 
 記事内に追記した通り、店じまいが近くなってもお刺身が
 たくさん残ってたので「見切り処分」でラッキーな経験が
 できたのだろう、と思います。

 (補足訂正) たとえば前回の例は・・・☆
 http://tsukijigo.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/36-bd42.html
 
◆プチトマ子様、

 > 誰だかわかりますか?
 
 はい、よくわかりますよ!(笑)いらっしゃいませ~♪

 かっぱ橋。ワタシ自身は訪問初心者ですが、たいへん
 面白い場所ですね!
 誰でも自由に行って、プロの世界を垣間見られる、と
 いう点では、まさに築地市場と同じだと思います。

 それと、プチトマト。
 今回の記事内では触れませんでしたが、野菜を買った
 築地の「定松」では、プチトマトが5~6種類ほど、
 産地によって特色のある品揃えで面白かったです。

 丹波の黒大豆!?と思うほど真っ黒なプチトマトもあり、
 試食させてもらうと、中のジェル状の部分が濃厚で
 あれは美味しかったなぁ~

 おにぎりネタや魚介ネタも、築地には楽しい話題が
 多いですから、ぜひ今後ともヨロシクです☆

◆旦八様、

 おや?、なんだかミステリーっぽいですねぇ。

 まあワタシの場合、最近は「アル中ハイマー症」が
 進行しているので、もしかすると米花で食事してから
 それをすぐ忘れてしまったのかも・・・!?

投稿: つきじろう | 2009年5月12日 (火) 12時54分

こんにちは、
美味しそうな「イトヨリ」ですね!嗚呼丸ごと食べたいです!!

投稿: 釣りキチ四平 | 2009年5月12日 (火) 13時01分

◆釣りキチ四平様、

 たしかに、丸ごと食べられそうですね。
 釣りキチ四平様なら、恵方巻きスタイルで・・・!(笑

投稿: つきじろう | 2009年5月12日 (火) 19時33分

おや?こんなところにおにぎり屋!と思ったのですが、やっぱり前は別のお店だったのですね。種類も多くて築地っぽくていいですね。今度買ってみます。

カレーのお店は概観からしてまったく惹かれませんが、築地&カレーとなると、やはり行っておこかなという気がしています。しかし、他のお店に流れる誘惑は多いです。

他方、「春子鯛の酢のもの」は、とても気になります。時期的にはどれくらいまでなのでしょうか?

投稿: たいめい | 2009年5月12日 (火) 23時07分

◆たいめい様、
 
 おにぎりスタンドは、場内で働くオジサンたちも仕事中に
 ササッと買って食べられるので重宝されそうですね。
 
 カレー屋さんは、まあ食べてみないことには何とも
 言えませんが、お店のある位置が人通りから離れて
 いるので・・・うーん、頑張ってほしいなぁと。
 
 春子鯛の酢のものは、レギュラーメニューの「アジ酢」
 に近いですね。「かとう」では身質の良いものが
 入った日だけしか提供しないそうで、時期としては
 今月中ぐらいかも。
 子供の鯛だけに、アジ酢よりも身が柔らかくて甘味が
 あります。たとえて言えば、アジ酢を焼き鳥とすれば
 春子はチキンナゲット(!?)

投稿: つきじろう | 2009年5月13日 (水) 06時55分

何だか日本の美味しいもののオンパレードという感じで凄い羨ましい……!

ちなみにこちらフランス北東部ではポワソニエールはほとんど使われてませんで代わりに活躍しているのがtureenと呼ばれる土鍋だったりします。これがまた大きいのは超デカくて60cmくらい(大き目のポワソニエールとほぼ同じ大きさでしょうか)あるのですが私の周囲では持っている人が結構います。普通のポワソニエールより柔らかく、ふっくら仕上がるのだとか何とか。

……でもいくらいい鍋があってもそれに合う「日本人的いい魚」が無いのは寂しすぎるですorz

投稿: | 2009年5月15日 (金) 04時16分

◆巽様、

 どもども。日本の味覚も良いですが、アルザスの
 スーパー情報も興味シンシンですよ!!(笑)
 http://strasbourg.seesaa.net/
 
 フランスのご当地情報、ありがとうございます。
 tureen=チュリーン、と読むのですね。検索して
 みますと、お鍋としてよりも一般には「スープ等を
 入れるフタ付きの深皿」という位置づけで知られて
 いるようですねー。

 > ポワソニエールより柔らかく、ふっくら仕上がる
 
 ほほー☆、それは面白いですね。
 モロッコの「タジン鍋」などと同様に、やはり土鍋は
 金属とは違って、やさしく熱を通せるような利点が
 あるのかも・・・!

 > 「日本人的いい魚」が無い
 
 うーむ。フランス北東部だと、ノルマンディー地方の
 海産物なんか入ってきませんか?
 あと、あのへんは美味しいアップル・ブランデーの
 カルヴァドスも特産ですよねぇ。いいなぁ~☆

投稿: つきじろう | 2009年5月15日 (金) 18時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ホタルイカのスパゲティ、娼婦風(プッタネスカ) | トップページ | カレー新店「築地スパイス 山麓」 »