« 読書メモ: 2007/07/24 | トップページ | NOBLE様。本当に、本当に、ありがとうございました。 »

今週末の築地など

Sarashinanosato00_1 掲載日 「 2007/07/25 」 
春の築地 まとめ記事は → こちら
・その他、最近の過去記事は → こちら

 
読書メモの記事で、トラックバックさせていただいたスポンタ中村様湯川鶴章様からも丁寧な返信コメントをいただきました。中村様、湯川様、誠にありがとうございます!

News!「ゴージャスカレー姉妹」の華麗叫子様が 『an an』 最新号に登場☆
コングラッチュレーション♪、さあ女性も男性も本屋さんへGO!

以下は今週末のイベントなど、ご参考メモ。

===============================
・7月26日(木)夜: フードジャーナリスト会議 開催。
 → 詳細はリンク先の「臨時掲示板」で。

===============================
・7月27日(金)夜: 築地本願寺にて日韓競演「雅楽」のイベント
 → 詳細はリンク先の「築地ではたらく坊主のアメブロ」様にて。


 ※ ちなみに筆者、この金曜夜は 日本橋某所 で飲み会の予定。

 じつは午前中ちょっと時間があるので、朝のうちに築地の場内で
 フジツボ を探索し、見つかったら買い込んで日本橋で食べまくろうと
 画策中・・・☆
 
 うまくいけば フジツボスープのラーメン も作れるかも!?(笑)
 
 ちなみに、誰でも参加できる飲み会なのでご興味のある方は筆者に
 メールでお問い合わせ下さい。

 ただし当日、市場にフジツボがあるとは限りません。その節はご容赦を。
 まあ、無ければかわりに1本1,000円のカツオでも。

===============================
・7月28日(土)朝: 2007築地夏祭り
 → 詳細は上記リンクの公式サイトで。

 予報によれば、いまのところ土曜のお天気は悪くなさそう・・・☆

==============================
< その他: 読書メモの余談の続きなど☆ >

興味を持ってネットで調べ始めると、ほんとに関連情報がどんどん出てきてキリが無いですねぇ(笑)。


『サイバージャーナリズム論』 での下記記述について。

> P2Pで情報を交換するうちに、PEER(仲間)のうちで、みんなから信頼される中心人物が自ずから発生してくるんです。そういう人こそ、ウェブ2.0時代に期待されるジャーナリスト像ではないでしょうか。(P.231)

 → 下記のような形で選ばれた人ってのも 有望 なのかな?

 “「最高のWeb人」を選ぶネット投票が開始”
 
 候補者の中には、ラーメン専門の個人サイト運営者も・・・☆


★動画: 「404 Blog Not Found」様のところで YouTubeの動画を見てたら、よっちゃんのウイルス騒ぎを思い出しました・・・☆

この動画の エラー警告サイン と同じような勢いで 福助 が画面に沸いてきたらと思うと・・・あわわわわ(恐怖)



★ 本論からは横道にそれるけど、「 空気を読む能力 」 について。

 → ある読者の方からメールをいただいて、雑談がてら返信でご紹介させていただいたもの。ちょっと面白かった他人様のWeb記事だけど、ご参考までに。

 「 分裂勘違い君劇場 」様: 以下、記事冒頭のみ引用・・・。

> ■「おまえも空気の奴隷になれ」って?「空気読め」の扱い方次第で人生台無し   
空気読めについての7人種

「空気を読む」という能力について、以下の7種類の人がいる。

(1)空気の奴隷:
自分が空気を読む能力が低いことを自覚しており、自分の思い通りに空気を操ろうとすると怪我するので、空気に媚びへつらって集団に受け入れられようとする人

(2)はずしてる奴:
空気を読む能力が低いくせに、無神経な発言をして、みんなの顰蹙を買うやつ

(3)サーファー:
空気を読む能力が高く、サーファーが波を乗りこなすように、空気を自在に乗りこなす人

(4)空気の操縦者:
空気を読み、乗りこなせるだけでなく、空気を操ったり、支配できる人。サーファーの乗る波を自ら作り出す人。(ケネディーとかヒトラーとか)

(5)ファイター:
空気を読む能力が高く、空気自体の中に不健全なものを感じ取り、空気そのものと戦う人(ニーチェとか)

(6)隠遁者:
空気を読む能力が高いが、空気に同調するのはいやだし、積極的に空気を乗りこなしたいとも思わないので、集団から距離を置く人。

(7)逃避者:
空気を読む能力が低く、空気から逃げて生きる人。



引用ここまで。ご興味があれば上記リンク先の記事をご覧下さいませ。

これに付け加えるとすれば、上記(2)の「はずしてる奴」に関連して 「コメント力」 での著者の考察を思い出した。

筆者なりに要約すると・・・、

「 はずす 」ってのは、決して本人が無能だからとは限らない。

特に関西人は、ムダなく的確に当てててしまう人を 「 あいつ、カッコつけとる 」 として嫌う性格なので、自分の見解をわざと 「 はずす(=ボケる) 」 という傾向がある。

しかもこれは、「わざとハズしてる」ことを周囲にわかるようにして、「つっこみ」を入れてもらうためのターゲットをさりげなくアピールするという、一段高等なコミュニケーション術なのである。

関西人の筆者としては、関西流の「空気の読み方」についてもぜひ一考の余地ありと思えるところ(笑)。

001 003 005 015 018 040 s050 s100 s200

|

« 読書メモ: 2007/07/24 | トップページ | NOBLE様。本当に、本当に、ありがとうございました。 »

コメント

フジツボ、先週末に行った時は確か第七通路沿いの店にありました。
8000番列の大鈴だったかなぁ?もう一つ手前のロ列かもしれません。
ただし、数はあまりありませんでした。フジツボは今は養殖物が
多いので事前に手配しておけば確実なんですが・・・・

投稿: ろ | 2007年7月25日 (水) 23時04分

◆ろ様、

 情報ありがとうございます♪
 そう、その付近で私も見かけたので、同じお店かもしれません。
 でも店名をチェックしてなかったなぁ・・・☆
 

投稿: つきじろう | 2007年7月26日 (木) 06時24分

>関西人の筆者としては、関西流の「空気の読み方」についてもぜひ一考の余地ありと思えるところ(笑)。

同じ関東に移り住んできた関西人として激しく同感です!(笑
『空気の読み方』どころか、『空気』そのものも関東と関西では違うんで「まいったなぁ」と心の中で独白する事もしきり。
でも、関東人にも関西人ノリの人もいますね。
そういう人とはお友達になるのが早いっ!
なんやろう、あの「空気」の違いは。。。

投稿: midori | 2007年7月26日 (木) 12時51分

◆midori様、

 この話題、関西出身・関東在住という立場同士なら大いに
 盛り上がりますね。
 
 お話の続きは、ちょっと機会を改めさせて下さいね。

投稿: つきじろう | 2007年7月27日 (金) 01時28分

この記事へのコメントは終了しました。

« 読書メモ: 2007/07/24 | トップページ | NOBLE様。本当に、本当に、ありがとうございました。 »