« 海の珍味、フジツボ! | トップページ | 大阪:3つの「インデアンカレー」3軒目 »

大阪:3つの「インデアンカレー」2軒目

訪問日「 2006/03/13 + 2006/05/09,10 」

「せんば 自由軒 本店」


P1000349

P1000352

お店のHPはこちら。それとこちらも。

再び地下鉄御堂筋線で南へ。。。

東京
横浜埼玉にも展開しているこちらの本店へ。
ここは船場の衣料問屋がひしめくビルの地下にある食堂街。

店頭のサンプルを見ると、看板メニューのインデアンカレーのほかに
ハイシライス(注:「ハヤシライス」ではない)、それらをフライと
組み合わせたメニュー、そのほかカレースパゲッティなど。
さらに、夜の酒肴メニューも豊富なラインナップ。

インデアンカレー 680円

P1000345

味は、まあレトロと言えばレトロかなあ。スパイスをストレートに
効かせた辛口で、店員さんの
「ソースをかけて、よく
混ぜて食べて下さい」
というオススメに従ってみると、
とんがった辛さが大幅にやわらぐ・・・というか、ぼやけた印象に
なったと言うべきか。

ま、コレはコレで悪くないかな。たぶん、昔の人が
「生玉子を
かけるなんて、贅沢!」
という感激を味わった名残りを
そのまま今に伝えるために必要な演出なのだろうと思う。

店員さんたちは“観光客”をさばくのに慣れたような雰囲気だが、
決しておざなりな態度ではなく、仕事を楽しみつつ客と接している
ようで、なかなか良い印象。

P1000396

P1000397

店内は中央に「コ」の字の形の大きな石造りのカウンター席があり、
その周囲にテーブルを配している。
全体としては広くて清潔で、パウチ加工された大判のメニューも
読みやすい。


P1000395P1000397_2


それと同時に、「当店の歴史!!」を主張するオブジェの数々・・・
“観光地”的な楽しさと居心地の良さを整えているお店だと思う。

もう一杯、ハイシライスも注文してみた。これも680円。

P1000402

これも「ソースをかけて、よく混ぜて・・・」と助言される。

ドミグラスソースをしっかり効かせて、トマト風味を加えてある。
かなり水分が多く、やわらかい仕上がり。人によっては「水っぽい」
と言うかもしれないが、筆者自身は美味しいと思った。

全体の塩味は薄めだった。(関西風?)

難波のお店との経緯については、こちらに
店主のインタビューが。

東日本への出店やレトルト商品の販売など、
事業の拡大志向は
顕著
であるように思う。(上記のHPからもそれは伺える)

P1000356

食べ終わって地上に出ると、どうにか雪はやんでいた。


(2006/05/14追記)再訪。

P1010445_2

Harmony0604

「インデアンカレーとハイシライスのハーモニー」850円。

Harmony0604_1

下はレギュラーのインデアンカレー。

P1010434


【 お店とカレーの特徴 】 このあとの「難波自由軒」と比較チェック☆

・全国でも有数のアパレル問屋街にあり、客層も業界人が中心。
 (週末は観光客が多くなるかも)

・店内は大きなカウンター席を囲むようにしてテーブル席も配置。
 BGMは有線放送。

・カレーの味は、ルー全体がよく一体化しており最初から最後まで
 同じ味を感じられる(モグモグする途中でバラバラにならない)

・店長は若々しさのある男性。ホームページや関東への積極出店など
 ビジネス拡大志向が強いことが伺われる。

・店員は男女とも若く、「いまどきのバイト君」という印象。


★ 2007/01/31追記:
「神戸っ子ゴハン」の早坂様も、自由軒のカレーを食べくらべ!


そして → 3軒目!(2006/05/14追記)

 

|

« 海の珍味、フジツボ! | トップページ | 大阪:3つの「インデアンカレー」3軒目 »