« シーズン「3」開始♪ | トップページ | 「青果食堂 市場の厨房」3 »

「鳥藤」2

掲載日 「 2007/03/07 」 ( その他、最近の過去記事は→ こちら

Toritoh011_1 「鳥めし 鳥藤」

中央区築地4-8-6 【地図】
電話:03-3543-6525
営業時間:07:30~14:30
休業日:日曜・祝日・休市日
 
過去の訪問記事は こちら。 
 
 

水炊き(ごはん付き・850円)、親子カレー(850円)
P1040828b_1P1040832_1

寒~い朝に。温かさ満点で滋味濃厚、至福の水炊き♪
※ 期間限定、店頭の看板には品名が出ていないので要注意!

P1040824

「三寒四温」・・・暖かい日が続いたあと、急に冷えこむと寒さがこたえるなぁ。
そんな朝に出会った 嬉しいメニュー がこちら。注文して待つ時間は10分間ほど。

P1040828 水炊きなのに、な~んと濃厚なスープ♪

白濁系ではないが、地鶏の旨みをギュギュッと濃縮したように白っぽくなっており、そこに食欲をそそる香りの脂が浮いている。

じつは昨夜の「ほていさん」で胃が重くなっていた筆者・・・。
ところが、このスープを一口すすったとたん 胃袋が喜びの 大・歓・声!!

たっ、たまんないよ、これ!!
温かい滋養が胃壁から染みとおるや、身体じゅうを駆け巡って元気がわいてくる☆

P1040823 肉団子は見た目のイメージよりキメ細かく、若者向き。骨付き肉は地鶏らしい根性のある肉だが、そこそこ柔らかくて思わずカニ鍋のように無言でかじりついてしまう。
それに、この骨からも素晴らしいダシが 出ているんだろうなあ~♪

カウンターにはポン酢もあるので、お好みで。
しかし「醤油」「ポン酢」「焼き鳥のタレ」の3種類、容器では見分けがつかない。できれば中身を書いたテープでも貼ってほしいところ。

夢中で食べ終わると、身体も温まって陶然とする至福のひととき・・・。

築地で 暖かい汁物 といえば場内「高はし」のアンコウ煮か、「かとう」のカキ豆腐、と思っていたけど、場外にも美味しいのがあるんだねぇ。それに、こっちのほうが安い☆

水炊きにうるさい福岡人なら何か言うかもしれないが、なんたって朝ですよ朝!!
こんな美味しい水炊きを朝一番にいただけるシアワセ、いったい何人の福岡人が知ってますかね?(笑)
 
ところで、よく見るとメニューには 「期間限定」 と書かれている。
いつまでコレを食べられますかと聞いてみると、男性スタッフは「ちょっと、まだ決めてないんですよねー」
同じく女性スタッフは「そろそろ暖かくなりますから、もうすぐ終わりですねー」

P1040823b さらに、この水炊きは店頭の看板には書かれておらず、店内の卓上メニューにだけ出ている。
食べたい時は店頭だけ見て「もう終わったのか?」なんて思わず、必ず店内で確認いたしませう。

あ、それと丼の底には骨の破片が沈んでいることもあるので、スープを飲み干すときはご注意を☆ 残ったスープにごはんを入れて食べたい人も多いと思うので、そのへんは特に気をつけて!

さて、おなかが落ち着いたところで・・・ もう一杯(笑)。

親子カレー(850円)

チキンカレーと親子丼の幸せな結婚☆

P1040830

P1040832b_1これまた地鶏屋ならではの一品。
アイデア一発で作ってみたの?という感じだが、思いのほかコレが 美味しかった!
 
カレールーは辛くないもので、玉子の食感と一緒になると、まるでドミグラス・ソース

玉子は親子丼スタイルの半熟 ・・・ ってことで「和製オムカレー」だね、コレは。

P1040829_1 鶏肉が皮つき なのは人によって好き嫌いが分かれるかもしれないけど、美味しい地鶏なら、やっぱり皮を捨てるのはもったいない!!
 
オムハヤシライスなら場内の「豊ちゃん」が有名だけど、こちらの鳥藤謹製・親子カレーもお見逃しなく♪

惜しむらくは、これまた 美味しい地鶏のチキンコンソメ (写真奥)が、大きな湯呑みに半分しか入っていなかったこと。
見た目がケチくさくなってしまうので、これは量を増やすか容器を小さくするか、どちらかにしてほしい。

ともあれ、たいへんに シアワセ指数の高い朝ごはん でした。
ごちそうさまっっっ♪
 
★ この後、「朝定食(大山鶏たたき)」と「鳥藤バーガー」の記事は こちら!

|

« シーズン「3」開始♪ | トップページ | 「青果食堂 市場の厨房」3 »

コメント

こんばんは。
このお店も行きたいのですが行けてない宿題店であります。

地鶏って驚くほど肉の味が濃いものがありますよね。
・・・と言っても私自身、ブランド鶏の味の違いが判るほど
何度も食べているわけではありませんが。(^^;

次回築地に行ったときはここのお弁当をお土産にしようかな?

投稿: 習志野習志 | 2007年3月 7日 (水) 20時59分

「鳥藤」はいつも「ぼんじり丼」の持ち帰りのみで、店内で
食べたことがありません。

理由は「お酒を置いてないから」(笑)
私の築地紀行は「お休みの日に朝からお酒」抜きには語れませんので。

ぼんじり丼は1度職場の仲間数名分、ランチ用にお土産で買っていったら大評判で、
「築地に行ったら絶対買ってきて!」とせがまれます。

かの仲間はそれ以来、ぼんじり丼用に紅しょうがと七味唐辛子を職場に常備して、
手ぐすね引いて待ち構えています。

投稿: 神崎 | 2007年3月 7日 (水) 21時37分

◆習志野習志様、
 
 築地といえば、やはり魚介類が注目されるのですが・・・
 視点を転じれば、「市場のオジサン」が大好きなB級の
 グルメがいっぱいです♪
 地鶏といえば、けっこう「脂身だらけ」で閉口することも
 あるのですが、ここのは健康的で美味しいですよ!
 
◆神崎様、
 
 肉も魚も、やはり一番おいしいのは「焼きたて」ですよね。
 築地の味を気に入って下さるお仲間がいらっしゃれば、
 一度「朝の築地ツアー」を企画して、ご一緒に訪問をぜひ・・・
 ちなみに、私も「お酒が欲しい!!」と思ってます(笑)。
 “きつねや”のホルモン煮とか、やっぱり飲みたいですよねぇ♪

投稿: つきじろう(tsukijigo) | 2007年3月 7日 (水) 21時54分

さすが、つきじろうさん、私もこの前ここに行ってぼんじり丼食べたとき、水炊き美味しそうだなと思ったのですよ。
ここはレギュラーメニューにも色々魅力的なものがあって、いいお店ですよね。観光客も少ないし。

投稿: 西新橋一時勤務 | 2007年3月 8日 (木) 03時11分

◆西新橋一時勤務様、
 
 こちらの水炊き、チェック済みでしたか!
 ほかにも気になるメニューを見つけたら、ぜひ教えて
 くださいネ♪
 
 ちなみに私、「朝の食べ歩きではコメント欄は無しに」
 と考えていたのに、今回うっかりコメントオープンして
 しまいました・・・(笑)

投稿: つきじろう(tsukijigo) | 2007年3月 8日 (木) 06時29分

この記事へのコメントは終了しました。

« シーズン「3」開始♪ | トップページ | 「青果食堂 市場の厨房」3 »