« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

ハモとの遭遇

掲載日「 2006/08/28 」
( この記事は、前記事「2006/08/28 築地市場お買い物メモ」の続き )
★末尾:ちょびっと追記あり。

さて本日のお魚クッキング後半戦、いよいよ本命のハモ!

P1020075_1

P1020081_1

なかなか、
ええツラがまえ
してまっせ、
こいつ・・・☆

このハモは「浅田水産」の店頭に朝9時すぎに並んだもの。
( いつもながら、このお店は朝のスタートが遅め )
お値段はキロあたり2,500円で、これは1匹1,300円だった。

ちなみにハモは大きければ良いというものではなく、「落としハモ(牡丹ハモ)」のように、料理によっては皮が薄い小型のものが適する場合もあるとか。

P1020029_2さてハモに初挑戦するにあたり、“ハモ切り包丁”を買うべきかを今朝、「有次」で相談してみた。

お店のお兄さんは、会話の途中で筆者のことを思い出してくれた。

そして「ハモ切りは高いし、ハモ以外には使えませんからねぇ」と言い、要するにハモの骨切りに必要なのは重さ刃わたりの直線部分の長さなのだから、大きめの出刃包丁を買うほうが、あとで使い道も多いから良いのでは、と助言してくれた。

( ハモ切り包丁、通販とかで検索すると1本「5万円」とか「7万円」という製品が普通に売られているので仰天しました・・・☆ )

P1020027_1ありがたく、素直に、助言に従うことに。

なお、この写真はウナギ裂きで、両脇に並ぶデカイのは関東の“背開き用”。

真ん中の彫刻刀みたいに小さいのは名古屋で使う“腹開き用”、その隣のミニチュアの斧みたいなのは京都の“腹開き用”だとか。

へぇ~☆、ウナギって、腹から開くなら小さな包丁で十分なんだ。

わざわざ背中から開こうとしたとたん、こんな大げさな刃物が必要になるなんて(笑)

P1020072_1 で・・・今回購入したのが写真上段の「七寸」
比較のため、前回購入した包丁を下に並べてみた。
しっかりした重量感があり、これなら力に頼らなくても魚の小骨をザクザク切れそうな感じがする。


さて、いよいよハモに挑戦!・・・の前に、腹ごしらえ(笑)。
お昼と同じく、ホタテの貝焼き。今回はバターを乗せてスタミナアップ☆

P1020061_1

P1020065_1

コロナビールに絞り込むのはライムではなく、
徳島出身の友人がくれたスダチ♪


で・・・☆

腹に力が入ったところで、ハモをズバッ!っと捌いてみる。

P1020086_1 内臓を出したところ。グロテスクなのが苦手な人はクリックしないほうが良いかも(汗

P1020088_1

P1020091_1

なにしろ長いのでワンルームの小さなキッチンでは作業しにくい。
仕方なく全体を3つに断ち切って三枚におろした。
ここまでは、前回購入した小さい出刃包丁の仕事。

・・・と、ここで予想外の問題発生!

P1020094_1P1020098_1 なんと、さきほど洗って準備した新品の包丁が、小さな水滴の付いた部分にシミ(サビ)発生。

ええ~っ!?、さっき洗ってから15分か20分ですよ!?
このシミ、こすっても落ちないんです(涙)。完全に“サビの赤ちゃん”といったところ。

おそるべし、和包丁・・・!!

P1020103_1P1020104_1
気をとり直して、いよいよ今回の最重要課題である「骨切り」を開始する。

漫画『築地魚河岸三代目』で紹介された初心者向けのテクニック、
「布巾で段差をつくり、皮一枚を残して包丁を入れられるようにする」
という方法
を試してみた。
( 上: 写真左が骨切り前、写真右が骨切り後 )

P1020110_1P1020107_1手で持ってみると、こんな感じ。
身は切れているが、皮はちゃんと残っているのでバラバラになる心配は無い。



P1020114_1しかし、布巾はけっこうダメージが大きいですな☆
ま、授業料だと思えば布巾1枚ぐらい安いって!


どうにか、20分少々で骨切り終了。

P1020116_1P1020125_1
こうして見るかぎりでは、いちおう細かく切れ目が入っているようだネ。。。

といっても正直、最初から上手にできるとは思わないので、あまり過度な期待は持たないことにする(笑)

これを2~3センチ幅に切って熱湯に落とし、氷水で締めれば・・・
「ハモの落とし(牡丹ハモ)」のできあがり!!

P1020133
梅肉に酒と醤油をまぜて乗せれば、夏の京風情♪

なお、ハモの旬は夏ではなく、じつは秋からだ!、という説がこちらに。


さあ、いよいよ試食♪

ふむ、ふむ、うーむ・・・(苦笑

白い身の部分は我ながら美味しく食べられるのだが、皮がダメ!
やはり細かい骨が、皮の中まで食い込むように残っていて、これはダメです、はい。

結局、白い身だけを皮からこそげ取るように食べるしかなかった。

やはり最初から上手に、ってのは無理ですねぇ。でも身だけは美味しかったので、まあ初めてのチャレンジとしては・・・今後に期待!と自分に言い聞かせよう(笑)

続いて京都の“おばんざい”、ハモのつけ焼きを作ってみる。

P1020139
じつは、これがまたクセモノだった!

焼けば皮が縮むので、身が丸まってしまうのを防ぐために串を打つのだが・・・

骨切りしたあとの身は極端に柔らかく崩れやすく(骨切りが下手くそなので、なおさら)、それとは対照的に皮は非常に硬い弾力を持っている。

このため、身のほうに串を通そうとすれば簡単に身が崩れて串が外れてしまい、かといって皮の下ぎりぎりに串を通そうとすれば、すぐに皮にひっかかって止まってしまう。

そこでエイヤッと力をこめると、たちまち身がつぶれてしまい・・・という難しさ。

P1020145   
どうにかこうにか串を打って、タレ(醤油・酒・みりん)をつけながらグリルで焼く。
 
これを食べるのは、とりあえず明日にしよう。
京都でも、つけ焼きは店頭で買ってきたものを冷めた状態で食べるのが普通だし。

それに何より、熱いまま串を抜こうとすれば、おそらく簡単に身が崩壊しそうで怖い(笑)

ともあれ・・・、かなり面白かったな、今日は♪ 


★ 2006/08/29追記:

翌朝・・・ ヤリイカで残ったゲソ(足)とエンペラ(頭の三角形)をオカズの足しにする。

筆者はゲソ焼きが好きなので、そのまま醤油をかけて焼いても良かったのだけど。
しかし今回、ハモの知識について『築地魚河岸三代目』のお世話になったので、感謝をこめて巻末付録のレシピ集から「イカのマヨネーズ焼き」を作ることに。

P1020149P1020155

P1020158

副材料のタマネギは、以前に余ったとき冷凍しておいたものを解凍して使用。

おお、なかなかウマい♪

ほどよいジャンク感がありながら素材の良さもしっかり際立っていて、気のきいたカジュアル居酒屋っぽい味。
これだけでもオカズやオツマミになり、また他の野菜に付け合せても良いだろう。

ごちそうさま☆

P1020162 ちなみに昨日の残りであるホタテは、身をさばいてから冷凍保存。

不意の来客時にも最適の一品となる。

 
P1020152 同じく、ハモの頭と中骨も冷凍保存。

これは、いずれ上等なダシの材料に!

 



【 記事カテゴリー 】
TOP 地図 寿司 定食 丼(魚) 丼(肉) 天ぷら 麺類 カレー 
喫茶 酒処 買い物 動画など 番外 夜の築地 メールなど 

|

2006/08/28 築地市場お買い物メモ

今日は仕事を休み、朝から涼しいので快適気分で築地へ。

まずは腹ごしらえを「洋食 たけだ」で。 ・・・ん?
P1020015 P1020016
主要メニューが来月から値上げ、とのこと。

最近、マグロの価格高騰もあるからねえ・・・
ともあれ、安く食べるなら今のうち!

(壁に貼られているのは9月からの新価格で、本日現在は、まだ現行価格)

というわけで本日は、まぐろ尾肉ステーキ定食にサラダを追加。
(サラダはメインディッシュの皿に一緒に盛ってある)
P1020017

さて、お買い物の1軒目は「三宅水産」で。

・真サバ: 2,000円
・ホタテ: 250円×4
・ヤリイカ: 800円


ヤリイカのほかにスルメイカもあり、1杯200円。ずいぶん値段に差があるねえ。しかも1時間ぐらい後には150円にディスカウントされていた。
「それだけ味も違いますからねー」と、お店のお兄さん。
( 彼、このまえテレビの『トリビアの泉』にも出てましたな )

できればサバも、安いゴマサバがあれば良かったんだけど(笑)

で、お昼はそれを料理して・・・
P1020020P1020022P1020023

P1020034

サバをおろして、塩で2時間、酢で1時間(←いずれも、ちょっと長め)。
冷蔵庫に入れて待つあいだに、ホタテを火にかける。   

P1020045Hotateホタテの貝焼き。

アツアツの焼きたて、
ビールのCMみたい♪



ホタテ1個でビール2本、いっちまいましたぁ☆ 

さて食欲に火がついたところで、ヤリイカをさばいてみる。
P1020035

P1020036


しめサバ
もできたので、イカそうめんと盛り合わせ。
Ikasaba ま、初めてにしては悪くないかな?

ついでに、サバのアラも無駄にせず塩焼きにして、スナック感覚でいただきました。
P1020051

それから。。。

じつは買い物のとき「浅田水産」にもお邪魔して、ひそかに宿願だった魚を購入。
P1020026 これ。

見ればわかると思うけど。。。

そう、関西人が夏に珍重する例のアレ

これをさばくには、例のナニがソレで難しいというので(笑)、一度は挑戦してみたい!と思っていたもの。

というわけで初挑戦は後半、「ハモとの遭遇」に続く!



【 記事カテゴリー 】
TOP 地図 寿司 定食 丼(魚) 丼(肉) 天ぷら 麺類 カレー 
喫茶 酒処 買い物 動画など 番外 夜の築地 メールなど 

|

築地メモ・休眠中

Shaka01_1  このブログは、筆者のHP本館
 「春は築地で朝ごはん」
 築地ネタを移植したものです。

 当サイトは“春の更新”
 メインで、「2度目の春」である
 2006年の更新が5月に終了

 その後は、たまに不定期更新
 しつつ・・・来年の春はどうなる
 かな?(笑)

 
< 不定期更新メモ: 2006年 >

【2006/08/25朝日新聞記事】
「地中海のマグロ乱獲に抗議するため」フランスに行こうとした
グリーン・ピースの船が、いつもとは逆に、抗議の漁船に囲まれ
撃退されたそうな・・・☆

 ↓
★関連(PDFファイル)★
WWFレポート「地中海におけるマグロ蓄養業・
危機に瀕するクロマグロ資源」


2006年・7月~8月分~「不定期更新メモ」はこちら
2006年・6月分の「不定期更新メモ」はこちら
2006年・5月分の「不定期更新メモ」はこちら

( イラスト:約10年前の筆者自画像
なお本館には番外ネタで「ラーメン食べ歩き」などを掲載中。
・ご参考: 筆者の嗜好について(本館記事)



【 記事カテゴリー 】
TOP 地図 寿司 定食 丼(魚) 丼(肉) 天ぷら 麺類 カレー 
喫茶 酒処 買い物 動画など 番外 夜の築地 メールなど 

|

更新履歴:2006年まで

<2006年11月~12月>
「たけの」で忘年会
「このWeb2.0がすごい!」ブログランキング
「虎杖 南店」
番外・クリスマスにはカキを食べよう♪
ブログの輪♪+カキを食べようキャンペーン☆
番外(動画つき):資生堂パーラー
築地「高はし」アンコウ煮をめざせ!+α
番外メモ: タイムリミット45分!「ど・みそ」「ニューキャッスル」「三州屋」
築地市場、場外「もんぜき通りを食べつくせ!」
番外・京都 一乗寺:
「ラーメン荘 夢を語れ(ラーメン二郎系・マルジ系)」
「天天有(京都ラーメンの有名店)」

「キューバンカフェ」: 楽園の懈怠・・・!?
「カフェ&ワインバー」:築地の観光案内を兼ねた、新たな拠点!・・・しかし。
「かんの」:新メニュー、なかなかイケる♪
築地市場:場内・場外でお買い物
番外メモ:“3軒目の誘惑”
秋祭り、ちょっとお料理(前編)
秋祭り、ちょっとお料理(後編)
【続】「千秋 はなれ」で魚河岸クッキングを食べる会
番外:ジャポネ+リトル小岩井=!
ラッチーの逆襲・新宿編(新潟イタリアン「みかづき」)
番外:旅行博 in 東京ビッグサイト
連食メモ:「まんてん二郎」プラス2 
麺食メモ:「ジャリト二郎」プラス1

<2006年9月~10月>
(メモ)チャレンジャーな皆様+余談
【続】「千秋 はなれ」で魚河岸クッキングを食べる会
番外:ジャポネ+リトル小岩井=!
ラッチーの逆襲・新宿編(新潟イタリアン「みかづき」)
「千秋 はなれ」で魚河岸クッキングを食べる会
2ちゃんねるで・・・
番外:旅行博 in 東京ビッグサイト
番外:天空・りょう華・カウパレード・オイスターバー
知恵袋
築地、牛丼、鯨。
魚供養 
食休みメモ: 今後しばらく、大食いや連食の企画は予定してません! 
連食メモ:「まんてん二郎」プラス2 
参考メモ:朝の自炊ネタ
食休みメモ: モバイルツール関連 
決して大食い志向ではない筆者のメモ(汗)
築地メモ:食休み中・・・(笑)
麺食メモ:「ジャリト二郎」プラス1
・2006/08/28 築地市場お買い物メモハモとの遭遇
【2006/08/25朝日新聞記事】
「地中海のマグロ乱獲に抗議するため」フランスに行こうとした
グリーン・ピースの船が、いつもとは逆に、抗議の漁船に囲まれ
撃退されたそうな・・・☆

★関連(PDFファイル)★
WWFレポート「地中海におけるマグロ蓄養業・
危機に瀕するクロマグロ資源」

・インデアンカレーは「カレーが先か、ピクルスが先か?」
・夏休み“食”の読書メモ

平成18年・東京湾大華火祭
・「すしダイニング“Plaisir(プレジール)”」 ←築地場内「寿司大」元店長さんの新店!
・「喫茶 ボン
7月分...
・「【英国】アナゴ愛護?」( ニュース記事より:時事通信AFP )
誤報訂正(築地場内にまた新たな寿司店が・・・関連)
( 正しくは「玉川」閉店、新店「市場ずし」開店準備中、「米花」は今までの通り! )
芝大門「お台場」(築地「とうがらし」の姉妹店)
雑誌『築地人(つきじん)』
・ネットで見かけた情報:
 「甲殻類あわれみの令?(産経新聞)」+関連ブログ記事
 「築地のセリ場に音声認識システム導入」(←企業による記事体広告)
 「長ねぎ1本400円」・ 「青果部の人は温厚(?)

<2006年6月>
☆ミニ情報:
場内「寿司大」の店長をしておられた鈴木さん、8月ごろ人形町に個人営業店をオープンさせる予定とのこと。

2006/06/27: 亀和商店の人が書いておられるブログによれば、ブルース・ゴア個人ブランドのサーモンが築地場内の「たけだ」で食べられるそうな。しかも格安☆
このブランドと「MSC」なる認証規格についてはこちらの記事とコメントが参考になるかと。。。

2006/06/20: “教えて!goo”で、ちょっと面白いQ&Aが。
「質問:塩サバの盛りつける向きは皮が上?下?」

その他、ニュース拾い読み。。。☆
個人的に、気になった記事が3題ほど。

(産経新聞) 新種の汚染物質 市販魚から検出
http://www.sankei.co.jp/news/060620/sha036.htm

(読売新聞) 富山「ホタルイカ」記録的不漁
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060620i501.htm

(毎日新聞) 捕鯨・IWC総会で日本の提案2つを小差で否決
http://www.mainichi-msn.co.jp/keizai/wadai/news/20060617k0000e020035000c.html

2006/06/19メモ:
高はし」は明日(2006/06/20火曜日)、早じまいの予定。
11:30ラストオーダー、12:00閉店。( 店外掲示より。筆者の新規記事は無し )

ちなみに今朝の筆者は「鮨文」で朝ごはん。んまかった♪( 注:新規記事は無し )
店内に去年は見かけなかった貼り紙があり、
申し訳ございません。写真撮影はお断りさせていただいております」とのこと。
ヒロキエ様の「食い道をゆく」のコメント欄でも意見交換が盛り上がっている話でもあり、ちょっと考えさせられた。

2006/06/18メモ: 記事の盗用被害につき、当該サイトに閉鎖告知が掲載されました。
2006/06/15メモ: ここから、しばらく更新お休みです...☆

2006/06/14: 「大豆や(まめや) なごみ」 記事掲載
2006/06/12: 築地 Q&A (番外・余談) 記事掲載

祭だ!、祭だ!!

2006/06/10:「平成18年・つきじ獅子祭」記事掲載
2006/06/07: 「ふく佳・柳屋」(番外・五反田)記事掲載
2006/06/06: 「三宅水産(その2)」記事掲載。
2006/06/04: 「RAGOUT(ラグー)」記事掲載。
( 築地場内「センリ軒」が日本橋に出している姉妹店 )
2006/06/03: 「鮨つかさ」・「有次」記事掲載。
2006/06/02: 「高はし」のメヌケは、ほんとに感動しました☆



2006年・5月分の「不定期更新メモ」はこちら
<2006年5月>

2006/05/31:「東卸食堂」記事を掲載。
★築地市場の場内で一番安い定食、おそらくコレです...♪

 【 その他、本日の場内メモなど 】

Tsukijibook_4_4 築地王(BON)様の新著、絶賛発売中♪
 
『東京・築地 五つ星の味、極上の逸品』

・・・で。築地市場、場内の本屋さんでも積んであったので撮影しようとすると、お店のお兄さんに「写真、だめだよぉ~」と怒られてしまった。(ごめんなさい)
※ こちらの画像使用は著者許可済み



・「高はし」で話題の“めぬけ”や“アナゴの一夜干し”は、朝7時過ぎの時点では店頭のメニュー掲示には無かった。(昨日・今日とも)

・同じく「高はし」は今朝7時15分ごろに店内満席。いつもより満席が早い。ほとんど市場のおじさんではなく一般客。これは“築地で食べるなら「高はし」!、それも水曜が空いてて狙い目!”という情報が浸透したおかげで、かえって水曜日は「高はし」に一般客が集中する傾向になってきたのかも(笑)

「玉川」は春からずっと長期休業中。一般客には入りにくい常連ワールドだが、あの独特の雰囲気は好きなので早期の営業再開を望みたい。

・喫茶店から寿司店に転換した「やまざき」は朝7時すぎの時点で来客ゼロ。同じ並びに「寿司大」と「大和寿司」の行列がある中、このコントラストは痛々しい。

・見学ツアーらしい女子高生が5人ほど、ガイドの指示に従ってターレットの荷台に立って乗り、運転席側にある背板にしがみついて、走り出したとたんキャアキャア大騒ぎしていた。( この写真を撮りたかったが、間に合わず )

< おまけ >
Sa410003531 築地ネタとは関係ないが本日の夕方、川崎の「めじろ」でラーメン(730円)を頼んだところ、注文して約1分で出てきた!
ちなみに他に客は2人しかいないヒマな状態。
ラーメンの味はマトモ。いったいどうしたんだろう。従業員が“まかない”を食べようと麺をゆでたところだったのかな??

        ○        ○        ○        ○

2006/05/30:「かんの」「高はし」記事を掲載。

2006/05/27: 「三宅水産」記事を掲載。

2006/05/26: 盗用被害の件、築地王(BON)様もコメント魯様の検証はこちら

2006/06/24:【 本館記事 】 京橋『ダバ・インディア(Dhaba India)』追加

2006/05/23:築地王(BON)様から新著の見本誌をいただきました。(感謝☆)
『東京・築地 五つ星の味、極上の逸品』 東京書籍 2006年5月29日発売予定

今作の仕様で一番うれしい!と感じたポイントは、takapu様もご自身のブログ「ひるどき日本ランチ日記」で述べておられた通り、
★ ハンディサイズ!★
 
他のガイドブックと較べてみれば、この 持ち歩き快適度 が歴然♪

おせじ抜きに 「今、築地に一冊、持って行くのに最適の本は?」と尋ねられたら、迷わずコレ!と指名確定。

これまでの築地ガイド本のほとんどは大判サイズのムックで、お昼に持ち歩けるようなミニポーチには入らない。

また「切り離し可能な地図」が付いていても、地図だけ持っていて「 えーと、この店の目玉商品って何だっけ・・・? 」と戸惑う場面がしばしば。(料理店もそうだけど、特にショッピングの場面で)

もちろん本作の内容の 大充実ぶり は、さすがに“チャンプ”の貫禄! 地図ごと持ち歩けるサイズという点からも、文字どおり“手放せない”一冊となることは間違いないです♪

なお表紙は、問答無用でウマそうな寿司の写真がドドーン!と出ていて、本屋さんでも思わず手にとりたくなるインパクト☆
しかし、これくらい目にも鮮やかな写真だと、通勤電車では目立ちすぎるかな?

・・・と思いきや!、この写真のある部分は表紙ではなく、特大の“帯”。
帯を取ると、オトナの上品さを湛えた青い表紙に一変するのですねー。
 
ダイエット中の女性のまえで読むときは、この帯を外すのが「オトナの優しさ」でしょう(笑)

< その他の2006/05/23メモ > ちょっと目についた話題など。。。

その1: 「アジからマグロは産まれるか!?」 東京テクノ・フォーラム21
冗談ではなくマジメな科学研究の話。夢(+食欲)がひろがりますね☆

その2: マイワシが築地で1匹“1,200円”ぐらいに高騰してるそうです。
NIKKEI NETの経済記事より。やっぱりクジラが食べてるのかなあ。。。

その3:
どうでもいい話だけど・・・あの“お騒がせ”若手議員が自身のブログで他人のエピソードを盗用?との疑惑で、指摘を受けて記事削除したあとは連絡がとれなくなっているとか。

うーん、いつぞやの偽メール事件の議員は「だまされた」ということで被害者の立場でもあったけど、もし本当に自分のブログで他人の話を盗用したのなら・・・今回の被害者とされる人が述べた通り、完全に確信犯の加害者になりますね。

→ 追記:この件、続報はこちらに。
(h)ttp://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2006/05/post_d835.html

ちなみに、例の盗用ブログは放置のまま捨ておかれている模様。

【 本館記事 】

2006/05/22 麺食メモ「ラーメン二郎・神田神保町店」
川崎ラーメンシンフォニー「めじろ」「本丸亭」を追加。

2006/05/21 銀座の「大勝軒」と「船見坂」を追加。

        ○        ○        ○        ○

【 新感覚グルメブログ登場! 】

ヒロキエ様の 「食い道をゆく」
http://kuidou.cocolog-nifty.com/blog/

日本橋から銀座、そしておそらく築地まで(?)のグルメ情報を、楽しく・鋭く・カラフルに描く、ユニークな4コマ漫画ブログ...☆

プロの技術に、アマチュアの遊び心を満載!、必見です。

なお、記事は一話完結スタイルだけではなく、2~4話くらいの小連続スタイルも含みます。
このため、初めての人は最新記事から読むよりも、バックナンバーの一番最初のほうから順を追って読むことをオススメします。

        ○        ○        ○        ○

記事盗用の件

とりあえず基本的な措置として以下を実行。。。

1.盗用サイトに抗議・削除要求のコメントを書き込み、メールも発信。
 (すでに筆者より先に抗議して下さった方が。この場をお借りしてお礼を申し上げます)

2.魯様が検証して下さった「他にもある別のサイトからの盗用記事」を含め、これまでに気がついた被害サイトへの連絡・コメント。

3.盗用記事内にアフィリエイトが置かれているので(この盗用ブログは、そもそもアフィリエイトで小遣いを稼ぐことが目的らしい)、対象商品の販売元に連絡。

 しかしまあ今回のサイト、ほとんど放置状態にあるようなので今回の抗議に対しても無反応のまま放ったらかしになるかな?

=============================

平成18年・東京湾大華火祭
誤報訂正(築地場内にまた新たな寿司店が・・・関連)
( 正しくは「玉川」閉店、新店「市場ずし」開店準備中、「米花」は今までの通り! )
雑誌『築地人(つきじん)』創刊号
築地 Q&A (番外・余談)
つきじ獅子祭(平成18年)
ふく佳・柳屋(五反田)
「築地100日100店」訪問店一覧(2005年・春)
記事の盗用被害について
築地の朝、銀座の夜
つきじ獅子祭(平成17年)
2005年、大晦日の築地

 

|

平成18年・東京湾大華火祭(順延開催2006/08/13)

20060812a掲載日「 2006/08/12+α 」 開催後の追記あり。

今年も花火見物に友人たちが遊びに来てくれるため、築地でお買い物。しかし天気予報は夕方から激しい雨とのこと。。。

20060812b まずは「さかえや」で腹ごしらえ。
オヤジさんが常連客と「このへんの駐禁の取り締まりってのはさ、3ナンバーと5ナンバーだけなんだよ。1とか4とか7は大丈夫だからさ」などと会話するのを聞きつつ豚丼をいただく。
味、濃いめ。味噌汁、かなり熱め(笑)。

築地人(つきじん)』創刊第2号をゲット。
(写真:一部修正)

買い物は「三宅水産」で。もしかすると雨天順延の可能性も考えられるため活けエビやウニなどは断念して、1日ぐらいは平気なカツオとアサリを購入。

帰宅してカツオを冷蔵庫に放り込み、アサリを塩水につけて砂出し開始。

少し朝寝して起きてみたら中央区の広報に「雨が予想されるため花火は翌日に順延」との告知が。あーあ。

しかし、確かにその午後は激しい雷雨になりJR山手線も落雷で長時間ストップしたぐらいなので、昼間から場所とりをする大勢の観客のことを考えれば仕方のない決定だったと思う。

→ で、翌日の順延開催。
P1010893_2
今回、順延に伴って「残念、日曜は行けない!」と涙のメッセージになった友人がお二人。楽しみにしていたのに、本当に残念☆

そこで他の友人知人に声をかけたところ魯様が来て下さることになり、さらに「日曜なら行けるから!」と加わった友人も。
結局、筆者も含めて筆者宅で男女4人づつの花火見物となった。

当日、お粗末ながら筆者の手料理。
P1010886

P1010898_1

写真左: ムサカ(ギリシャ風グラタン)、鶏の白ワイン煮野菜の味噌漬け(ピリカラ風味)。このあと、鶏の白ワイン煮を作ったあとの茹で汁でレモン風味スープを追加。
写真右: 前日に買ったカツオをさばいてタタキをサラダ仕立てに。でも筆者の包丁の手入れが悪いことが魯様の目には一目瞭然で、非常に恥ずかしかった(汗

ほかにも、皆様からの持ち寄りグルメ多数(感謝!)

P1010883

ライムを切ってコロナビールで乾杯したあと、カクテルを準備してフローズン・ダイキリなど。
(写真右にある青と白の機械は“かき氷の製造機”ではなく、砂利状のクラッシュ・アイスを作る機械)




P1010899_1麻布十番シャンパンバーの女主人は美味しいシャンパンを持ってきて花火開始と同時にサービスしてくれた。最高のオープニング!
ほかにも友人連ご持参のビールに日本酒・・・シメは魯様ご持参の貴腐ワイン♪

さて楽しく美味しく盛り上がって皆様がお帰りになったあと、部屋を片付けると女性陣4名様のうち3名様の忘れ物が。
 
 
・黒のカーディガン。
・キーロックしていない携帯電話。
・晴雨兼用傘。


最後の傘は持ち主から電話があり、「あれは大事なモノだから明日の夜に取りに行く!」とのこと。
では晩メシのついでに、ということで花火見物では出しそこねたアサリとシメジを使ってパスタでも作るか。。。☆

P1010905 ワインも残ってるし、ささやかな夏の余韻といったところ。

( 翌日昼 ) 昼酒でも飲んで昼寝しようと思っていたら、傘の持ち主よりも先に携帯電話の持ち主が「今からいいですか!」と来訪。
とりあえずケータイを渡して、暑いのでグレープフルーツを絞って飲んでもらい(道具は上のほうにあるカクテル器具の写真中央、ハンドル付きのジューサー)、パスタをゆでて2人で昼ごはん。

P1010907
で、あとは夜に傘の持ち主が来るのか・・・(やれやれ☆)


【さらに後日追記】2006/08/18メモ:

昨夜は激しい夕立のなか、麻布十番のシャンパン・バーへ。
花火見物のときに女主人が忘れていったカーディガンをお届け。
「そのうち取りに行くから」と言われていたが、やはり男一人暮らしの部屋に婦人服が置いてあるってのは落ち着かないので(笑)。
で、店内は麻布十番祭の準備で大変なことになっていたが、カーディガンのお礼にと、シャンパンをサービスしてくれた。
そして今日は休みをとり、週末ちょっと遅めの帰省にそなえて築地でお買い物。
長生庵」で朝ごはんのあと、「寿屋商店」など場外市場をぶらぶら。
暑かったが、休暇なので帰ってすぐシャワーを浴びてビール☆
うーい、極楽じゃ♪
 

【 記事カテゴリー 】
TOP 地図 寿司 定食 丼(魚) 丼(肉) 天ぷら 麺類 カレー 
喫茶 酒処 買い物 動画など 番外 夜の築地 メールなど 

|

すしダイニング Plaisir (プレジール)

築地市場・場内「寿司大」の元・店長さんが待望の新店を人形町にオープン。
訪問日「 2006/08/10 」(開店初日)
※ 後日追記: 「2011年4月で閉店」 との情報あり。

一度見たら忘れない、あの店長さんの笑顔が再び!

P1010879a 「すしダイニング“Plaisir(プレジール)”」
お店情報は左の写真をクリックして参照。

★お盆休み★ 2006年8月14日~16日

地下鉄浅草線「人形町」駅、A3出口を右へ。
最初の角をもういちど右へ曲がると、
左前方に見える茶色のビルの2階。
入口はビルの左手にある階段から。
P1010842 P1010843

P1010844

P1010845 P1010846 P1010867

P1010866


P1010856 開店初日の午後6時前に訪問。先客は1人、商売でお付き合いのある方らしい。

そして、あの店長さんは相変わらず満面の笑みで元気な声!
最初に目をあわせた瞬間から、さりげな~く客の様子を観察して接客に反映させようとする気配りが感じられるのも、築地場内「寿司大」そのままのスタイル。
( というか、やはり開店初日の緊張感が先に立っているのかも・・・!? )

ほかのスタッフは、接客担当が店主の奥様と「いずみちゃん」と呼ばれるアルバイトのお姉さん。
厨房には「しんちゃん」と呼ばれる男性もいるが、彼は臨時のヘルプ要員だとか。

店内のカウンター席はL字型で8席。スツールは4本脚。
テーブル席は「4人掛け×2」と「2人掛け×1」だが、4人掛けのうち1つは柱のある出っ張りに邪魔されてイスは3個のみ。で、全部あわせて17席。

小さなお店だが、さすがに築地場内の店舗よりは広い(笑)。

P1010849 P1010850メニューはわかりやすく、筆者が頼んだ握りのセットも2,000円・3,000円、3,500円と区切りの良い設定。



全体として、店主の実力からすれば安すぎるのでは?と思うほどの低価格。

ただし価格も営業時間も、まだ様子を見ながら考えたいとのこと。いずれはランチ営業も・・・という会話があった。

さあ、いよいよお寿司♪ ( おまかせで3,500円のセット )

写真を撮ってもいいですか?と尋ねると、「どうぞどうぞ!、遠慮なく撮って下さい☆」と笑顔でOKしてくれた。
P1010848 P1010864

P1010851_1

トップバッターのマグロは北海道・恵山産。店主が絶対の自信を持って選んだらしく、その後から来店したお客さんたちにも大いに胸を張ってPRしていた。
味はもちろん素晴らしい☆

つづいてアイナメ、釣りアジ。これもスッキリしつつ旨味は十分で、ある種の余裕を感じさせる食べごたえ。

P1010853P1010854

P1010855_1

アワビ(小さく握っている)、シマアジ、ヅケまぐろ。
このあたりでカウンター席が一杯に。背広を着た市場関係者が4人、おそらく仕事関係?と思われる男女二人、それと最初の先客が帰ったあとに築地のお店で常連だったというお客さんが新たに1人。

なお、ネタには絶対の自信が伺えるとはいえ、シャリの大きさ・握り方については筆者を含めて客に何度も「よろしいですか?、お好みがあったら遠慮なくおっしゃって下さいね!」と笑顔で念を押していた。

おそらく、築地のような「朝の寿司」と、こちらのような「夜の寿司」とで、客の好みの違いを早く覚えようと考えているらしい。
P1010857P1010858_1

P1010859_2

P1010852P1010861

P1010862

シロイカ、ウニ、クルマエビ、
味噌汁、巻き物、最後にアナゴ!

なお玉子焼きの段取りを間違えてしまったらしく、「申し訳ありません・・・」とおわびしながら、代わりに握りをちょっとオマケで付けてくれた。
( 上記のうち、どれがサービスだったのかは不明 )

ごちそうさま♪、とお勘定をお願いすると、記念品で当店オリジナル湯呑みをどうぞ、と言われたので2種類あるうちの一方を選んでお持ち帰り。うれしい☆

P1010860P1010873P1010874

P1010875_1

写真のいちばん左は、店内で出された湯呑み。
筆者が選んだのは写真の右3枚のほうで、表面はザラザラの素焼きだが内側は釉薬を塗ってなめらか。

なお、お店は開店したばかりなので少しぐらい気になる点があっても今の段階では指摘する必要は無いと思う。

それでも筆者として一つだけ残念なのは、カウンター席でも喫煙OKだったこと。
満席時、8席のうち3席の客がプカプカと・・・

たぶん、深夜になるにつれて喫煙率は高くなると思われるので、この点だけは筆者が敬遠したくなるマイナスポイント。

お寿司は絶対おすすめ♪・・・だけど、
タバコが大嫌いな女友達は誘えないなあ。残念!

★ 訪問2回目の記事は → こちら!

 

|

喫茶 ボン

P1010810 「喫茶 ボン」
中央区築地6-21-3 【地図】
電話 03-3541-8298
営業 06:00~14:30(土曜は14:00終了)
休業 日・祝・休市日


訪問日「 2006/08/04 」

築地王(BON)様の『東京・築地 五つ星の味、極上の逸品』で拝見し「ビタミンたっぷりの新鮮フルーツ・ジュースが飲める!」ということで行ってみたいと思っていた喫茶店。

地図(上掲)にある通り、場外市場でも最も外側のはずれ、勝どき橋に近い角にある。

グレープフルーツ・ジュース(550円)
マンゴージュース(450円)
フルーツ盛り合わせ(800円)

今日は休みをとり、築地で朝ごはん+お買い物。
九州でお世話になったT先輩が東京へ来ておられるのでご一緒にお誘いし、日本橋・某所でお世話になっているY女史にもお声がけして3人での訪問。

店頭は小さな普通の喫茶店で、もっぱらコーヒーの看板やポスターが目につく。
ここで本当に美味しいフルーツ・ジュースが飲めるのかな?と思いつつ入店・・・☆

店頭・店内とも、観光客には無縁で市場のオジサンたちの聖域!といった雰囲気。

P1010805

飲めました!

入口をくぐって左側の壁にそってソファー席があり、その前にテーブルが並んでいる。
右側にはカウンター席があるが、こちらは少し窮屈そう。

お店の人はご夫婦かと思うが、物静かだけど働き者!という感じで、市場的に好ましい印象のお二人。

写真、手前は筆者のグレープフルーツ・ジュースで、カウンター内でご主人が絞り始めたとたんに爽やかな香りが店内に拡がる。
果肉のツブツブもたくさん入っており、そのため他のジュースより太いストローが添えられている。

写真の奥はT先輩のマンゴー・ジュース(Y女史も同じものを注文)で、味見を一口したとたん「濃いなあ!」とのコメント。
この濃厚さがあれば、メニューの“マンゴー・ミルク”もパワフルな飲みごたえがあるに違いない。
P1010803  ああ涼しい・・・生き返る♪
 ってことで追加、フルーツの盛り合わせも注文。
P1010809





メロン、モモ、バナナにスイカ。
美味しい♪

P1010802 ちなみに今日の朝ごはんは場内の「洋食 たけだ」で、定番メニューの本まぐろトロステーキ、まぐろ尾肉ステーキ、それに穴子バター焼き、さらにアジフライも追加。(写真では前2点のみ)。

やっぱり元気が出ますわ、ここの洋食メニュー☆

そのあと場外の「浅田水産」でイサキとアジ、「三宅水産」で舌平目とアユとアサリを購入。

これで3連休のシアワセが約束された(笑)

写真下:
帰宅してアユを焼き、昼下がりのビール♪
P1010811










2006/08/05追記:
P1010838  誕生日に、友人からシャンパンの贈り物。
嬉しいっっっ!

暑~い暑~い午後、心にもしみる一杯でした。。。

(アイスバケツの氷水、半分はソーメン冷やすのに使っちまった☆)




【 記事カテゴリー 】
TOP 地図 寿司 定食 丼(魚) 丼(肉) 天ぷら 麺類 カレー 
喫茶 酒処 買い物 動画など 番外 夜の築地 メールなど 

|

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »