« 自炊ネタ3題:(その2)釜揚げホタルイカ | トップページ | 「八千代」 4 »

自炊ネタ3題:(その3)鯛めし

※ 4月1日「お花見」の記事は → こちら!
==============================

掲載日 「 2007/04/02 」 ( その他、最近の過去記事は→ こちら

(その1)ヤリイカとヒヨコ豆の煮込み
(その2)釜揚げホタルイカ からの続き。
 
朝日がまぶしい、鯛めし♪ またまた、朝からごちそうだ。

P1000575

この記事では、この4月から新生活スタートとなる筆者の友人を陰ながら祝ってやりたい、という気持ちで の写真を載せることにしました。( 今日が初出勤なのだ )
 
本人に御馳走してあげたいのだけど、例によって“新人研修”ってのが忙しいようで。
おーい!、そのうちオゴってやるから研修がんばれよー!!

P1000520 鯛めしの材料は、レシピを検索するとシンプルに 「ダシ汁と米と鯛だけ」 ってのが多い。

ゼイタクにするなら、カサゴのダシ汁を使うと最高 らしい。
カサゴは、西洋料理でもブイヤベースの核となる非常に美味なスープがとれる魚。 

今回のダシ汁は、以前に ヒゲダラを料理したとき の残りを冷凍してあったので、これを使うことに。ヒゲダラの鍋もうまかったからねぇ~☆
 

P1000549 P1000556

しかし、どうも写真の絵柄としては寂しい気がしたので 筆者が買った本 にある、根菜類を加えた炊き込み風のレシピを採用。
さらに具だくさんにするなら、生シイタケや油揚げを加えても良いらしい。
でも入れすぎると、せっかくの鯛の味を邪魔するので、ほどほどに・・・

さあ、炊けた♪

P1000570 P1000580
 
身が甘い!、それに、なんとキメの細かい身質!

和食の世界で 「魚の王様」 といえば、
 
やっぱり “鯛” だなぁ~~~!と改めて納得。
 
P1000586

友人よ、研修が終わったらタイ食わせてやっからなぁ~!!
 

P1000535_1 その1): ヤリイカとヒヨコ豆の煮込み
 
 
P1000511_1 (その2): 釜揚げホタルイカ
 
 

※ 次の記事は・・・ 4月3日(火)夜 に掲載予定♪
 

|

« 自炊ネタ3題:(その2)釜揚げホタルイカ | トップページ | 「八千代」 4 »

コメント

ややっ!朝からご馳走ですなぁ~!!!
しかも鯛めし!こりゃ見ているほうも縁起がよいですぞ。
お友達の新生活スタートを応援する素敵なレポになりましたね☆

新年度始動!私たちもお互い頑張りましょぉ~!!!

投稿: あな | 2007年4月 2日 (月) 10時28分

鯛めしの炊き上げ直後、初めて見ました~(★o☆)
でらっくす~♪

投稿: つたまる | 2007年4月 2日 (月) 17時38分

◆あな様、
 
 新しい春。いろいろ悩みも多くなるけど、美味しい朝ごはんで
 一日を始められるシアワセってのは、かけがえのない人生の
 ヨロコビだと思います!
 
◆つたまる様、
 
 朝ごはんグルメは、同じ予算でも夜より贅沢感が倍増!なので
 オススメですよ♪

投稿: つきじろう | 2007年4月 2日 (月) 19時21分

これ、以前言っておられた桜鯛?朝からちょーーー豪勢♪独身貴族の○○さんって、落書きされても文句言えないですよ(^O^)メチャクチャ幸せ、美味しそう。

ところで、つきじろうさん!!こ、これ見てください!5キロの明石の天然桜鯛!
「ザ・シェフリンク」した「ルセット」でのブログで発見!今日そのお店に駆けつけましたが、当然、あたり前田の・・・食べた後でした(><)
http://recette001.exblog.jp/m2007-03-01/#5373670

もう、顔も獰猛でカマもこ~~んなに大きくってウロコもこんなんで・・・とマダム目をぱちくりさせながら言っておられましたよ。

投稿: 早坂 | 2007年4月 2日 (月) 23時48分

◆早坂様、
 
 やはり神戸っ子は、タイとタコにはうるさいですよねぇ~☆
 ふつうタイってのは海の深いところで生活してるそうですが
 鳴門の天然鯛は海面近くで荒波にもまれて、黒光りする迫力に
 なるんですねー。写真を拝見してなるほど!と納得しました。
 
 > あたり前田の・・・食べた後
 
 あら残念!、でも私だったら、しつこく「アラは残ってない?、
 アタマだけでも美味しい煮物になるから欲しいよぉ!」なんて
 未練がましくお店におねだりするかも(笑)。
 
 > マダム目をぱちくりさせながら
      ↑
 早坂さま、ほらほらシャッターチャンス!!

投稿: つきじろう | 2007年4月 3日 (火) 04時05分

さんさんと降り注ぐスプリングな太陽の中、
煌々ときらめく鯛がたまりませんわね(><)”
嗚呼、つきじろう様のボデーは清らかなるものだけで
出来ているに違いないわ、そうなんですわ♪

投稿: 華麗叫子 | 2007年4月 3日 (火) 14時24分

やっとコメント欄見つけた〜!

えーと、友人へのお祝だけど、これは自分で作って
1人で全部食べたんですよね。(^^;

鯛飯って土鍋のイメージだけど、お釜か鍋ですよね。
タイが崩れてない。きれい〜。
つきじろーさん、意外と繊細〜。(^^)

投稿: ジジ飼い | 2007年4月 3日 (火) 19時00分

◆華麗叫子様、
 
 春の朝日は、世の中のすべてに生命の輝きを与えてくれる♪と
 どこかの詩人もうたっておりました。
 タイもホタルイカもヤリイカも、尊い生命の輪を私たちに
 つないでくれたのだなぁ、という感謝の念に打たれます。。。
 
 > つきじろう様のボデーは清らかなるものだけで
 
 申し訳ございません、そろそろ服を洗濯しないとヤバイ!と
 あせりまくっているのが現実のワタクシです。。。☆
 
◆ジジ飼い様、
 
 はい、毎度ひきこもりで申し訳ございません。それでも、
 ようやくの初カキコ!ありがとうございます。
 今後は、なるべくコメント欄を開けようかと・・・
 
 > つきじろーさん、意外と繊細〜。(^^)
 
 「意外と」の一言が無ければ、さらに嬉しいのですが(汗)。
 今回の鯛めしは、友人に食べさせるための「予行練習」
 ということでひとつ。。。

投稿: つきじろう | 2007年4月 3日 (火) 19時40分

この記事へのコメントは終了しました。

« 自炊ネタ3題:(その2)釜揚げホタルイカ | トップページ | 「八千代」 4 »