« 週末はワインを買って(後編) | トップページ | メモ: 銀ダラ=アブラボウズ?、銀ムツ=メロ、etc. »

日記: 品達の春限定ラーメン、「B-1グランプリ」、ほか

掲載日「 2007/02/21 」( その他、最近の記事は こちら )

特にテーマは無く、つらつらと書く日記モード。


P1040695昨日はカゼをひいて寝込んでしまった。
「ひるどき日本ランチ日記」のtakapu様も同じ症状らしく、カゼが流行っている模様 )
一夜明けて体調は回復したが扁桃腺だけは腫れたままなので、大事をとって 「すみません、休みます」 と職場に連絡。しかし先日の魚は食べ尽くし、“流動食”では空腹に耐えられず “品達”@品川の春メニュー を食べに行ってみた。

過去記事を見ると、前回訪問は旧ホームページ時代の2005年9月。
========================= 

P1040683_1 「なんつッ亭」
いまどき特製赤味噌ラーメン(880円)

水曜の11時10分ごろ店内満席、待ち客3人。

なんつッ亭にしては、ふつうのラーメンより麺の量が多い ようだ。
(周囲を見ても、ラーメンの白い丼よりも、こちらの黒い丼はちょっと大きめ)
マー油と辛味噌の相性は良い ようで、なかなか美味しく食べられた。

辛味噌スープは、のっぺりした均質な印象で少しトロミがある。
ダシや味噌に由来する沈殿物は無い。他方、香辛料は表面からは見えなかったが細かく均質な粒がたくさん沈んでおり、麺にもよくからむ。
( クリックで“ほぼ実物大”をご覧あれ )
 
店内は相変わらず威勢のいい声で挨拶とオーダー伝達が飛び交っていた。
=========================

P1040687「せたが屋」
鶏とネギの塩ラーメン(800円)

これ、塩味の日本蕎麦!?
思わず、そう錯覚しそうな美味しい一杯。

麺の外見はザラザラ感のある灰色で、黒いツブツブがたくさん入っている。じつは昆布を練りこんであるのだが、スープの味が濃いので麺自体の昆布風味には気づきにくい。
( クリックして“ほぼ実物大”でご覧下さい )


おまけに食べてみた食感も、ラーメンっぽいコシというより日本蕎麦に近い食べごたえ。

これを蕎麦屋で出されたら、最後まで「塩味の鶏蕎麦」と信じたまま食べ終わってしまいそう。
 
スープのほうは最近おなじみ系の鶏塩味 で、恵比寿「AFUEI」のゆず塩麺天神下「大喜」のとりそば よりも表面の油脂類を少なくした感じ。
といってもスープのコクを演出するのが上手なので(“微乳化”ってやつ?)物足りなさは感じない。またスープ表面にはユズの風味が浮かせてあり、これも上手だなぁと思う。

この手の無化調スープをつくる手法は、おそらく業界全体で完成の域なんだろうねぇ。
( そう考えると、もどかしく思えるのは築地「虎杖南店」の試行錯誤ぶりで・・・☆ )

白と緑の細切りネギのコントラストも美しく、“野菜を食べてる”という満足感が。
個人的には、鶏肉が皮付きだったのが嬉しい。女性客には皮無しのほうが喜ばれそうだけどネ。
=========================
P1040688P1040684 「くじら軒」
ヘルシー鶏そば(850円)
・・・残念!本日はNG。
店員さんに 「これ、いつなら食べられますか?」と尋ねてみたところ、
「すみません。ちょっと、できないんです」
との返事。
 
=========================

さて帰宅すると、やはり 食べ損ねた一杯分 だけ物足りない(笑)ので・・・☆

富士宮やきそば(東洋水産) > ← リンク:「かっぷめんblog」様

P1040679

なんでコレを買ったかというと、「ご当地グルメの祭典 B-1グランプリ」 なるイベントで 富士宮やきそばが優勝した、との記事を拝見したから。

コレがどこまで本物に迫っているかはともかく、「UFO」や「ペヤング」のカップ焼きそば定番商品と比べると麺が太くて食べごたえがあり、なかなか美味しい。
「ラーメン二郎」といい、「ジャポネ」といい、やはり B級の麺は“極太”がポイント なのかな。

この 「B-1 グランプリ」次回は静岡で開催予定!とか。
日程は6月2日(土)と3日(日)。う~ん 静岡のB級グルメ って全然知らないので興味あり。
富士宮やきそば学会のホームページ、かなり面白い♪

食後はビデオの録画を見たり、ネットでニュースを見たり。

東池袋の「大勝軒」が惜しまれつつ来月閉店というニュース。
あちらは未訪の筆者。長時間の行列でも行ってみる価値ありか!?と迷いつつ、でも実際の調理は山岸氏じゃなくて柴木氏の指揮下で・・・と思うと、すでに遅きに失したか。( あ、べつに柴木氏について何か言いたいワケじゃないので念のため )

テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」にて、アワビの陸上養殖や、ホタテの貝殻の産業利用についての話など。
このうち後者は、何となく「牡蛎湯 麺カフェ」の牡蛎湯カレーうどんを思い出したりして。
このほか、その前の放送分では干物用のアジを自動でひらいてくれる機械の紹介などが興味深かった。


さて、あったかくして寝るか・・・☆

|

« 週末はワインを買って(後編) | トップページ | メモ: 銀ダラ=アブラボウズ?、銀ムツ=メロ、etc. »

コメント

扁桃腺を腫らしていても麺3杯かぁ。
会社休んでフードファイトするのはいかがなものかと。

東池袋「大勝軒」は思い出いっぱいの店なので、3月中に食べに行こうかしらん。
私のブログの方では、今回から3回に渡って静岡篇です。

投稿: ヒロキエ | 2007年2月21日 (水) 17時49分

◆ヒロキエ様、

 お気遣い恐縮です。ただし「病中病後は少しぐらい
 無理してでも食べるのが回復のコツだよ」と、いつぞや
 ヒロキエ様ご自身も書いておられたかと。。。☆

 大勝軒は正直なところ、あまりにも「昔は良かった」と
 昔からのファンが語るあまり、若い世代が辟易する店
 の代表格というイメージなんですよね・・・。
 
 私自身は未訪なので発言しにくいですが、ネットでの
 クチコミを見るかぎりでは「昔は良かった」というより、
 「今がひどすぎる」と憤るのが正しい見方ではないか、
 とも思えます。
 
 逆に昔を知る世代からは怒られそうですが、カップ商品は
 私も食べてみて、うまかったですよ。
 http://blog.livedoor.jp/menzo3/archives/51042611.html

 知られざる静岡ネタ、楽しみにしております・・・♪

投稿: tsukijigo | 2007年2月21日 (水) 18時17分

風邪をひかれてたんですね。
お気を付けて下さい。
ラーメン3杯なら心配なさそうですが。笑
高校時代、東池袋大勝軒を食べに東京に来たことがあります。
あの衝撃は一生忘れないと思います。
僕は昨年の訪問を最後に、もう行かないかもしれません。
東池袋大勝軒=山岸さんですから。
今ではあのオレンジシャツがいるだけ。
味も落ちたし、店の前で酒盛りしているのを見ると心が痛みます。
それでももう一度だけ行こうかと迷ってます。

投稿: くに | 2007年2月21日 (水) 18時53分

◆くに様、

 一人身のカゼは、身体だけでなく心にも悪いものだと
 改めて感じております(笑)。
 
 大勝軒、やはり昔を知って現在を嘆くお立場ですか・・・。
 
 余談になりますが“家二郎”製作の上級者から見て、
 大勝軒の自作は難題でしょうか?
 くに様なら、そこらへんの支店のクチコミで見かける
 「昔の本店の劣化コピー」みたいなラーメンよりも
 美味しいものが作れそうに思います♪

投稿: tsukijigo | 2007年2月21日 (水) 19時24分

一人身でない者の風邪も大変ですよ。こちらの身より、家族に移さないよう注意されるのですから。
でも、無理はなさらずに。

大勝軒、名前だけは昔から知っているのですが未訪です。家の近所にもあるのですが、別に行くほどのことはないのですかね。

投稿: 西新橋一時勤務 | 2007年2月21日 (水) 19時42分

◆西新橋一時勤務様、

 そういえば、どっかの法律相談番組で「カゼをひいた夫を
 家から閉め出す妻と離婚できるか?」なんていうテーマが
 ありましたっけ(笑)。また別の相談コーナーでは、
 「夫がひどい水虫なので別居したい」という奥さんとか。
 
 大勝軒については・・・私も本店を知らないのでネットで
 「こんな情報を見た」としか言えないのですが。昔の
 本店を知る人が満足するほどの評判になる支店は、どうも
 見当たりませんね。
 
 ちなみに「ジャポネ」の近くにある支店は東池袋の系統
 ではなく永福町系で、元祖札幌やの人が云々・・・、と
 いう情報でした。
 あの店については以前、ヒロキエ様の楽しい4コマにも
 描かれてましたね。

投稿: tsukijigo | 2007年2月21日 (水) 20時09分

まぁtsukijigo様、お風邪?
実はワタクシも全く同じ症状でして
扁桃腺の腫れがもう3週間ほど引きませんの…
長すぎかしらん…笑
どうぞお大事に、寝袋で足りませんでしたら
華麗家からお布団セットをお届けいたしますわ♪

風邪なのでボデーにいいもの、しか食べられず
B級をとんとご無沙汰しているワタクシ…
この富士宮やきそばのお写真は拷問でございますわ~!

投稿: 華麗叫子 | 2007年2月21日 (水) 20時12分

 扁桃腺コンビでの活動を考えていたのですが、華麗さんを含めた扁桃腺トリオでの活動を考えたほうがいいのですね…早い回復を祈っております。

 今年は妙に喉風邪が多く、今も熱はないのですが、熱以外の要素を全て備えた症状なのが現状です…

 あ、食欲はほどほどです(笑)。

投稿: takapu | 2007年2月21日 (水) 20時17分

◆華麗叫子様、
 
 ニュースの録画を見ておりましたら、なんと先日は
 皇室の愛子様も扁桃炎で幼稚園をお休みになったとか!
 そういう状況なら、セレブな華麗姉妹様までウイルスに
 襲われるのも納得でございます。
 
 華麗家のお布団セットは、想像しただけでも心臓が
 レッドゾーンに飛び込んでしまいますので、お気持ちだけ
 ありがたく頂戴いたします・・・☆
 
 やはり、しばらくB級メニューは我慢としてお互いに
 養生いたしましょう~♪

投稿: tsukijigo | 2007年2月21日 (水) 20時18分

◆takapu様、

 扁桃炎トリオですか・・・また変なオジチャマに変な名前を
 つけられそうですね(汗)。
 
 ところで“活動”って、いったいどんな(以下略

投稿: tsukijigo | 2007年2月21日 (水) 20時21分

またまた来ました~。
冷静に考えて“家二郎”製作の上級者ではありませんので。。
大勝軒の自作は難しくないと思います。たぶん。
僕は大体の作り方は知ってますよ。
ただその作り方で大勝軒の味にはならないと思います。
やはりバランスというか分量が重要です。
でも材料は間違ってないと思いますので、試行錯誤ですね。
麺もそっくりなのを作れますよ。これは偶然できました。
ちなみに、滝野川大勝軒、七福神、麺屋ごとう、あと上野と南池袋あたりでも僕は満足できます。
昨年食べた東池袋は明らかに滝野川より劣ってました。
滝野川は、なんといっても1番弟子ですからね。
はじめて食べた東池袋はむせるほど魚介の味がきつかったです。あんなラーメン東池袋だけですよ。

投稿: くに | 2007年2月21日 (水) 20時59分

◆くに様、

 ハロー・アゲイン♪、また呼んでしまってスミマセン!

 しかし、さすがに興奮気味の反応ですね~☆
 “まかせなさい!”って感じで本当に心強いです。
 
 私の自炊ネタも、近い将来トライしたいのは中華料理と、
 あとはラーメンの魚介ダシなんですよ。特に魚介ダシに
 ついては、干物と魚粉についての知識と経験が必要なので
 勉強したいことが一杯です♪
 
 貴重な情報ありがとうございました。自分で食べ歩いて
 みるなら、まずは滝野川ですね。ぜひ訪問課題にします!

投稿: tsukijigo | 2007年2月21日 (水) 21時11分

うは。ラーメン三杯?
みているだけでお腹いっぱいに・・・

せたが屋、面白そうですね。
今度いってみます:)
おだいじにどうぞ。

投稿: とり | 2007年2月21日 (水) 22時24分

◆とり様、

 コメントありがとうございます~♪
 品川の「品達」で、意外性のある味に出会えるのは
 「せたが屋」が一番だろうと思います。
 他店は、2回ほど食べてみるとパターンが一定化してて
 期間限定メニューとか言っても味は想像できる感じで・・・☆

投稿: tsukijigo | 2007年2月21日 (水) 22時51分

何か何度も呼ばれているような気がして、再び来たのだ。

「大勝軒」のスープのレシピ、実は私は持っているぞ。
山岸さんは気前の良い人で、MOOKで作り方を公開しちゃっているからね。
今度見せてあげよう。

それから昼しか営業していないけど、高田馬場「べんてん」は行ってみてもらいたい店なんだなぁ。
行ってごらん。

私も実は先週、風邪で最悪だったのだが、金曜夜にジジ飼いさんと「ジャポネ」へ行きチャイナ理事長、その翌日クマ二郎と「リトル小岩井」へ行き、いろいろ3皿。
後で気持ちが悪くなって、職場で倒れました。

でもそれですっかりと風邪は抜けてしまいました。
風邪にはロメスパの暴食が効きます。
是非お試しあれ!

投稿: ヒロキエ | 2007年2月21日 (水) 23時23分

ええその、”活動”っていうのが一体何を表すのか、
大いに興味があるところでございますわね♪

で、そんなところにべんてん情報。
以前行き過ぎて顔を覚えられてしまい、
ただでさえぎゅうぎゅうなのに
サービス精神いっぱいのご店主様に麺増量されておりましたわ!
ああ、なんて懐かしいのでしょう…笑

投稿: 華麗叫子 | 2007年2月22日 (木) 00時03分

ありゃ、お風邪ですかぁ、お大事に。私も今日はなんだかだるいので休んでしまいました。

投稿: ろ | 2007年2月22日 (木) 00時46分

◆ヒロキエ様、
 
 あー、そういえば『自分で作るプロのラーメン』とか
 いうシリーズ本を見かけたおぼえがあります。
 趣味人には嬉しい本でしょうね。

 高田馬場は未踏の地ですねぇ。“慶応に二郎あり、
 早稲田にべんてんあり”って感じでしょうか。
 
 > 職場で倒れました。
 
 もうちょっとで、「彼は本望だったことでしょう」と
 弔辞を読まれるところだったんじゃないかと・・・☆
 
◆華麗叫子様、

 つられて再びのご来訪、大変恐縮でございます・・・☆

 べんてんの常連様だったとは驚きです。推察するところ、
 あのお店が「世界のセレブも訪れる」という冠詞つきで
 その名を轟かせる日も近いことでしょう!!
 
 それにしても二郎系+インスパイア系のお店では、顔を
 おぼえられると災難にあうことが多くなりますね(笑)
 
◆ろ様、
 
 先週のカゼ、まだ抜けてないのでしょうか?
 おたがい養生いたしましょう~♪

投稿: tsukijigo | 2007年2月22日 (木) 06時45分

三度目ですが・・。
僕は高田馬場近いのでよく行きます。
もちろん「べんてん」も!
つけめんNO.1という人もいますね。

大勝軒については、ここに麺もスープも出てます。
http://www.taishoken.co.jp/taishoken/tan/index.html
トン足が出てませんが使ってます。鶏ガラとは別にモミジも使っていたような・・。東池袋とは若干違うようですね。

投稿: くに | 2007年2月22日 (木) 07時41分

↑なるほど、こういうサイトがあるのね。
さすがクマ二郎!

だがこの調理法では残念ながら「大勝軒」の味は出ないのじゃ。
それについてはいずれまた、なのじゃ。

投稿: ヒロキエ | 2007年2月22日 (木) 09時03分

◆くに様、ヒロキエ様、

 再三のご来訪、誠にありがとうございます・・・

 > この調理法では残念ながら「大勝軒」の味は出ない

 三田二郎でも“秘密のレシピ”は諸説ありますね。
 たとえば、こんなの。

 「オヤジさん、今日は店のまわりに鳩がいないね」

 「いいダシが出てるだろ~?、イーッヒッヒ☆」

投稿: tsukijigo | 2007年2月22日 (木) 12時37分

鳩かーーー鳩はいいね~~~(←おいおい、危ないよ~このヒタァ!)

でも、これじゃあTSUKUJIGOさんが思いっきり扁桃腺腫らしてたってきっと誰も同情してくれなさそうですわ。

サムゲタンやチゲ鍋・・・・・ああ!ニンニクどっさりこんのモツ鍋なんかが風邪にはよさそう。

喉は長引くからお大事にね。寝る時は濡れタオルで口(顔全体?)を覆って寝ると喉の負担が少なくって早くよくなりますわよ。それと人ごみでは立体マスクをお忘れなく。ホコリが喉に悪いですからね~。

投稿: 早坂 | 2007年2月22日 (木) 22時38分

◆早坂様、

 > 鳩はいいね~~~
 
 たしかアグネス・チャン氏も同じことを・・・☆
 
 > 寝る時は濡れタオルで口(顔全体?)を覆って寝ると
 
 手足を押さえつけて、濡れたチリ紙を顔にかぶせると、
 患者さんは“楽になる”とか(汗)

投稿: tsukijigo | 2007年2月22日 (木) 23時52分

この記事へのコメントは終了しました。

« 週末はワインを買って(後編) | トップページ | メモ: 銀ダラ=アブラボウズ?、銀ムツ=メロ、etc. »