« 築地「高はし」39 | トップページ | 土曜メモ(築地ランチ、雨) »

「築地 寿司清」本店

「おまかせ」生のズワイガニ ってのが、ちょっと特色を出してるかな?
( 注: 「おまかせ」なので、季節や仕入れによってネタは変わります )

Rimg1051

訪問日「2009/04/24」  最近の過去記事は → こちら 

どうも個人的に、多店舗展開しているお寿司屋さんは敬遠しがちなのだけど・・・
しかし「寿司清」の本店といえば、築地でも代表的な老舗の一つ

やはり一度は行っておかねば!と、遅ればせながらの初訪問。
今回は、先週のY子さん とも仲良しの 友人M美さん に同行してもらいました♪

築地 寿司清」本店 ( ← お店情報リンク:同店HP )

Rimg1061

Rimg1025

カウンターもネタケースも食器棚も、店内の清潔感は文句なし☆
職人さんを囲む形のカウンター。座席配置は、ちびっと窮屈かな?
若い職人さんが相手をしてくれました。

Rimg1041
※ 手前の瓶ビールはワタシが飲んだワケではなく(汗)、右隣のお客さんの注文です!

さっそくお願いしましょう。「おまかせ握り」(3,500円)です。
例によってお店の “写真撮影OK” を確認して、いざ!

Rimg1019

まず登場したのは写真右の、キンメダイ。昆布締めや酢締めではなく、生で。
フレッシュ感があふれるネタで悪くないけど、個人的にはもうちょっと寝かせてもいいかな?と。

手前は、アオリイカ。“つるつる・ぷりぷり” ではなく、“しっとり系” の質感が好みでいいねぇ。ただ、ちょっとワサビが強め。

ちなみにネタよりも驚いたのは、シャリ
「これって本当に酢飯!?」 と戸惑うほど、白飯に近いプレーンなもの。
酢飯といえば店によってレシピが厳しく標準化されているはずなので、これが当店の味だとすれば・・・ うーん、かなり独自系。

Rimg1027

「 “生”の、メバチマグロ です 」
( 注: ここで言う「生」とは、「冷凍モノじゃないよ」という意味 )

ふむむ・・・☆ こちらのお店は、「熟成感」と「フレッシュ感」の、ちょうど中間あたりにチューニングしているのだなと思われ。

Rimg1031

アジ と、春子鯛 です。どちらも味がついているので、そのままどうぞ 」

アジは普通としても、春子鯛を締めたときの切れ込みのパターンが・・・
美的に問題というより、かわいい春子鯛が「かわいそう」という気も(汗
M美さんのネタも、ほぼ同じ状態のビジュアルで・・・

Rimg1037

Rimg1039

あまり貝ネタは好きじゃない、と言うM美さんが、「美味しい~♪」 と喜んだのが、こちらの トリ貝ツブ貝。なかなか新鮮なので、風味にクセが無いね。
パチン!と叩いて勢いよく丸まったトリ貝が、シャリからころげ落ちたのは・・・
まあ、ご愛嬌(笑)

Rimg1047

クルマエビ は、やはり個人的な好みよりは少し大きめのサイズ、と。
「 ちょっと、コレはワサビが強めかな 」
「 ・・・そうかも(汗 」

Rimg1051_3

冒頭写真の、ズワイガニ
ボイルせずに “生” なので、ねっとりと、とろけるような食感。
生醤油で食べるのも良いけど、「ポン酢あります?」 と聞きたかったのはヒミツ☆

Rimg1055

軍艦巻き、2カン。
イクラ は・・・ じつは通常、「たまたま失敗したのかもね?」 と思う状態のお寿司は、ワタシが自分で形を整えたり、こぼれたネタを取り除いてから写真を撮ってます。

なので、このイクラも外側にはみ出した1粒を直してから・・・と思ったのだけど。
でもM美さんのも そっくり同じ状態 だったので、標準サンプル と認定して撮影。

北海道産の ウニ は、可もなく不可もないレベル。
鉄火巻きなどの巻き物は、このセットには含まれず。これ、個人的には歓迎!(笑

Rimg1059

アナゴ は、朝の営業開始から1回転目の客にあわせて煮上げているようです。
ちょうど我々の「おまかせ」が終盤に入った時点で、カウンターの職人さんと厨房(別室)のスタッフが一斉に大きな声を揃えて、提供OK!を確認。

煮上がった身質は、ちょっと柔らかめ。そこに、どちらかと言えばペースト感のあるツメが塗られています。
この温かさで、美味しさがワンランク上がったなという印象。

なるほど、こういう感じか・・・ と、それなりに納得の美味しさでした。
ごちそうさまっっっ♪

あと、企画ネタとしては、こんなセットも。
ネタの質に大きな差が無いとすれば、なかなかお得なセットかも。

Rimg1043

ちなみに “デザート” は・・・

Rimg1076_6

Rimg1070_4

場内 洋食 たけだ」 の、本マグロ・トロステーキ と、

Rimg1069

マグロ尾肉ステーキ!

Rimg1074

こちらも、マグロ好きのM美さんが喜んでくれて良かったです☆
ごちそうさまっっっ♪
 
 

|

« 築地「高はし」39 | トップページ | 土曜メモ(築地ランチ、雨) »

コメント

Dear Tsukijigo san:
Finally,this is the fourth Sushiya
I will wait for the fifth :)

投稿: asileasile | 2009年4月24日 (金) 23時31分

生のズワイガニ cancer殻の部分がはじめ何か分からなくって・・・昆布がぶら下がってるのかと(^。^; でも身がつまっていておいしそうですっ☆
シャリですが・・・酸っぱいのが苦手な知人が引越しパーティーで持ってきてくれたのがそんな感じの鮨でした。きっと・・・たぶん・・・需要はあるんだわ♪

築地誕生350年なんですね~☆ スゴイ歴史ですぅ。まさか、350円にするわけにはいかないし、3500円だったらいつもと変わらないし・・・頭悩ませたんじゃないかな(^◇^)m 「祝い」→「101」わ゛ーもっと安くなっちゃった!

マグロの尾、タルタルもあるんですね~(^Q^)

投稿: 早坂 | 2009年4月24日 (金) 23時34分

いつもどおり、忌憚の無いレポート、ありがとうございます。すべてにおいて優れているお店というのは中々ないですからね。

何故だか銀座のお店には行ったことがあるのですが、築地は未訪です。せっかくなので、一度は行ってみたいと思っています。

それにしても、豪勢なデザートで。。。

投稿: たいめい | 2009年4月25日 (土) 01時32分

◆Dear asileasile-san,

In this April, I have already gotten 5 Sushi-ya.
磯寿司/Iso-zushi on 13th/Apr.
弁富寿し/Bentomi-zushi on 14th/Apr.
おかめ/Okame on 15/Apr.
喜楽鮨/Kiraku-zushi on 18th/Apr.
And 寿司清/Sushi-say on 24th/Apr.

BTW, basically I would like to eat HOT FOODS for my breakfast.
So past days there are not many entry about Sushi in my blog.
Therefore, this is my special Sushi campaign by 一念発起/sheer determination.

◆早坂様、
 
 > 昆布がぶら下がってるのかと(^。^;
 
 それも悪くないですね。ぜひ子持ち昆布でリクエスト
 してみたいかなと(笑

 > シャリですが・・・酸っぱいのが苦手な知人が
 
 酸っぱくないシャリといえば、海鮮丼の「どんぶり市場」が
 酢飯ではなく白飯を使っています。ワタシなどは、
 それにポットのお茶をかけて海鮮茶漬けにするのが
 大好きです☆

 上のコメント返信にも書きましたが、朝は温かいものを
 食べたいワタシとしては正直なところ、お寿司よりも
 お茶漬けのほうが好みなのです(爆

◆たいめい様、
 
 > いつもどおり、忌憚の無いレポート、
 
 いや~、自分のアタマの悪さでしょっちゅう自己嫌悪に
 陥るワタシは、あれこれ考えずに見たまま感じたままを
 ストレートに書くのが、結局は一番良いだろうと(汗
 
 たいめい様は、銀座店を訪問されたのですね。築地店は
 新館のほうも気になります。
 ちなみに築地で食べるメリットは、お寿司のあとの
 「デザート」が、周囲のお店でよりどりみどり!ってこと
 でしょうか(笑)

投稿: つきじろう | 2009年4月25日 (土) 06時30分

記事では触れられてませんが、これは1階でしょうか?
私が入った2階の職人さんとは、相性がイマイチだったので、次回は1階を狙っています。

「たけだ」のマグロステーキ、今度はホッペとトロを頂きたいなぁ。

投稿: 神崎 | 2009年4月26日 (日) 08時31分

◆神崎様、

 ホームページを見てみると、「寿司清」の本店てのは
 1階だけで、2階は別扱いの支店なんですねー。
 朝8時半にオープンするのは、この1階である本店
 だけのようです。

 ところで「1回」じゃなくて「1階」と、ちゃんと
 正しく書いておられますよ(笑)
 

投稿: つきじろう | 2009年4月26日 (日) 21時20分

初めて東京のお寿司を食べたお店がココでした。
穴子に感激した覚えがあります。
今はたっくさんのお店があるみたいなのですが、私が行ったころはどうだったんだろー。。。

ちょっとさみしい場所にあったような記憶があります。

投稿: 55aiai | 2009年4月30日 (木) 12時12分

◆55aiai様、
 
 その土地で初めて味わう一品というのは、海外旅行で
 飛行機から出た瞬間に吸い込んだ空気のニオイみたいに、
 強烈な印象があるものですね。

 東京のお寿司。穴子、これは本当に東京風ですよね。
 大阪人のワタシは「どうして東京の人って、アナゴ、
 アナゴ!と騒ぐんだろう?」と思っていたのですけど
 いざ自分が食べてみたら、55aiai様と同じく納得!でした。

 > ちょっとさみしい場所にあったような記憶が
 
 むふ。
 今では、土曜日には30人超の行列も珍しくない大人気店ですよ~☆

投稿: つきじろう | 2009年4月30日 (木) 19時15分

毎年食べに行ってるんですが 今年はさっさと食べて
帰れと言わんばかりの言い回しされました
若い店長 人を見てるんでしょうか

             2010年12月30日

投稿: | 2011年1月 4日 (火) 10時13分

◆(お名前ヒミツ?)様、
 
 なんと、残念な思いをされたようですね。
 毎年おなじみのお店で、思わぬ対応をされると確かに
 がっかりしますからね・・・
 
 たまたま何かのタイミングが悪かったのか、うーん。
 ワタシ自身が訪問したときは、まあ普通の接客でしたが。
  
 またワタシが行くことがあれば、少し注意して見てみたい
 と思います。コメントありがとうございました!

投稿: つきじろう | 2011年1月 4日 (火) 19時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 築地「高はし」39 | トップページ | 土曜メモ(築地ランチ、雨) »